◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 2016年1月パリ: ギャルリ・ラファイエットの新ロゴ | トップページ | ■ 第38 回 フロマージュ講座@「ヴィオラ」 は愛のヴァレンタイン »

2016年2月 6日 (土)

■ 祇園・新門前通の「蓮香(れんげ)」へ


Rengé(parfum de lotus),cuisine chinoise,Gion,Kyoto.
■ 祇園・新門前通の「蓮香(れんげ)」さんに、あけ~み=小山明美と共に伺いました。場所は以前「婆沙羅」のあったところ。(念のため、「婆沙羅」にいらした齋藤博人さんは今は泉涌寺で「齋華」という大人気店をしていらっしゃいます。)
Img_1030 ■ 「蓮香」料理長の廣澤将也(ひろさわまさや)さんはとても感じのいい方です。愛知県出身、東京・銀座の「赤坂璃宮」で修業をされた後、短期の香港修業を経て京都の「蓮香」を2014年7月にオープン、昨年夏にしばしまた香港へ修業の旅に出られて、昨年12月「蓮香」再開されたとのこと。その土地のものを使って作る香港料理を、京都でやりたいとおっしゃいます。つまり日本の食材も使っての広東料理ということです。
■ お昼の5千円のコースをいただきました。順番にいきます。
Img_1037jpga ●海老芋の春巻き。
Img_1040jpga ●釜焼き叉焼。これも定番でどのコースでも供されるとのことです。
Img_1042jpga ●炊き込みスープ。スペアリブ、大根、人参、りんご、ドンクアイ(当帰)などを炊き込んで作ったスープ。
Img_1047jpga ●はまぐりのしゅうまい。外側の皮なしのしゅうまいということ。
Img_1048jpga Img_1050jpga ●甲いかの炒め
Img_1054jpga ●土鍋料理。土鍋料理は昼夜共に必ず組み込まれるとのことだけど、中の具材はいろいろ。これは鶏肉をパリパリに揚げたものに、腐乳ソース。これは激しくおいしかったーーー(T_T)(T_T)
Img_1058jpga ●ハムユイ(発酵塩漬魚)のチャーハン。独特の発酵香です。好き嫌いが分かれると思うけれど、わたしは好きです。
Img_1060jpga Img_1061jpga ●杏仁豆腐
■ 料理長の廣澤将也さんはまだ27歳と若いし、お料理も、完璧というにはその少し手前くらいの感じかな~と2皿くらいに関して思ったのだけれど(エラソーにごめん・笑)、でもでも、おいしいなあこれから楽しみだなあまた来たいなあと思ったのでした。
************************************************************
蓮香(れんげ)」 電話 075-204-5340
京都市東山区新門前通縄手通東入ル南側(西之町232)
12:00~、18:00~
不定休
掘りごたつ式カウンターで8席、お部屋はたたみで4席。
コースのみで、昼は5千、7千、1万円、夜は1万、1,5万、2万円。
2014年7月14日開店
************************************************************
(2016-02-06)

2016年2月 6日, dans 京都 中華 |