◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ アマゾンずぶずぶ、本やら音やらお鍋やら | トップページ | ■ 「風枝」のオマール海老スープの豆乳ラーメン »

2016年1月 4日 (月)

■ 「SOU・SOU 在釜」 2016年1月


■ 全国100万人の読者の皆さま、2016年1月の「SOU・SOU在釜」(ざいふ)に伺ったエリーでございます。強烈でしたー\(^o^)/\(^o^)/
Img_9072jpga ■ わわわと思いました。お菓子は、稲妻の形と、風をはらんだ雲の形・・・
Img_9073jpga ■ 左側の神様も顔出してもらったら・・・「風神雷神図」です\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/ ハデハデー!! どどどどどとドルビーサウンドだ。わたしこれ大好き!!
Img_9060jpga ■ お菓子にはこんな解説があってわかりやすいです。
●雲は酒粕入りのギモーヴ。ギモーヴは泡立てた卵白とゼラチンで作られています。中に、酒粕風味の白あん。お屠蘇をイメージしているそうです。
●稲妻は柚子羹。生の柚子の皮、柚子の搾り汁、柚子ジャム、ドライ柚子ピールと柚子がたっぷり使われています。上にまぶしてあるのは口の中でバチバチはじける飴です。これがいかにも稲妻を表現していて強烈でした。こんな和菓子がいまだかつてあっただろうか?(いいやありはしなかった。) 前代未食ですね(*_*)(*_*)
亀屋良長」さん今月もよく作られました・・・<(_ _)><(_ _)>
97027316jpga ■ 今月のてぬぐいは横位置です。
97027316_o1jpga ■ 脇阪克二さんの言葉です。
*****************
”風神雷神”

風神雷神は古くから仏教美術において見られ
1世紀から3世紀に栄えたクシャーナ王朝の
コインに風神が描かれており
敦煌石窟の壁画や
三十三間堂の本像などもある。

しかしなんと言っても俵屋宗達の
屏風絵の風神雷神だろう。
宗達は僕が最も尊敬する
絵師であり、日本の宝だ。
*****************

Img_9071jpga ■ いつもおっとり優しいお点前王子=高橋雄二くんがいつものメス茶碗でお茶の用意をしてくれます。
Img_9075jpga■ お茶は今月は特別で、いつもと違うものということでした。
Img_9063jpga ■ これがそれ。プレゼンまでされました。
■ 今年1年は、「日本の意匠」とのこと。これから11か月、ものすごく楽しみです。
************************************************************
91mp8u9nycl_sl1500_
■ Kindleでこんな本があったよ♪ それも100円で\(^o^)/\(^o^)/
江戸の美を彩る風神雷神図屏風 俵屋宗達
************************************************************
(2016-01-04)

2016年1月 4日, dans 京都 SOU・SOUしつらい・在釜 |