◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 京都新聞 1月12日 夕刊 | トップページ | ■ 朝日カルチャーセンター講座@「高台寺和久傳」 »

2016年1月13日 (水)

■ NHK文化センター講座@「杢兵衛」


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。
1月7日の第1木曜、NHK文化センター講座のお昼を、祇園の「杢兵衛」さんにお願いしました。
■ 白味噌のお椀に八寸など、お正月仕様にしていただきました。改めてお正月の気分を楽しむことができたと思います。この日の献立はこんなでした。
************************************************************
先付 柚子釜 篠の大蕪霙仕立て(百合根、ぐじ)、穂紫蘇
八寸 叩き牛蒡、数の子、ごまめ、黒豆、柿膾、菜種、梅麩
御椀 白味噌雑煮 丸餅、海老芋、日の出人参・大根 溶き辛子
造り 平目、鮪 唐草大根、より人参、山葵 土佐醤油、辛子醤油
炊合 淀大根、煮穴子、堀川牛蒡、蕗、摺り柚子
焼物 鰆幽焼き 下仁田葱入り大根卸し添え、赤蕪酢漬け、金柑シロップ煮
御飯 焼きおにぎり茶漬け いくら醤油漬け、山葵、ぶぶあられ
デザート 富翁製酒粕のブランマンジェ、柚子ゼリー、紅玉シャーベット、ミント
菓子 慈姑最中 薄茶
************************************************************

Img_9154jpga ●先付 柚子釜 篠の大蕪霙仕立て(百合根、ぐじ)、穂紫蘇
Img_9157jpga ●八寸 叩き牛蒡、数の子、ごまめ、黒豆、柿膾、菜種、梅麩
Img_9166jpga ●「常盤なる 松の翠も春来れば 今ひとしおの色まさりけり
添えられた和歌です。店主の寺田慎太郎さんが書かれます。水茎の跡もうるわしいとはこのことです。
Img_9173jpga ●御椀 白味噌雑煮 丸餅、海老芋、日の出人参・大根 溶き辛子
今回特に「白味噌で」と、白味噌雑煮をお願いしたのでした。
Img_9177jpga Img_9175jpga ●造り 平目、鮪 唐草大根、より人参、山葵 土佐醤油、辛子醤油
Img_9179jpga ●炊合 淀大根、煮穴子、堀川牛蒡、蕗、摺り柚子
Img_9183jpga ●焼物 鰆幽焼き 下仁田葱入り大根卸し添え、赤蕪酢漬け、金柑シロップ煮
Img_9186jpga ●御飯 焼きおにぎり茶漬け いくら醤油漬け、山葵、ぶぶあられ
締めご飯は、1月7日で七草粥・・・とはあまりに決まりきっているからやりたくなかったとのことで、七草入りおにぎりの焼きおにぎり、そのお茶漬けという変化形。
いくらが彩りと食感を添えました。ここまでお料理全部全部、しみじみおいしくいただきました<(_ _)><(_ _)> 
Img_9189jpga ●デザート 富翁製酒粕のブランマンジェ、柚子ゼリー、紅玉シャーベット、ミント
酒粕のこんな甘味、季節物ではありますが、年中しばしば食べたいと思いました。いい香りなのです。
Img_9196jpga ●菓子 慈姑最中 薄茶
くわいあんに、小豆です。ほんのり苦味があり、小豆あんとよく合います。
Img_9161jpga ●店主の寺田慎太郎さん。今の調理器具も取り入れるなど研究熱心です。科学技術の進歩と共に料理の進歩もあるということを、よく考えていらっしゃると思います。何を伺っても明確な答えが出てくるのもすごいです。
Img_9201jpgaa ●まさに、「常盤なる 松の翠も春来れば 今ひとしおの色まさりけり」の和歌と響き合う掛け軸でした。
カウンターだけの割烹と違って、館を構えて和食店をすることは大変だろうけれど、ほんと季節感にあふれてすてきと思いました。
寺田慎太郎さん、スタッフの皆さんに御礼申し上げます。
参加してくださった皆さまにも感謝いたします。<(_ _)><(_ _)>
杢兵衛
************************************************************
(2016-01-13)

2016年1月 13日, dans ●NHK講座, 京都 和食16前半 |