◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「弧玖(こきゅう)」という新しい和食店 | トップページ | ■ クラブエリー料理教室@「サロン ド サラン」 »

2015年10月26日 (月)

■ 「弧玖(こきゅう)」 の昼コース、料理はこんな


■ 全国100万人の読者の皆さま、お待たせごめんなさいのエリーでございます。
ひとつ前の投稿でお店紹介をした「弧玖」さんの、お料理をアップいたします。
お昼のコース5000円、+税サで5750円。お値段以上の価値があると思いました。

Img_5884jpga ●食前酒ひと口と共に、長芋昆布〆
Img_5890jpga ●長芋をめくったら、淡路島のほうぼうです。ねっとりいい食感。大葉と茗荷のみじん切り和えが香りと食感を添えています。
Img_5891jpga ●お椀は、播磨灘の鯛と厚揚げ。
Img_5898jpga Img_5896jpga ●明石の鯛と海老。鯛のお椀に次に鯛のお造りですが、産地が違うということ。わたしは全く問題なしです。鯛づくしでもうれしいくらいです。
Img_5901jpga●八寸です。2人分が細長く盛られてきます。
Img_5903jpga ●あけ~み=ザ・リッツ・カールトン京都・小山明美が撮影しています。(^o^)(^o^)
Img_5905jpga ●菊なます、しめじ
Img_5906jpga ●さわら味噌漬け/帆立とからすみのかぶら巻き/いくら/栗/白和えほうれん草、銀杏
Img_5907jpga ●北海道のうにの、ミニ軍艦仕立てに生姜
Img_5913jpga ●海老芋とれんこん餅、吉野あん。しみじみ旨。
Img_5924jpga●つやつやのご飯、申し分なし。
Img_5925jpga ●香の物にはなんと、佐賀肉のうちひら肉添え。舌ざわりよく、きめ細やかな肉。
Img_5931jpga ●ご飯があまりにおいしくておかわりをいただきました。すると、にしんを炊いたものを出してくださいました。
Img_5926jpga●止椀です。
Img_5936jpga ●南水といちじく ブランデーゼリー
■ どのお皿も申し分なかったと思います。また伺います。早く行かないと席なくなると思います。ほんとよかった、頼もしいです。\(^o^)/\(^o^)/
************************************************************
「弧玖」 こきゅう 電話 075-746-4375
〒602-0822
京都市上京区青龍町204
11:30~13:30入店・14:30閉店、17:30~19:30入店・21:30閉店
不定休
カウンター9席、個室4~6席(テーブル) 要予約
2015年10月21日開店
コースのみで昼 5000円と7000円(税サ別途で+15%)、夜 15000円(税サ別途で+15%)
************************************************************
(2015-10-26)

2015年10月 26日, dans 京都 和食15後半 |