◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 丸善京都本店のカフェで、早矢仕ライスと檸檬\(^o^)/ | トップページ | ■ クラブエリー食事会@「室町和久傳」 »

2015年9月24日 (木)

■ 「本家 尾張屋 錦富小路店」の、蕎麦のお菓子


■ 全国100万人の読者の皆さま、たて続けに新しいお菓子の発見ができて喜んでいるエリーでございます。「本家 尾張屋」さんの、錦富小路店、お蕎麦やさんとしては8月末を持って終了されましたが、今、「本家 尾張屋×船越雅代」という6か月あまりの期間限定の蕎麦スイーツのお店が開かれていて、おもしろいです♪

Img_4147jpgaプレスリリースに詳細がありますが、16代目当主の稲岡亜里子さんと、そのお友達で料理人である船越雅代さんとのコラボレーションのカフェです。
Img_4129jpga ■ 内観はこんなです。大きなテーブルがどーんと入っていました。よく見ると昔の照明も生きています。
Img_4130jpga ■ お菓子のラインナップです。現在3種類あって、各750円(税別)です。
Img_4142jpga ●尾張屋パフェ(蕎麦ぼうる、旬のフルーツ、そばアイスクリーム)
Img_4140jpga Img_4141jpga ●蕎麦板とキャラメルムース
Img_4138jpga ●そば餅のケーキ
どれもバランスよく、蕎麦の香りを十分に生かしたお菓子でした。
わたしは最後の、そば餅のケーキがいちばん好きでした。
鮮やかな香味に、しっとり優しい食感。ふわふわのクリームもよく調和していました。
Img_4134jpga ■ 16代目当主の稲岡亜里子さんと、お友達の器作家の「SIONE
河原尚子さん。亜里子さんは「本家 尾張屋」さん当主にして、元々は写真家でもいらっしゃいます。尚子さんとは、この日偶然行きたいところが一致して、この後も新甘味を一緒に味わったという、おもしろい展開だったのです。ありがとうー!<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
本家 尾張屋 錦富小路店」
京都市中京区富小路通錦下ル西側
2015年9月18日~2016年3月27日の限定のお店です。
11:30~17:00LO
火曜と水曜休み
************************************************************

(2015-09-24)

2015年9月 24日, dans 京都 スイーツ, 京都 蕎麦 |