◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

■ 「紫野和久傳 いつつ」の、秋の蕎麦


■ 全国100万人の読者の皆さま、日中まだまだ暑い日もありますが、料理屋さんの献立は確実に秋になっています。お蕎麦も夏蕎麦から秋蕎麦へ~♪ というわけで、夏蕎麦も本当においしかった「紫野和久傳」さんの蕎麦とお料理専門店、「いつつ」に、秋のお蕎麦をいただきに伺いました。

Img_4506jpga ■ これです。
きのこと辛味大根のあんかけ蕎麦
きのこたっぷりで秋風情。平茸、舞茸、椎茸、なめこ、しめじ。
Img_4509jpga ■ あんのとろみがほどよく細い蕎麦にからんで、大根おろしがぴりっと風味を添えて、調和よく、とても旨かったー\(^o^)/\(^o^)/
11:30オープンですが、開店と同時に入ってすぐに満席になりました。
1階でお待ちの方々が、1時間待ちとかでしたから、皆さん早め(かずらして遅め)にいらしてください。
Img_4511jpga ■ お菓子は「七宝」といいます。豆やナッツいろいろ入りです。持ち帰り用の販売もあります。
紫野和久傳 いつつ
************************************************************
(2015-09-30)

2015年9月 30日, dans 京都 蕎麦 |

■ 「とり安」のからあげ丼


■ 全国100万人の読者の皆さま、鶏肉大好き、唐揚げ大好きなエリーでございます。鶏肉食べたらにこにこになります(^o^)(^o^)/
Img_4490jpgb ■ 久しぶりに伺った、烏丸通押小路東北角の「とり安」さんでからあげ丼です。
からあげは外側パリパリ中ふんわり、そこに玉子とろりんで、変わらぬおいしさでした。

Img_4486jpga ■ 内観や外観も全然変わらず、ひっきりなしにお客さまがいらっしゃる人気ぶりも変わらずで、やっぱりいいお店でした☆☆☆
Img_4494jpga ■ はやるのわかりますー\(^o^)/\(^o^)/
しばしば行列ですからご注意を。
わたしは13:45LOより少し前の13:30くらいに伺い、14時前に出て来ました。並ぶことのない時間でした。(^o^)(^o^)/
************************************************************
「とり安」(とりやす) 電話 075‐241‐0456
〒604‐0847
京都市中京区烏丸通押小路東北角(秋野々町534)
11:30~13:45LO・14:00閉店、17:00~19:30LO・20:00閉店
木土日祝休み
カウンター8席、テーブル7席
昼は全席禁煙
************************************************************
(2015-09-30)

2015年9月 30日, dans 京都 鶏 |

2015年9月29日 (火)

■ 「ごだん 宮ざわ」 9月下旬のコース


■ 全国100万人の読者の皆さま、和食のコースをいただくのが本当に好きなエリーでございます。日本に生まれてよかった、京都に暮らせてよかったーといつも心から思います。先日の連休中に出かけた「ごだん 宮ざわ」さんです。わらわらあわただしかった日々の中で、しばしゆったり小休止して、すてきなお料理いただいたなあと幸せになりました。
以下、お昼の、いい方のコースです。

Img_3960 ●食前酒にひと口、岐阜の「醴泉(れいせん)」をいただき、
Img_3964jpga_2 ●新もののいくらがたっぷりのった、冷たい玉締め=茶碗蒸しです。いきなり旨い(*_*)(*_*)
Img_3973jpga ●鱧と大黒しめじ、水菜のお椀
Img_3979jpga ●さわらの造り、湿り海苔 酢で締めて藁で燻製。
これものすごくおいしかった・・・締めて燻したさわら・・・
Img_3974jpga_2 ●店主の宮澤政人さん。動きが美しい方です。<(_ _)><(_ _)>
Img_3982 ●かますの幽庵焼き
Img_3987 ●焼き銀杏豆腐
Img_3998jpga ●からすみ蕎麦。目の前でばさばさとからすみ削ってかけてくださる。ほんとおいし♪
Img_4000 ●鮎餅、白いちじく、胡麻味噌
これは初めての料理でした。いちじく部分は揚げてあります。揚げてから開いたものを、鮎入りの丸いお餅にのせているのです。上から胡麻と味噌。おもしろかった、おいしかった、またいただきたいです。
Img_4004 Img_4006 ●鍋仕立て熱々で、畑しめじ、あわび茸、平茸などきのこ。山芋。
ぐつぐつで温まりました。
Img_4013jpga ●ご飯の前、しばしご飯にお祈りの態勢になる宮澤さん。
Img_4019jpga●炊き立てつやつや、しとしと状態でひと口。これが旨い(*_*)(*_*)
Img_4021jpga ●炊き立てからわずか時間をおいただけで口当たりがほんわりしました。また旨い(*_*)(*_*)
Img_4012jpga Img_4022jpgb Img_4024jpga ●いつもの通り、お漬物たくさん、白味噌で炊いたおじゃこ、味噌汁。申し分なく美味。「味わいのむさぼり」 ( (c)聖徳太子)とこの日も思ったのでした。
Img_4029jpga Img_4030 Img_4033 ●あんみつ、もなか
Img_4035 ●お薄でご馳走さまでした<(_ _)>
ほんと何もかも、すばらしいお店です。いるだけでいい気分になれます。
また伺います<(_ _)>
ごだん 宮ざわ
************************************************************
(2015-09-29)

2015年9月 29日, dans 京都 和食15後半 |

2015年9月28日 (月)

■ クラブエリー料理教室@「プチレストランないとう」(3)


■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。
クラブエリー料理教室@「プチレストランないとう」さん最終回をいたしました。
皆さんのおかげで、今日もうまくいきました、盛り上がりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。\(^o^)/\(^o^)/ 
最終回の本日は、
肉よ肉、京都の秋は 肉天国♪
ということで肉尽くしメニュー。
肉食女たちメラメラ学びました、試食いたしました(^o^)(^o^)
肉メニュー3つに、なんとわたしも知らされていなかったサプライズ、牛ミンチカツサンドのおみやげまで用意してくださって、ないとうさんは至れり尽くせりのいたつくにしてくださいました<(_ _)><(_ _)>
またクラブエリー食事会もいたします(^o^)(^o^)/
とりあえず激しく感謝=はげかんの報告でした<(_ _)><(_ _)>
Img_4374jpga ●こんな感じで、カウンターと立ち見、20人くらいで「見る料理教室」です。
Img_4400jpga ●挽肉が・・・
Img_4409jpga ●こうなります。
Img_4424jpga ●豚肉が・・・
Img_4462jpga ●このように(^o^)(^o^)/
Img_4464jpga
●できたてを切って出してくださいました。
Img_4449jpga ●ハンバーグですが、ただのハンバーグではありません。さらに横に添えられたとんかつも、ただのとんかつではありません・・・初めていただく味でした。ハンバーグにはカマンベールがかませてあり、とんかつには、生姜がかませてあったのです。
しかしこれはオードヴルでした。まだ肉料理が続いたのです。
Img_4469jpga_2 ●これが豚肉。生姜焼きですね。これに、ご飯と味噌汁と香の物を付けていただき、肉食女たち、(わたしも・笑)、もりもりいただきました。ほんとーーーーにおいしかった☆☆☆
この後、フルーツとプリン、カフェまでつけていただきました。
Img_4476jpga ●さらにサプライズのおみやげ\(^o^)/\(^o^)/ 牛ミンチカツサンドが用意されていて、驚き、うれしかったです。
Img_4480jpga ●これです。ハンバーグが、フライになって、ミンチカツになると。帰宅後ぺろっといただきました。
いたつくにしてくださった内藤毅彦さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。
参加してくださった方々もありがとうございました・・・遠方からの方も何人かいらっしゃいました。ほんといい雰囲気で今回もできて、わたしものすごく感謝しています。
クラブエリーができて、すごく幸せです。
「プチレストランないとう」さんの料理教室はこれが最終回でしたが、
これからもいろいろ企画しますー\(^o^)/\(^o^)/
プチレストランないとう
************************************************************
クラブエリー  わりと好評です\(^o^)/\(^o^)/
************************************************************
■ クラブエリーへのお問い合わせやご登録は、
フルネームと携帯電話の番号とメールアドレスを明記の上、
pxk13163★nifty.comへどうぞ。(送付時は、★の部分を@に変えてください。)
登録フォーマットをお送りします。
ご注意:携帯のメールアドレスでも全く問題ありませんが、でもどうか、
必ずこちらからのPCメールを受信する設定のメールアドレス
からお送りくださいませ。
★初めからどうぞ「江里さん」や「エリーさん」など、名前でお願いします。
ここは日本でわたしは日本人ながら、「関谷さん」と苗字で呼ばれるのが本当に好きじゃないんです。誰もが、その人自身の名前をもっと大事にするべきだと思っています。
クラブエリーではみんな名前呼びです。
★ついでに、「ら抜き言葉」も厳禁ね(^o^)(^o^)
れるとか食べれる、着れるとか来れるとか厳禁!
られる、食べられる、着られる、来られるです。
「あながちら抜き言葉の全部が間違いとも言い切れない」などのご意見不要です。
問答無用できらいなんです。
よろしくお願いいたします<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-28)

2015年9月 28日, dans ●クラブエリー, ●クラブエリー料理教室, 京都 料理教室 |

2015年9月27日 (日)

■ 「花かご」の、クロックムッシュー


■ 全国100万人の読者の皆さま、パンでご機嫌エリーでございます。

Img_4359jpga ■ 先週のある日いただいた、「花かご」さんのクロック ムッシューです。ハムがころんころんとのっていてかわい。ベシャメルおいし。チーズとろりんです。(^o^)(^o^)/ 
Img_4354jpga ■ これね。
Img_4362jpga ■ こちらはアンチョビ入りの塩味の効いたスティック状のパン。
Img_4355jpga_2 ■ これよ。
この頃なんでだろう、わたしパンが食べたくてしょうがない・・・家でも、たてこもり原稿週間は自分でご飯炊くんだけど、お米がまるで減らないの。パンばかり買っている。ご飯炊くのがメンドーってことでは全くなくて、ひたすらパンが食べたいの、そういう気分なの。
わたしバランス感覚というものが全くないんで(笑)、何か欲しいとか何か食べたいとテーマが決まると気が済むまでそればっかりになって、それがひどく幸せで。
ほんとパンもご飯もおいしいものが近くに揃いに揃って、京都の暮らしは自由でいいわ(^o^)(^o^)/
次のパリではもっとブランジュリ巡りします・・・次のパリ行きの日程決めたよ\(^o^)/\(^o^)/
************************************************************
「HANAKAGO 花かご」
京都市中京区室町通六角下ル西側
電話 075-231-8945
8:00~18:30
月曜休み、他不定休あり
************************************************************
(2015-09-27)

2015年9月 27日, dans 京都 パン |

2015年9月26日 (土)

■ クラブエリー食事会@「室町和久傳」の料理


■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。ひとつ前の投稿でも出した、25日のクラブエリー@「室町和久傳」さんのお料理です。お待たせしました<(_ _)><(_ _)> 以下は特にクラブエリーのために考えていただいたコースです。昼と夜の間くらい。わたしはこれをまず19日オープンの日に、前もっていただいたのです。大丈夫なのわかっているけれど、念を入れて事前に確認ね。
●青竹酒をひと口食前酒にいただいた後、
Img_4266 ●先附 丸ジュレ 糸瓜、金針菜、茗荷、とんぶり
Img_3882jpga ●中皿 菱かにむしり 飯蒸し 枝豆、なんば
Img_3892jpga ●椀物 ぐぢ、冬瓜、三度豆、柚子
Img_3894jpga ●向附(その1) 平目、のどぐろ つる菜、大根松葉
(この写真はわたしが19日にいただいたもので、こちらに赤芽紫蘇で大根松葉はなし)
Img_4285jpga ●向附(その2) 藁燻の鰹、芽ねぎ、卵黄、赤芽紫蘇、生胡椒塩漬け
(これは19日にはなくて、皆さまへのサーヴィスでプラスひと皿にしてくださったものです。)
Img_3902jpga ●炭焼き 子持ち鮎 実山椒そうす 骨煎、銀杏味噌、蓮根チップ
Img_3910jpgb Img_3908jpga_2 ●おしのぎ 新いくら 大根おろし、フィンガーライム
Img_3913jpga ●強肴 秋はも焼霜、松茸フライ 旨みそ、丹後ホップ
Img_3923jpga ●ご飯 和久傳丹後米、香の物、みそ汁
Img_4310 ●水物 黒いちじく 白ワインジュレ
Img_4311 ●菓子 くり茶巾絞り 
Img_3942jpga ●茶 軒窓の白、
●黒豆茶
■ 以上のようなコースでした。ものすごく満足感がありました。25日に召し上がっていただいた皆さんも間違いなく喜んでくださったと思います。だって、すさまじい盛り上がりだったんだもの。笑。藤山貴朗さんありがとう、やっちゃん=北嶋靖憲さんありがとう、スタッフの皆さまありがとうございます<(_ _)><(_ _)> いらしてくださった皆さんにも御礼申し上げたいと思います。あんな皆さん楽しそうにしてくださって、その場にいられたわたしが幸せでした。自分で企画したなんて思えないわ・・・こんな場に、わたしたまたまラッキーで紛れ込めたような感じでした。クラブエリーやってよかったです(^o^)(^o^)/
和久傳
************************************************************
クラブエリー  わりと好評です\(^o^)/\(^o^)/
************************************************************
■ クラブエリーへのお問い合わせやご登録は、
フルネームと携帯電話の番号とメールアドレスを明記の上、
pxk13163★nifty.comへどうぞ。(送付時は、★の部分を@に変えてください。)
登録フォーマットをお送りします。
ご注意:携帯のメールアドレスでも全く問題ありませんが、でもどうか、
必ずこちらからのPCメールを受信する設定のメールアドレス
からお送りくださいませ。
★初めからどうぞ「江里さん」や「エリーさん」など、名前でお願いします。
ここは日本でわたしは日本人ながら、「関谷さん」と苗字で呼ばれるのが本当に好きじゃないんです。誰もが、その人自身の名前をもっと大事にするべきだと思っています。
クラブエリーではみんな名前呼びです。
★ついでに、「ら抜き言葉」も厳禁ね(^o^)(^o^)
れるとか食べれる、着れるとか来れるとか厳禁!
られる、食べられる、着られる、来られるです。
「あながちら抜き言葉の全部が間違いとも言い切れない」などのご意見不要です。
問答無用できらいなんです。
よろしくお願いいたします<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-26)

2015年9月 26日, dans ●クラブエリー, 京都 和食15後半 |

2015年9月25日 (金)

■ クラブエリー食事会@「室町和久傳」


■ 全国100万人の読者の皆さま、本日お昼、クラブエリーを開催したエリーでございます。19日にリニューアルオープンしたばかりの「室町和久傳」さんにお願いしたのでした。激しく盛り上がった食事会でした。盛り上がり過ぎ。お酒空き過ぎ(^o^)(^o^)/
■ 2階の2部屋全席使わせていただいてわんわんと開催。1階も満席で忙しかったのに、合間を縫って料理長の藤山貴朗さんも、そのもとですくすくと育った(笑)やっちゃん=北嶋靖憲さんも、上がってきてくださってありがとうー。
やっちゃんは強烈に笑わせてくれました。芸人の才能ありだわ。
■ 献立や料理全容はまた改めてアップします。とりあえずの報告と御礼です。「室町和久傳」の皆さま、参加してくださった皆さま、そして1階の「紫野和久傳」おもたせのスタッフの方々にも御礼申し上げます。

Img_4273 ■ こちらのお部屋に20名近く入れていただきました。わかりやすく旨いものが好きな女たちの集まりです。男子禁制にしたわけではないのに、1年前のスタート時から完全な「女子会」のクラブエリーです。おいしい料理さえあれば、女はすぐに打ち解けます。打ち解け過ぎ。(^o^)(^o^)/
Img_4264m ■ そしてこのお部屋も使わせていただきました。料理長の藤山貴朗さん、いきなり「男前ですねー♪」という声があがったよー(^o^)(^o^)/
Img_4291m ■ 出たーっ、やっちゃんの登場です。北嶋靖憲さん、芸人の才能があります(^o^)(^o^)/
Img_4295jpga ■ 「写真撮らせて」のお願いにも応えてくださいます。ありがとう~<(_ _)><(_ _)>
Img_4315jpga ■ あわわ。わたしも知らん間に、こんなに空いてたよww 林立してた。竹林? (^o^)(^o^)/
Menu ■ わたしが先日土曜日にいただいた献立とほぼ同じですが、ひと皿プラスされていたし、細部により工夫がこらされて、クラブエリーの強欲な女たち(笑)も満足したのでした(^o^)(^o^)/
■ まあ本当に幸せな時間だったなあと思います。あんなにおいしそうに皆さん召し上がってくださって、それはひとえにお料理がよかったからなんだけど、わたしもこんな食事の機会を作れたってすっごいうれしいなあと。わたしもいいことするじゃないのと。(^o^)(^o^)
Img_4316 ■ 「紫野和久傳」のおもたせ売り場、改装がだいぶできました。おもたせ販売部は営業中、2階の茶菓席は10月1日オープンですから、またものすごく楽しみです♪
和久傳
************************************************************
クラブエリー  わりと好評です\(^o^)/\(^o^)/
************************************************************
■ クラブエリーへのお問い合わせやご登録は、
フルネームと携帯電話の番号とメールアドレスを明記の上、
pxk13163★nifty.comへどうぞ。(送付時は、★の部分を@に変えてください。)
登録フォーマットをお送りします。
ご注意:携帯のメールアドレスでも全く問題ありませんが、でもどうか、
必ずこちらからのPCメールを受信する設定のメールアドレス
からお送りくださいませ。
★初めからどうぞ「江里さん」や「エリーさん」など、名前でお願いします。
ここは日本でわたしは日本人ながら、「関谷さん」と苗字で呼ばれるのが本当に好きじゃないんです。誰もが、その人自身の名前をもっと大事にするべきだと思っています。
クラブエリーではみんな名前呼びです。
★ついでに、「ら抜き言葉」も厳禁ね(^o^)(^o^)
れるとか食べれる、着れるとか来れるとか厳禁!
られる、食べられる、着られる、来られるです。
「あながちら抜き言葉の全部が間違いとも言い切れない」などのご意見不要です。
問答無用できらいなんです。
よろしくお願いいたします<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-25)

2015年9月 25日, dans ●クラブエリー, 京都 和食15後半 |

2015年9月24日 (木)

■ 「本家 尾張屋 錦富小路店」の、蕎麦のお菓子


■ 全国100万人の読者の皆さま、たて続けに新しいお菓子の発見ができて喜んでいるエリーでございます。「本家 尾張屋」さんの、錦富小路店、お蕎麦やさんとしては8月末を持って終了されましたが、今、「本家 尾張屋×船越雅代」という6か月あまりの期間限定の蕎麦スイーツのお店が開かれていて、おもしろいです♪

Img_4147jpgaプレスリリースに詳細がありますが、16代目当主の稲岡亜里子さんと、そのお友達で料理人である船越雅代さんとのコラボレーションのカフェです。
Img_4129jpga ■ 内観はこんなです。大きなテーブルがどーんと入っていました。よく見ると昔の照明も生きています。
Img_4130jpga ■ お菓子のラインナップです。現在3種類あって、各750円(税別)です。
Img_4142jpga ●尾張屋パフェ(蕎麦ぼうる、旬のフルーツ、そばアイスクリーム)
Img_4140jpga Img_4141jpga ●蕎麦板とキャラメルムース
Img_4138jpga ●そば餅のケーキ
どれもバランスよく、蕎麦の香りを十分に生かしたお菓子でした。
わたしは最後の、そば餅のケーキがいちばん好きでした。
鮮やかな香味に、しっとり優しい食感。ふわふわのクリームもよく調和していました。
Img_4134jpga ■ 16代目当主の稲岡亜里子さんと、お友達の器作家の「SIONE
河原尚子さん。亜里子さんは「本家 尾張屋」さん当主にして、元々は写真家でもいらっしゃいます。尚子さんとは、この日偶然行きたいところが一致して、この後も新甘味を一緒に味わったという、おもしろい展開だったのです。ありがとうー!<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
本家 尾張屋 錦富小路店」
京都市中京区富小路通錦下ル西側
2015年9月18日~2016年3月27日の限定のお店です。
11:30~17:00LO
火曜と水曜休み
************************************************************

(2015-09-24)

2015年9月 24日, dans 京都 スイーツ, 京都 蕎麦 |

2015年9月23日 (水)

■ 丸善京都本店のカフェで、早矢仕ライスと檸檬\(^o^)/


■ 全国100万人の読者の皆さま、連休のさなか、丸善京都本店の地下のカフェに出かけたエリーでございます。丸善カフェ、正確には「MARUZEN café」 ですね。3人でハヤシライスもとい「早矢仕ライス」を3種類いただきました。すっごく食べたかったの(^o^)(^o^)/
Img_4159jpga ■ とりわけこれ、プレミアム早矢仕オムライス1400円が激しく旨かった=はげうま。\(^o^)/\(^o^)/
あとのふたつは、
Img_4152jpga ●早矢仕とカレーの2色ソースライス 1200円
Img_4154jpga ●彩り野菜の早矢仕ライス 1200円。
また必ずいただきに伺います<(_ _)><(_ _)>
■ けれど、本当はこれを食べに出かけたのではなく・・・
Img_4163jpga ●「檸檬」です。ここ限定のレモンのお菓子。これを目標に出かけたのでした。なのに、まずは早矢仕ライスでしょう~とそちらを先に食べて感涙にむせんでしまったのでした。笑笑。
Img_4165jpgb ●しかしこの「檸檬」、もっと簡単に考えていたんだけど、これもまた非常に口当たりよく、ジャストに味の決まったお菓子でした。下にレモンのジュレ、上にレモンのムース。目のさめるようなおいしさだったのです☆☆☆
Img_4148jpga ●また必ず伺います(^o^)(^o^)/
丸善京都本店
河原町通三条下ル東側BALの地下1階と2階、~21:00
(カフェは地下2階)
投稿初出はこちらです。
************************************************************
(2015-09-23)

2015年9月 23日, dans 京都 カフェ, 京都 スイーツ, 京都 書店 |

■ 移転後の「点邑」 のコース


■ 全国100万人の読者の皆さま、移転オープンされた「点邑」さんに伺ったエリーでございます。先日の内覧会の後、予約をお願いして、この日を本当に楽しみにしていました。昼に、夜のコースをいただいてきました。
■ 天ぷらがいいのはすでにわかっていますが、今回改めて仰天するほどいいと思ったのが、天ぷらの前のお料理でした。「調理場が整ったことで、煮物椀もやっとできるようになった」と言って出してくださったお椀(鱧葛打ち、焼き茄子、松茸)は、具材も吸い地も神業かと思うほど突き抜けた美味でした。かますの炙りのお造りの、かますってこんな味していたのか?と思わせた優美な風味。野菜のおいしさがじんわり響き合う焚き合わせに、火入れ的確なのどぐろの塩焼きなどなど、ぴーんと張り詰めて、「かんぺき」 と言えるコースでした。
■ 以下、まずはお料理の写真から。

Img_4171jpgaImg_4168jpga●白和えと野菜の焚き合わせ(冷製)で始まりました。焚き合わせは品のいいおだしがよくしみて、感じ入ってしまいました。白和えは食感と香りがよくて小さな一品ながら、しみじみ美味。
Img_4177jpga●かますの炙りのお造り
生姜醤油で。かますはこんなに優美な味だったかと驚きました。上品な風味ながら、同時にしっかり旨みもあったのです。
Img_4182jpga_2 ●お椀 鱧葛打ち、焼き茄子、松茸
このお椀、ぴたーっと決まって完璧でした。
Img_4185jpga ●のどぐろ塩焼き
この塩加減も焼き加減も、かんぺき~でした。旨みじゅわじゅわ広がって、どうしようと思ったおいしさ。(*_*)(*_*)
Img_4179jpga ●お酒はこれ。これもとろっとして、料理によく合いました。
Img_4190jpga ●ここから天ぷらです。
Img_4194jpga ●海老
Img_4202jpga ●いんげん
Img_4205jpga ●湯葉
Img_4206jpga ●舞茸
Img_4210jpga ●うにと海苔
Img_4213jpga ●さつま芋
Img_4216jpga ●生麩
Img_4222jpga ●鮎
Img_4228jpga ●最後は天丼、天茶、白ご飯と選べて、わたしは決まって天茶です。
Img_4224jpga ●最後、さらさらーっと、これたまらない幸せです。
Img_4229jpga ●いちじくと梨、ミント風味のジュレ。
■ お料理も、さくさくの天ぷらも、神業だと思いながらいただきました。おいしい、おいしいって最初から最後まで言いっぱなしでした。また伺います<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
「点邑」(てんゆう)  電話 075-212-7778(前と同じ)
京都市中京区麩屋町通三条上ル西側
11:30~13:30、17:30~21:00
1階2部屋(最大8名/最大4名)2階がカウンター10席
全席禁煙
1994年5月20日開店、2015年9月18日移転開店
************************************************************
(2015-09-23)

2015年9月 23日, dans 京都 和食15後半, 京都 天ぷら |

2015年9月22日 (火)

■ やっぱりおいしかった☆☆☆「セクションドール」


■ 全国100万人の読者の皆さま、しばらく伺えていなかった「セクションドール」さんに久しぶりに出かけたエリーでございます。鶏肉大好き、こういうテーマ明確なお店大好き\(^o^)/\(^o^)/ 2週間ほど前の夜に伺いました。

Img_3572jpga ■ これです。この料理ひと皿だけで勝負しているお店です。
鶏肉は「タンドリーチキン」とあるけれど、厳密にはタンドールで焼いてなくて、タンドリー風チキンです。野菜山盛り・・・
鶏肉はしっとり、旨みじゅわじゅわです。天国だわこれ。
Img_3574jpga ■ これがメニューです。今ひと皿1900円です。ペリエやらワインやら飲みました。でも、食後のカフェはありませーん(^o^)(^o^)/ オーヴン以外の熱源がないから。少しも変わっていなかった(^o^)(^o^)
Img_3567jpga ■ 店主の永松秀高さん、わが道を行ってます。やっぱりわたしこの店好きだわ(^o^)(^o^) 
以前詳しく取材した時の記事 ←取材わたし、写真はハリーせんせです。
************************************************************
「セクションドール」 電話 075-752-2249
〒606-8341
京都市左京区岡崎西天王町84-1 M&Mアパートメント1階
(冷泉通東大路東入ル南側)
昼夜営業(売り切れ仕舞いもあり)
火曜休み
テーブル8席 全席禁煙
できれば予約して出かけてください。
満席だったり、売り切れていたりということがあるから。
2011年4月1日開店
************************************************************
(2015-09-22)

2015年9月 22日, dans 京都 鶏 |

■ 「KEZURIHIYA(けずりひや) 京都祇園」の新しい氷菓


■ 全国100万人の読者の皆さま、新しい食感の氷をいただいて、ものすごくいいと思ったエリーでございます。京都にはなかった氷です。
店名を、「KEZURIHIYA (けずりひや) 京都祇園 」といいます。けずりひ=削り氷ですね。
本日9月22日オープンされました。
Img_4092jpga ■ こういうものです。商品名としては「祇園あいす」といいます。
瞬間冷凍のさらさら氷、と言われてもイメージのしようがなかったけれど、行ってみて、いただいてみてわかりましたー♪
Img_4110jpga ■ こういうものです。これは「祇園あいす」の、抹茶味。「椿堂茶舗」さんの紅茶とのセットです。
Img_4116jpga ■ 「祇園あいす」といってもアイスクリームではありません。あくまで氷です。でも、透明な氷を削ったものとも違う。氷の質感がわかるでしょうか? これ、さらさらさらです。上質な雪のようです。全く日本のかき氷とは違うものです。
■ たっぷり入っているけれど、ずーっと溶けずに同じ氷の質感が続くのが偉いと思いました。底の方にいって、さすがに少し溶け気味になっても・・・それはそれで、やわらかな舌ざわりでおいしかったのです。わたし結構メロメロになりました(*_*)(*_*)
Img_4104jpga ■ 機材も見せていただきました。上から練乳を注いだら、本当に瞬間で氷になり、さらさらさらーっと降ってくるのです。練乳氷のパウダーになるというわけ。
そこに、抹茶風味やアールグレイ風味やほうじ茶風味を加えるわけです。
■ 韓国の氷と聞いて、なるほどと思いました。店主の中尾彰宏さんは、遊びに出かけた韓国で、(特に氷研究にいらしたというのではなく)あちこちにある氷屋さんの氷を食べて、日本の氷との食感の違いに感じ入り、この店をやろうと思われたのだと。個人で機材を輸入されたと伺いました。
Img_4118jpga ■ 抹茶味以外にもお味見させていただきました。これはほうじ茶味。
Img_4121jpga ■ こちらはアールグレイ風味の、「紅茶味」。
Img_4119jpga ■ 器がまたすてきでした(^o^)(^o^)/
Img_4122jpga ■ スノウパウダーのような氷ということで、雪の意匠があしらわれた、ころんと丸いボウルです。とても手のひらになじみます。
SIONE」さんが、このお店このメニューのために作られた器ということでした。
作家の河原尚子さんもちょうどいらしてよかったー\(^o^)/\(^o^)/
Img_4094jpga ■ インテリアとしてはこんな感じで、あまり甘味やさんとかサロン・ド・テとか、そういうイメージではありません。でもわたし気にならなかったなあ。だって、「祇園あいす」の氷の食感に熱中してたから。
Img_4126jpga ■ そもそも夜はバーであるスペースを、お昼に使おうということなのです。
だから、「祇園あいす」の営業時間中は上のような看板が出ていますが、
Img_4125jpga ■ こうやってはずして変えるのだそうです。いとも簡単(^o^)(^o^)/
■ KEZURIHIYA 京都祇園さん、きっとこれからまた味を増やされると思うし、さらに、もともとバーですから、リキュールを使ったものもいずれできてくるのではないかしらん。
ものすごく楽しみです。また伺います\(^o^)/\(^o^)/
************************************************************
「KEZURIHIYA(けずりひや) 京都祇園」
電話 075-541-2650
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側 555
アパホテル京都祇園エクセレント地下1階
11:00~17:00LO・17:30閉店
無休
2015年9月22日開店
http://kezurihiya.com/
************************************************************
(2015-09-22)

2015年9月 22日, dans 京都 氷 |

2015年9月21日 (月)

■ 「パティスリー S」 の、いちじくのパイ


■ 全国100万人の読者の皆さま、フランス菓子のルセット本のご紹介の後は、フランス菓子でしょう~☆☆☆ 先日のネクタリンのパイがあまりにもおいしかったので、再度あの味を~と「パティスリー S」さん出かけたエリーでございます。ネクタリンのパイはなくて、今回はこちら・・・

Img_4044jpga ■ いちじくのパイです。
Img_4045jpga_2 ■バリバリサクサクの食感のために、フルーツと下のパイ部分は別々に焼くということです。わたしはこういう「ギリギリまで焼き込みタイプ」好きです~。
Img_4040jpga ■ これです。
Img_4054jpga ■ もうひとつ生菓子を、何かムースを思い、ショコラがあったので問答無用でこちら。
下のショコラのムースにはラムレーズン入り。上にラム酒のムース、レーズンペースト入り。
Img_4052jpga ■ なぜこのお菓子が、「アグレッシフ」という名前なのか? 正確には「アグレシフ」。説明を伺ったが、いまいちわからんw(^o^)(^o^)/
わたしは「アルモニユー」harmonieux=調和のとれたお菓子だと思うなああ(^o^)(^o^)/ すぐまたリピートしたくなりました。通わねばならんww
パティスリー S
************************************************************

(2015-09-21)

2015年9月 21日, dans 京都 スイーツ |

2015年9月20日 (日)

■ フレデリック・カッセルさん初のレシピ本☆☆☆


■ 全国100万人の読者の皆さま、フランス菓子が大好きなエリーでございます。フレデリック・カッセルさんの本、それも、フランスで出るより先に日本でレシピ集が作られたということで、これはすごいと思うのです。
51gu3xqtml ■ これです。「フレデリック・カッセル 初めてのスイーツ・バイブル
■ フレデリック・カッセルさんとは、本のいちばん上にも記されている通り、「フランス最高のパティシエ」。1967年フランス北部のアブヴィル生まれ。「フォション」を経て、フォンテーヌブローに「フレデリック・カッセル」を1994年オープン。2003年からは、世界規模のショコラティエ・パティシエ協会「ルレ・デセール」の会長でもあります。
ちなみに、「ルレ・デセール」とは?を知りたければ、p126にあります! 
「ルレ・デセール」の3つの精神<品質・交換・友情>を読んだら、すばらしー\(^o^)/\(^o^)/と思います。トップパティシエたちがお菓子の発展に尽力していることがわかります。
■ 日本ではまず京都に(ハイアット リージェンシー京都)に出店されました。
その時のプレス発表会、2008年11月17日の投稿。)
■ ピエール・エルメさんの献辞もあり、大いなる信頼を寄せていることを明らかにしています。「どこまでも妥協しない味覚への追及、クリエイティヴな感性、卓越した技術」と。
■ レシピはとても詳しくて、プロセス写真がたくさん入っています。本の構成としては、
61bo2lypll ●基本のクリーム(クレーム・シャンティからムラング・フランスセーズまで10種類)
●タルト生地の基本(サブレ・ブルトン、パート・シュクレ、フイユタージュ)
その後お菓子のレシピに入りまして、
タルト9種類、アントルメ10種類、焼き菓子8種類、ショコラとコンフィチュール7種類。
●ほかにもフェーヴのコレクション(p46)やらフォンテーヌブローのお店のショーケースの写真(p88)やら、ショコラ・クリエーション(p114)やら、眺め入ってしまう美しいページが満載です。
■ わたしがたまらなーい、と思うのは、パリ・ブレストだとか、ババ・オ・ロムといったものすごくフランスらしいお菓子です。パリ・ブレストの写真がまたサイコー\(^o^)/\(^o^)/
フチ子さん的なものがあしらわれているんですよ・・・皆さんこれはぜひ購入してご覧になってください。ババの方は、本当にブション形に焼かれ、そこにお酒をひたひたと。このひたひたヴィジュアル、たまらんわ(*_*)(*_*) フランスに飛んで行きたくなります!
■ でも、なぜか「イチゴ」なんていうのもあって、なぜフレーズとかフレジエではないのかー?と思ったら、日本のいちごのショートケーキにインスピレーションを受けた、と。
■ お菓子の断面図が載っているのもいいですね、お菓子の構成がよくわかります。
■ これはフランス菓子を作られるプロの方々にも、きっとすごく参考になる本かと思います。そして、(わたしのように)ひたすら食べるだけなんだけどフランス菓子が好きという方々も、この本を持っていたら、無限に楽しいと思います。激しくおすすめです☆☆☆
皆さんぜひぜひ。
51xi9byr1l
フレデリック・カッセル 初めてのスイーツ・バイブル
世界文化社 2015年9月16日発売
128ページ 2160円
25.6 x 18.8 x 1.4 cm
ISBN-10: 4418153276
ISBN-13: 978-4418153275

************************************************************
(2015-09-20)

2015年9月 20日, dans ★本のご紹介 |

2015年9月19日 (土)

■ 「室町和久傳」、改装オープン(^o^)/


■ 全国100万人の読者の皆さま、美しく改装された「室町和久傳」さんにさっそく出かけたエリーでございます。改装後の内観は、先日アップしたこちらご覧ください。
Img_3859jpga ●エントランスは今こんなです。
Img_3858jpga ●ずらりとお祝いの胡蝶蘭。
Img_3902jpga ●いただいたのは、来週のクラブエリーのために考えていただいている料理でした。昼と夜の間くらいのコース。これは子持ち鮎の焼物。実山椒醤油がいい香りを添えていました。コース全容はクラブエリー報告の時にアップします。
Img_3899jpga ●やっちゃん=北嶋靖憲さんが鱧の骨切りをしています。しゃっ、しゃっ、しゃっ、といい音!!見事です(^o^)(^o^)/ 「上手ねー、かっちょいいねー♪」と褒めてあげたら、
Img_3883jpgb ●大きくうなずき、「そうなんですよー かっちょいい、顔いいとしょっちゅう言われるんですよー!」だと!! (^o^)(^o^)(^o^) 全く謙遜とか遠慮とかない、恐るべき伸びやかさ\(^o^)/\(^o^)/おねえさんたちは大笑いしたよww
Img_3916jpga ●ご飯をプレゼンしながら、「撮影なら、顔を作ります、気持ち整えます、3秒待ってください!!」と言いながら、
Img_3917jpga ●結局ゲラゲラ笑ってしまう。
Img_3933jpga ●わたしは料理長の藤山貴朗さんが本当に偉いと思う。これだけのびのびと部下に仕事をさせてあげるのが偉い~~。(ちなみに後ろにいるやっちゃんは、ちょっと真面目な風をしていちじくを剥いている。)
■ 25日のクラブエリーにご参加の皆さま、どうぞ激しく楽しみにいらしてください!!
和久傳
Img_3842jpga
************************************************************
(2015-09-19)

2015年9月 19日, dans 京都 和食15後半 |

2015年9月18日 (金)

■ NHK文化センター金曜講座@「京、静華」


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。
NHK文化センター講座(第3金曜)を、岡崎の「京、静華」さんにお願いしました。
お料理、ほ ん とー に、よ か っ た・・・感涙レヴェルと思いました。(T_T)(T_T)
Img_3792jpga ●美しい献立
Img_3791 ●琵琶形の豆腐の揚げもの
鶏ささみと卵白でまとめた、百合根、栗、銀杏、きくらげ。
Img_3796jpga ●パフェ仕立ての前菜
お刺身はめいたかれい。中に千切りにした大根、いんげん、ごぼう、モロッコいんげん、トマト、ピータン、車海老、くらげ、紫ずきん。
Img_3800jpga ●やりいかの湯引き 香菜と青唐辛子のソース
Img_3807 ●夏の名残の冬瓜とふかひれの養生スープ
器ごと蒸したというスープ。上品で、しみじみ美味。
Img_3811jpga ●万願寺に詰めた車海老のステーキ
車海老の下には海老のすり身。上に香りのパウダー(クミン、コリアンダー、フェンネルなどなど・・・)
Img_3813jpga ●海老の頭のだしとトマトのスープ
Img_3816 ●和牛ロースの強火炒め 四川ソース
松茸、茄子、かぼちゃ、さつま芋などたっぷりの野菜と。
Img_3819jpga ●明石鯛の香味蒸し
非常に味に深みのあるスープで、そのわけを尋ねてみてなるほどと。
Img_3824 ●担担麺
手打ち卵麺の汁なし担担麺。つるつるとなめらかで卵麺の食感がたまらなく心地よかったです。
Img_3822 ●担担麺の前に、ピクルスも供されました。
Img_3830jpga ●杏仁豆腐
これは毎回必ず供されます。これ以上なめらかな杏仁豆腐をわたし知りません。香りよく甘みほどよく、ほんとーにおいしい。
Img_3832 ●お皿で配られるだけでなく、お代わりどうぞとどーんと大きな器で供されるのもうれしいことです。たっぷりの杏仁豆腐、感涙うるうる。(T_T)(T_T)
Img_3838jpga ●お茶菓子 グラスに梨のシロップ漬、右が南瓜饅頭、左が杏仁豆腐の杏のしぼりかすで作られたクッキー。
Img_3839 ●最後にフルーツティを2杯3杯といただき、ご馳走さまでございました<(_ _)><(_ _)>
■ 美しくて上品でしんそこ美味で、参加者の方々には本当に喜んでいただけたと思います。感動的な料理ってこのことです。
店主の宮本静夫さん、マダムの惠子さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。
そして、いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
「京、静華」 電話 075-752-8521
京都市左京区岡崎円勝寺町36-3(仁王門通沿い)
17:30~20:00LO
月曜、第1,3火曜休み
テーブル6席、個室は円卓10席くらい 全席禁煙
要予約
2008年4月20日開店
************************************************************
(2015-09-18)

2015年9月 18日, dans ●NHK講座, 京都 中華 |

2015年9月17日 (木)

■ 明日オープンの新しい「点邑」


■ 全国100万人の読者の皆さま、アクロバットエリーでございます。
どういうことかというと、仕事たて込み過ぎ、かたまり過ぎ(*_*)(*_*)
この24時間が勝負、間に合うか?状態。
この緊張感嫌いじゃあないけれど、何かがすっぽり抜け落ちることがないように気をつけなければいけません。忘れてたあああああみたいなことがないように。
それから怪我しないように骨折らないように。(^o^)(^o^)/
とにかくやります。24時間後には少し楽になっているはずです。

1jpga ■ でもこれはどうしてもアップしておきたいので、写真の羅列になるだけかもしれませんがとにかくアップします。
■ 京都を代表する名旅館の「俵屋」さんの、天ぷらのお店「点邑」(てんゆう)さんが移転されまして、明日オープンです。以前の御幸町通三条下ル東側から、麩屋町通三条上ル西側へ。(姉小路下ルの方が実は近いです。)
内覧会で中を見せていただきました。だいぶ雨が降っていましたが、そんなのじぇんじぇん平気、だってものすごく楽しみでしたから(^o^)(^o^)/
3jpga■ アプローチから本当に美しいです。<(_ _)><(_ _)>
4 ■ 入り口の手前です。山里をイメージさせるように木々が配されています。ほんとすてき。
5jpga ■ まず1階のお部屋。「庭坐」というお部屋で6~8名用。)
6jpga ■ このお部屋は大きなガラス窓があり、ゆったり寛げるのです。
あれ? 誰かいる?
7jpga ■ をを、これは!
8jpga ■ 泣く子も笑う、名にし負う「SOU・SOU」の目ピカ社長ではありませんか(^o^)(^o^)/
9jpga ■ これは1階のもうひとつのお部屋、「壺坐」です。4名用。
10jpga ■ そして2階のメインカウンターへ。小林紀之さんがいらっしゃいました(^o^)(^o^)/
11jpga ■ こんな自然光がさすカウンターです。
12jpga ■ お料理を軽くいただきました。取肴盛り込みに、
13jpga ■ 天ぷら\(^o^)/\(^o^)/
14jpga ■ 1階の「壺坐」のお部屋に下りて、鮎の塩焼きと巻き寿司。
2jpga ■ コースをいただきに改めて伺います。ほんと楽しみです(^o^)(^o^)/
************************************************************
「点邑」(てんゆう)  電話 075-212-7778(前と同じ)
京都市中京区麩屋町通三条上ル西側
11:30~13:30、17:30~21:00
1階2部屋(最大8名/最大4名)2階がカウンター10席
全席禁煙
1994年5月20日開店、2015年9月18日移転開店
************************************************************

(2015-09-17)

2015年9月 17日, dans 京都 天ぷら |

2015年9月15日 (火)

■ カウンター席が美しい、「室町和久傳」のリニューアル


■ 全国100万人の読者の皆さま、変わらぬエリーでございます。ここしばらく綱渡りのようなスケジュールですが、いいこともたくさんあるのです。19日にリニューアルオープンする「室町和久傳」の新しい内観を、オープンに先がけて見せていただきました。
1 ■ 1階のテーブルのお部屋だったところが、なんとこんな広々したカウンターのお部屋になりました。15席。入るなり開けたこの光景、驚いたわー\(^o^)/\(^o^)/
2 ■ 逆側から見たところ。

3 ■ 今までのカウンタースペースはどうなったか? こんな風に入り口に扉ができていまして、
4 ■ L字形9席になっていました。
5 ■ 見上げた感じは同じですね。天井が高くて美しい。
6 ■ 隣接する「紫野和久傳 茶菓席」もリニューアル工事中ですが(10月1日にオープン)、1階のおもたせ販売コーナーは営業されています。
7 ■ 本日わたしはこれを購入いたしました。これ常備です。ペリエで割ってしゅわしゅわと飲むのが好きです。
8 ■ 記録に、工事中の外観も撮っておきましょう・・・あれ? 誰かいる?
9 ■ 近寄ってみたら、
10 ■ やっちゃんやー\(^o^)/\(^o^)/
お茶目なやっちゃん、北嶋靖憲さんですねー。 「京都和久傳」(料理長は木山義朗さん)に以前いて、いつの間にか「室町和久傳」(料理長は藤山貴朗さん)にいたねー。人なつこい。しっかり料理しておくれ~(^o^)(^o^)/
■ 19日のオープンが楽しみです。お料理どんなか、また報告いたします。
和久傳
************************************************************
(2015-09-15)

2015年9月 15日, dans 京都 和食15後半 |

2015年9月14日 (月)

■ 「パティスリー S」のネクタリンのパイ


■ 全国100万人の読者の皆さま、ほんとーーにおいしいお菓子しか要らないと思うエリーでございます。さらに、ピンクっぽいものよりは、茶色いお菓子が好きなエリーでございます。先日のある午後、「パティスリー S」さんです。
Img_3613jpgb ■ 新商品を見つけて、食べずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)
ネクタリンのパイです。これ酸味甘みほどよく、フルーツ感たっぷり、さらに下のパイ部分がサクサクのバリバリ、よーく焼かれて香ばしい。おいしかった・・・(T_T)(T_T)
Img_3607jpga ■ こんなお菓子です。
Img_3618jpga ■ 断面はこんな。ネクタリンの下は、クレームパティエールなのです。鯖寿司における、鯖とご飯の量を思い出しました。鯖の方がぶ厚いような、とてつもなくうっまーい鯖寿司あるでしょ。これとかね。(^o^)(^o^) あれ思い出した。ネクタリンがあの鯖並みにぶ厚いの~♪
Img_3615jpga ■ もうひとつは、いつも大好きで選んでしまうフラパンをやっぱりこの日も選択。コニャックに黒糖にバナナという濃い濃いムースです。
■ 本当に気合が入っていることが、どのお菓子からもひしひしとわかります。まぢうま(T_T)と思います。思い出すだけで走って行って食べたくなります。ネクタリンをもう一度・・・それから今度は焼き菓子もいただきましょう・・・クグロフ形のを買ってくる\(^o^)/\(^o^)/「パティスリー S
************************************************************
(2015-09-14)

2015年9月 14日, dans 京都 スイーツ |

2015年9月13日 (日)

■ 「祇園にしむら 」 2015年9月のコース


■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日土曜日は「祇園にしむら」さんに伺ったエリーでございます。東京からお客さまがあり、お昼の訪問。(予約をすればお昼もしてくださいます。)
京都の方も1名参加で、3名でカウンターでいただきました。
安心の美味、雰囲気のびのび気楽。少し気持ちがゆったりした土曜のお昼にふさわしい食事でした。
Img_3653jpga ●胡麻豆腐
Img_3658jpga ●お椀 鱧と松茸
理想的な鱧、感涙。(T_T)(T_T)
Img_3655jpga●お造りですね。たたいている。
Img_3661jpga ●鯛と、たたいたとろ
片口おしゃれ。
Img_3663jpga ●鯖寿司
Img_3665jpga ●とんぶりのとろろ和え、下に舞茸、春菊、菊花
Img_3668jpga ●八寸
鱧の子、枝豆、銀杏、小芋揚げ、鯛塩焼き
この鯛が、小さい扱いだったけれど、ものすごくおいしかったです☆☆☆
Img_3671jpga ●茶碗蒸し 鶏肉、しめじ、百合根、松茸、三つ葉
模様は「つゆしば」。
Img_3673jpga ●蕪と鱧の焚き合わせ、ちんげん菜
これも理想的な鱧、感涙。(T_T)(T_T)
Img_3677jpga ●筋子ご飯、香の物、赤だし
Img_3685jpga ●梨とシャインマスカット
いつもながら、するっといただけて、ほんとーにおいしかった☆☆☆
何の余分もなく、余裕の料理。ふつぅ~~に見えて、技のある料理。
一緒にいただいた方々に御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>
祇園にしむら
************************************************************
(2015-09-13)

2015年9月 13日, dans 京都 和食15後半, 京都 祇園にしむら |

■ 「花かごパン」のパンオショコラ


■ 全国100万人の読者の皆さま、パンも大好きなエリーでございます。今日はこれ、「花かご」さんの・・・

Img_3626jpga ■ パンオショコラです。この側面の層を見てよ。(*_*)(*_*)
フイユタージュさくさくさくさくで食感よし、中のショコラも濃厚です。
これ感動しました。(T_T)(T_T)
Img_3380jpga ■ 赤ワインのパンやら、ブルーチーズとはちみつ入りやらオレンジの香りのブリオッシュナンテールやら、他もいくつか購入してきましたが、(全部おいしかったけれど、)この日はとりわけ圧倒的にパンオショコラがおいしいと思いました。
心に響きました<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
「HANAKAGO 花かご」
京都市中京区室町通六角下ル西側
電話 075-231-8945
8:00~18:30
月曜休み、他不定休あり
************************************************************
(2015-09-13)

2015年9月 13日, dans 京都 パン |

■ 「鮨 仙太」でほどよいお昼寿司


■ 全国100万人の読者の皆さま、先日11日の金曜日、アルファステーション「デジュネ・ア・キョウト」の後、高辻通の「鮨 仙太」さんへデジュネに伺ったエリーでございます。
番組ディレクターの山本八重子さんと一緒に。
1500円ちょうどで、この良心的なお昼のにぎりがいただけるのです。
お腹いっぱいになり過ぎず、ほどよい量というのもいいです。
■ 以下、9月11日(金)の昼のにぎりです。

Img_3588jpga ●サーモンと鯛
Img_3592jpga ●甘海老といわし
Img_3593jpga ●鯖の炙り
Img_3594jpga ●いか
Img_3597jpga ●ほたて
Img_3599jpga ●野沢菜と壬生菜松前漬
Img_3601jpga ●たまご
Img_3602jpga ●海苔巻き
Img_3590jpga ●お椀
Img_3595jpga ●茶碗蒸し
Img_3604jpga ■ 「僕の写真はダメよ~ん!」なんて言いながら、この後、しっかりポーズを取ってくれた土子亮二さん(^o^)(^o^)/ 好青年です\(^o^)/
■ 以下、5月に書いたことですが全く同じこと言います・・・
やっぱりものすごくばちっと決まって、申し分なくおいしかった(T_T)(T_T)
酢加減塩加減シャリの温度ネタの厚さ大きさ口の中でほぐれる感じ・・・
すべて調和が取れて、理想的だと思いました。
また伺います。<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
「鮨 仙太」 すしせんた 
電話 075-351-2225
京都市下京区高辻通室町西入ル北側(繁昌町295-1)
平日11:30~13:15LO、17:30~21:15LO
土日祝12:00~13:15LO、17:30~21:15LO
火曜休み、第3月曜火曜連休(お出かけ前に確認なさってください)
カウンター10席 全席禁煙 予約が望ましい
2009年4月10日開店
************************************************************
(2015-09-13)

2015年9月 13日, dans 京都 寿司 |

2015年9月12日 (土)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「御料理 たまりや」


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。9月の朝日カルチャーセンター講座のお昼(第2木曜)を「御料理 たまりや」さんにお願いしました。
Img_3521 ●重陽の節句で菊を浮かべた食前酒をひと口いただきました。

Img_3522 ●先付
蒸し鮑 肝と焼き茄子のソース 翡翠銀杏吉野 湯葉 いくら
Img_3526jpga ● 椀物
ぐじ 丹波産はたけしめじ 冬瓜 玉子豆腐
(これは特に小ポーションで作っていただいたものを撮影、もっと具材大きいものでした。)
Img_3532jpga ● 向付(1)
伝助穴子薄造り 生雲丹
Img_3538 ● 向付(2)
旬魚のお造り 金目鯛、とろ、鯖のきずし
Img_3542 ● お凌ぎ
毛蟹  キャヴィア寿司 菊花ちらし
Img_3543jpga ● 焼八寸
のどぐろ西京焼 天然鰻白焼 鮎一夜干し
マスカットと焼き椎茸の白和え 衣かつぎ
Img_3550 ● 酢の物
真牡蠣 土佐酢ジュレ
Img_3551jpga ● 強肴
牛舌味噌煮  淡路玉ねぎ  いんげん
Img_3553jpga Img_3556jpga ● 食事
鱧松ごはん 
Img_3554jpga●香の物と 赤だし

Img_3563● 水物
黒糖わらび餅 薩摩芋アイスクリーム ピオーネ いちじく
■ 女将の今井文恵さん、料理長の平舘亮祐さん、スタッフの皆さま、ありがとうございました。食べ応えのあるコースを作ってくださいました。牡蠣は大ぶりだったし、魚介尽くしかと思えば牛タン煮込みなどもあって、満足感いっぱいでいただけたと思います。
参加者の皆さまにも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

************************************************************

「御料理 たまりや」 電話 075-541-5670
京都市東山区祇園町南側570-122-251(花見小路四条下ル西側)
12:00~14:00(火曜~土曜)、18:00~21:00
日曜休み(他不定休あり)
カウンター6席、テーブル8席(★いずれも靴を脱いで上る)
全席禁煙
前日までに要予約
2014年9月23日開店
************************************************************
(2015-09-12)

2015年9月 12日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 和食15後半 |

■ NHK文化センター木曜講座@「白川たむら」


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。
9月3日に行われたNHK文化センター講座(第1木曜)を、祇園の「白川たむら」さんにお願いしました。本当に本当に細やかなお仕事をしてくださいました。
Img_3318jpga ●前菜
(右)スペイン風ホットサンド 「ビキニ」(中にみどり茄子のトマト煮込み、チーズ、バジル、パプリカ、揚げ餅)
(中央)ドライフルーツとキヌアのグラノーラ
(左)ミニトマト(中にモッツァレッラ、バジル)
Img_3322
●サラダ
季節の野菜と魚介のサラダ
レモンジュレとバターナッツのソース
Img_3324 ●サラダの、後ろ側から。
Img_3328jpga ●お椀
上対馬ぐじ、金糸瓜、胡麻豆腐、松茸
Img_3331 ●お造り
お造りのパフェ 大原産の赤紫蘇ドレッシング
Img_3334 ●蒸し物
五島列島の太刀魚、小芋蒸し
Img_3337 ●焼き物
能登半島の鰆 ロメスコソース 赤万願寺とうがらし
Img_3340 ●ご飯
松茸ご飯、赤だし、香の物
Img_3342 ●デセール
いちじくコンポート、パンナコッタ、中国のキームン風味のアイスクリーム、テュイル ヴァニラの香り、生のグアバ(沖縄から)
■ 店主の田村尚重さん、スタッフの皆さま、ありがとうございました。
参加してくださった方々にも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
電話 075-533-8805
京都市東山区新門前通花見小路東入ル一筋目上ル西側
(京都市東山区中之町248-6)
12:00~13:30LO、18:00~20:00LO
日曜休み ←時々日曜も営業、時々水曜休み
カウンター8~9席、個室6席 2階 6畳6席×2部屋(椅子式)
全席禁煙 要予約
2014年6月1日開店
************************************************************
(2015-09-12)

2015年9月 12日, dans ●NHK講座, 京都 和食15後半 |

2015年9月11日 (金)

■ クラブエリー1年で「ラ・フラムブルー」


■ 全国100万人の読者の皆さま、おととい9日夕方、クレープシュゼットを「ラ・フラムブルー」さんでいただいたエリーでございます。
Img_3468jpga ■ 「ラ・フラムブルー」はアシエットデセールの専門店です。昨年の9月9日、こちらでクラブエリーの第1回めをやらせていただき1周年。それからほんとーーーに時間がなくて伺えていなくて、必ず9日にはご無沙汰ごめんなさいと伺おう~と決めていました。
■ 変わることなくおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/ソースを「つゆだく」にしてもらって、それでもお皿なめたいほどうっとり美味でした☆☆☆
■ クラブエリーは、しばらく前からうっすら構想しながら、なかなか実現するきっかけがなく、でもふと、こちらのお店のデセールを食べたーいという人が集まって、その日から始まりました。
■ やってみたら主宰するわたしが楽しくて、そしてうれしいことにすぐに回り出して、早くやればよかったー!と思いました。1年前のこの日は、デセールを味わってもらう前にちょっと本の話をしたのでした。「源氏物語」に関する本のいろいろについて。
■ 「源氏物語」を解説した本は、それはもうたくさん出ていて、すーすー読めておもしろいものも実はいろいろあります。そこからでも「源氏物語」に入りましょうなんて話・・・
■ 昨年夏に「JEUGIAフォーラム御池」で、連続シリーズで言葉の話をしたりしたことから、お話付きクラブエリーをやったのですが、その後、やっぱり皆さんの興味は話ではなく食べることにあるのだとわかり、話はあまりしないことにしました(^o^)(^o^) ちょっと本の紹介をするくらいにとどめて。
でもわたしは本好きですよー♪  このごろ全然読めてないけど。
■ クラブエリー インテリジェンス編 「インテリクラエリ」(^o^)(^o^)、不定期でも、そのうちまたやるかな~♪ なんて思っています。
Img_3459jpga Img_3460jpga Img_3476jpga ■ 写真は火の上る華麗なデセール、クレープシュゼットのセット。まず桃とグレープフルーツのグラスのアミューズがきて、メインのクレープ、そしてお茶菓子。飲み物(別)はアールグレイをいただきました。
Img_3469jpga ■ こちらは、シーズンもののキャラメルとショコラのミルフイユ。ひと口試食させていただきました。ミルフイユ部分サクサクサク・・・おいし(^o^)(^o^)/
■ 店主の鈴木一也さん、ご無沙汰を少しも怒らないでくださってありがとう。優しい方です。(^o^)(^o^)/
ラ・フラムブルー
************************************************************
(2015-09-11)

2015年9月 11日, dans ●クラブエリー, 京都 サロン・ド・テ, 京都 スイーツ |

■ 「Déjeuner à Kyoto デジュネ・ア・キョウト」、月いちエリー♪


■ 全国100万人の読者の皆さま、ラジオも楽しくてしょうがないエリーでございます。生放送、こんなに楽しいか\(^o^)/\(^o^)/
■ FM京都、アルファステーション α-STATION、「SPURT! FRIDAY」で先月スタートしたコーナー、Déjeuner à Kyoto デジュネ・ア・キョウト。京都のすてきなお昼ごはんをご紹介してゆくシリーズです。本日2回目でした~\(^o^)/\(^o^)/
Img_3582 ■ 第2金曜11:10くらいからDéjeuner à Kyoto デジュネ・ア・キョウトの「月いちエリー」。森 夏子さん(ブルーの方。わたしは手前のわりと赤い方。)と共に。今回は、「麺でつるつる、麺デジュネ」。おすすめ麺の話です。
●食べに行くのはCOCON烏丸、アルファステーションと同じビルの地下の
「老香港酒家京都」の麺。
Img_3215jpga 牛肉と黄にらともやしの炒め河粉
Img_3216jpga 米粉で作った麺が、ほんとーにつるつるなめらかです。牛肉もたくさん、旨っ!!
Img_3213jpga_2 香港風両面焼き 焼きそば(海鮮麺)
魚介です、そして麺は両面焼きのバリバリ!香ばしいです(T_T)
*****************
●持ち帰りは京都ホテルオークラ「レックコート」のやきそば、あんかけそば。
Img_3507jpga あんかけ焼きそば 550円(税込み594円)
Img_3518jpga Img_3519jpga これは上下2段に分かれていて、食べる直前あんをかけるようになっています。すばらしー☆☆☆
Img_3512jpga Img_3516jpga 本場上海花園飯店風の焼きそば 880円(税込み950円)
■ ほかにお話ししたのが、
「唐朝」/「ろうじな」/「菜格」/「紫野和久傳 いつつ」。
■ 来月もおいしいお話しに伺いますー!
横道八重子さん、スタッフの皆さまにも感謝いたします<(_ _)><(_ _)>
Img_3586_2

************************************************************
(2015-09-11)

 

2015年9月 11日, dans ●ラジオ |

■ おすすめ3@「よ~いドン!」 9月11日放送分は・・・


■ 全国100万人の読者の皆さま、ふだんTVは全然見ないけれど、TVに出てお話しするのは大好きなエリーでございます。ほんと楽しいわー\(^o^)/\(^o^)/
Yoooidon■ 本日の「よ~いドン!」「おすすめ3」はまだまだ暑い京都でおすすめの冷たい麺3つでした。
●「味味香」 冷やしきつねカレーうどん
●「紫野和久傳 いつつ」 鴨と夏野菜の冷やし蕎麦
●「和漢同菜 唐朝」 トマト担担冷麺
(以上創業年順)
全部はげしくおすすめ=はげすすの3品です☆☆☆
うち2つはこの夏初めていただいて熱中したもの<(_ _)><(_ _)>
1 ● 「味味香」冷やしきつねカレーうどん
少しずつ改良されて、一時はフルーツを多種入れたりもされていましたが、今年は原点回帰の冷やしカレーうどんということです。スパイス11種類入り・・・ふわりといい香り、余韻も心地よいカレーうどんの冷たいスープです。麺は細め、注文後茹でる式です。ものすごくなめらかでつるつるです。「味味香」サイトこちらです。
Img_2327jpga Img_2329jpga ●「紫野和久傳 いつつ」鴨と夏野菜の冷やし蕎麦
これは野菜ありきで作られたということ。でも鴨肉もとてもいい感じ。山椒オイルがそこはかとなく香ります。このお店いついてはこのページを見てね。
Img_3293jpga ●「和漢同菜 唐朝」トマト担担冷麺
これは、このページを見てくださいね。
■ 以上、冷やしものですが、9月末とか10月半ばまでいただけます。
■ ご協力いただいたお店の方々、「よ~いドン!」やゼットンゼットのスタッフの方々に感謝いたします<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-11)

2015年9月 11日, dans ● ラジオ・TV出演 |

2015年9月10日 (木)

■ 明日9月11日(金)の予告


■ 全国100万人の読者の皆さま、麺類大好きなエリーでございます。
Img_3213jpga ■ この麺類は何の話なのか? どこの何というものなのかー?
(追記:これは、「老香港酒家京都」さんの、香港風両面焼き 焼きそば(海鮮麺)でした。)
ほかにどんなものが出てくるのかー?
明日、9月11日(金)は、
●カンテレの「よ~いドン!」の「おすすめ3」が10:30くらい?
●FM京都アルファステーションの「デジュネ ア キョウト」の、
「月いちエリー」(笑)が11:10とか11:15くらい?(生放送)
ご覧になれる方、お聴きいただける方は、
どうぞご覧ください、お聴きくださいませ<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-10)

2015年9月 10日, dans ● ラジオ・TV出演 |

2015年9月 9日 (水)

■ 「SOU・SOU 在釜」 2015年9月


■ 全国100万人の読者の皆さま、2015年9月の「SOU・SOU在釜」(ざいふ)に伺ったエリーでございます。
■ 今月は茄子・・・どんなお菓子が出てくるのか想像もできませんでした(*_*)(*_*)
Img_3489jpga ■ お菓子製作はいつもの通り、「亀屋良長」さん特製です。先月に続いて、これも、初めていただきました。焼き茄子の葛焼きって!!全く新しい味です。
Img_3481jpga ■ 吉野葛と白あんと砂糖を合わせて、蒸して作られたという葛焼きです。中に、焼き茄子のキャラメリゼ入り。白味噌も入っていましたね。上の紫色はきんぎょくです。ほんのり甘くて、柔らかな口当たりで、これは、ぱく、ぱく、ぱく、ぱくと、4口であっという間にいただいてしまいました。新鮮でした、全く初めての味でした。すごかったー<(_ _)><(_ _)>
Tenugui_01jpga ■ 今月のテキスタイル、茄子です。ストライプとか水玉とか格子の茄子見て楽しくてにこにこしてしまいました。おもしろーい\(^o^)/\(^o^)/
脇阪克二さんの言葉です。
**********************************
茄子 平成27年
食物で何が好きかと問われれば
茄子と答える。
煮物もいいし田楽は最高。
ぬか漬けも好きだ。
茄子紺といわれる
少し紫がかった紺色も好きで
服は白か茄子紺を好んで着ている。
母も茄子が好きだった。
**********************************

Img_3483jpga ■ いつもおっとり優しいお点前王子=高橋雄二=「SOU・SOU茶係」が飲み物を用意してくれます。いつものメス茶碗・・・ではないの。これはエルメス茶碗、新しいエルメスのお茶碗が登場と聞いて、それ試さずにいられたでしょうか?(いいやいられはしなかった。)
冷水で作る、アイス抹茶です。
Img_3493jpga ■ そして・・・こちらはいつものメス茶碗で、なごりのフチ子さんがお留守番していたではないの\(^o^)/\(^o^)/
Img_3491jpga ■ 真夏のフチ子さんがわたしを待っていてくれた・・・ほんと今年は夏らしい夏ではなかったなあと振り返りました・・・7月半ばの怪我でテンション激落ちになってしまって。
■ でももう大丈夫、二度と怪我をしないと誓いました・・・元気で機嫌よく生きていきます。読みたい本もたくさんあります。あまりに日々は早く過ぎていけれど、ちゃんと勉強もして生きていきます。
************************************************************
(2015-09-09)

2015年9月 9日, dans 京都 SOU・SOUしつらい・在釜 |

2015年9月 7日 (月)

■ 掲載誌のお知らせ:「料理通信」 2015年10月号


■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。
71itks2cqil ■ 発売中の「料理通信」 2015年10月号 連載ページ「安くて旨くて何が悪い?」で、河原町二条の「鳳泉」さんに出ていただいています。元「鳳舞」の料理人だった方々がやっているお店です。ほぼ同じメニューだけど、「鳳泉」オープンに当たって値下げされたとのこと・・・「鳳舞」よりも、今の方が、ずっと街なかなのに、材料費も上がっているはずなのに、ほんと偉いです。今回撮らせていただいたものは・・・
皆さまどうぞ「料理通信」を(お買い求めの上)、ご覧いただきますようお願いいたします。
<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-07)

2015年9月 7日, dans ●掲載誌 |

2015年9月 6日 (日)

■ 掲載誌のお知らせ:「ミセス」 2015年10月号


■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

710ayujfrfl ■ 発売中の「ミセス」2015年10月号のお店ご紹介コーナーで、「齋華」さんに出ていただいています。祇園の「婆沙羅」から「ヌーベルシノワ 婆沙羅」として泉涌寺に移転、その後「齋華」と店名を変えられたお店です。2週間ほど前にもお料理をいただきにお昼伺いましたが、ほんとーーーにおいしかった(T_T)(T_T) 次の予約もお願いしてあります・・・少し先ですが、すごく楽しみです。
■ ミセスのこの号は、パリ特集でもあります。すてきなパリのお部屋がたくさん\(^o^)/\(^o^)/お店は自分で行けるけれど、このすてきな方々のお部屋はパリに行ったからといって見に行けるわけではないから、貴重です\(^o^)/\(^o^)/ ほんとうっとりすてきな部屋ばかり・・・<(_ _)><(_ _)>
■ さらに、パリの美術館とレストランガイドがついていますから、これは買い得の号ですね♪ わたしもこれを持って、また早いこと里帰りしよう・・・
■ 皆さまどうぞ「ミセス」を(お買い上げの上)ご覧くださいませ。<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-06)

2015年9月 6日, dans ●掲載誌 |

2015年9月 4日 (金)

■ 「うめぞの」の宇治志るこ氷


■ 全国100万人の読者の皆さま、本日はハイテンション→氷でクールダウンしたエリーでございます。怪我でひと月飛んだ「よ~いドン!」の収録、(テーマや取材したお店は放送後に発表ね、)その後、今年まだ行けていなかった「うめぞの」さんのふんわり氷でほっとしました。9月になってもまだまだ暑い、だからかき氷も、まだまだまだ味わえます!

Img_3385jpgb ■ 宇治志るこ、しるこ=なめらかなこしあんが別添えでついてきます。抹茶シロップも、十分かかっているけれど別添えでたっぷりと。氷の削り方は、今いただける京都のかき氷でベストのひとつです。面削りで、口あたりふわふわふわふわ。真綿のような氷だと思います。
うめぞの
************************************************************
(2015-09-04)

2015年9月 4日, dans ★あれこれ話 2015~, 京都 氷 |

2015年9月 3日 (木)

■ 講座、取材で強烈な1日


■ 全国100万人の読者の皆さま、3日木曜はシャバに出たエリーでございます。シャバエリ。濃い濃い1日を過ごしたのでした。
Img_3337 ●まずお昼はNHK文化センター講座でお昼、祇園の「白川たむら」さんへ。本当に細やかで丁寧、料理への愛をひしひしと感じさせるコースでした。これは皆さんに喜んでいただけたと思います。今日のコースでどれくらいの食材をいただいたかしらん?100くらい軽くあったと思う・・・魚使いがやっぱりすっごくうまいです。お造りパフェのような作り込んだものもすてきだし、魚を焼いたものも、わわ、と目を剥くおいしさでした。
改めてコース全容アップします。
●その後同じ祇園で新店取材、これも濃かった、強烈でした(*_*)(*_*)
先日いただいたコースまだアップできてませんが<(_ _)><(_ _)>
でもそのうちクラブエリーもやりますー(^o^)(^o^)/
●夜はTVの取材であるお店へ。来週わかります<(_ _)> 
ここでも聞いた話強烈でおもしろくて刺激的で希望に満ちて、食べたものがおいしかった以上に、ほんとよかった。
もうもう、わたし本日1日で3日分くらい生きました<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2015-09-03)

2015年9月 3日, dans ★あれこれ話 2015~ |

2015年9月 2日 (水)

■ 「唐朝」という上海料理店


■ 全国100万人の読者の皆さま、メラメラのエリーでございます。メラエリ。何をおいても毎日手入れをしているサイトの世話もできていない昨今・・・ちょっと立て込んでいて・・・でも機嫌よくがんばってます。もう少しもう少し。
■ 怪我で8月飛んじゃった「よ~いドン!」の収録がもうすぐあったり、先月から始まったアルファステーションのロケハンにも出かけたし、まー合間を縫って、すごい勢いでリサーチ食事に行っています。だってそれ行かないとわたしの人生回らんもんね。しかし今外出は最低限なのです・・・気持ちを一定に保って、入稿態勢にいなければならないからです。
外へ外へと向かう気持ちでいる時と、じっとデスクワークする時とではモードがまるで違うの。

************************************************************
■ 8月からすでに何度か出かけている、新しい上海料理の「和漢同菜 唐朝」さんです。河原町通に面しています。荒神口上ル西側。先月下旬にともちん(という旨いものに詳しい方)から行くように~♪ということで、あけ~み=小山明美@ザ・リッツ・カールトン京都と出かけて、気軽でよいね♪と一致。今回わたしが再度試食に出かけたのはこれです。
Img_3303jpga ■ イタリアンか? と思うでしょ。フォークが出てくるんだもん(^o^)(^o^)/
Img_3298jpga ■ お箸で食べると中華ぽいですね(^o^)/
Img_3293jpga ■ 全体像はこれ。トマト担担冷麺。もちろん担担麺だからぴりっとしていて、でもトマト味がからんでいて、どこかイタリアンみたいで、でも中華というおもしろい麺\(^o^)/\(^o^)/
Img_3287jpga ■ 前菜に鶏肉のねぎソース。わたしは鶏肉が好き(^o^)(^o^)/
Img_3305jpga Img_3310jpga ■ デセールに杏仁豆腐。これもかなり好き☆☆☆
■ 夜しか行ったことないんだけど、昼はお値打ちの1000円昼セットがあるそうで、それもいただいてみたいと思います♪ そのうちに<(_ _)>
Img_3285jpga ■ カウンターもあり、ひとりでも全く気兼ねなく出かけられるお店です。
Img_3284jpga■ オーナー夫妻は中国人。でも日本語でのやりとりも完全に大丈夫で、とても感じのいい人たちです。漢方の研究で医科大学を卒業されて、整体の診療所も持っているということです。整体と食事で身体をいい状態にしていこうということみたい。
************************************************************
和漢同菜 唐朝とうちょう
電話 075-255-6663
京都市上京区河原町通荒神口上ル西側
11:30~14:00、17:00~22:00
木曜休み
全席禁煙
2015年7月19日開店
************************************************************
(2015-09-02)

2015年9月 2日, dans 京都 中華 |