◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 錦の野菜天せいろ@「本家 尾張屋」 | トップページ | ■ パティスリ、カフェ、アイスクリーム店のいろいろ »

2015年6月20日 (土)

■ 「鮨 泰蔵」のお昼のセット


■ 全国100万人の読者の皆さま、お寿司のお昼をいただきご機嫌になったエリーでございます。木屋町通仏光寺下ルの、「鮨 泰蔵」さん。
Avant d'aller en France,SUSHI TAIZO,Kyoto.
お昼の5千円(税別)、気軽ながら内容充実、とてもおいし\(^o^)/\(^o^)/
量もほどよく、お腹いっぱいになりすぎないのもいいです。
*****************
●稚鮎の南蛮漬
●白ずいき胡麻酢和え
●鯛、まぐろ、中とろ、関あじ、しま海老のお造り
●茶碗蒸し
(以下にぎりで、)
あまてかれい/剣先いか/ぐじの昆布締め/鱧の焼き霜、上に大根おろしポン酢葱/こはだ/うに/穴子(塩わさびと甘いツメ、わたしは甘いツメなしで醤油)/赤身ととろの鉄火巻き
●たまご
●赤出し
●黒糖のソルベ
*****************
(写真抜粋でアップです<(_ _)>)
Img_8742jpga ■ 鯛、まぐろ、中とろ、関あじ、しま海老のお造り 
Img_8762jpge ■ こはだ 塩加減酢加減ジャストジャストです。
Img_8764jpga ■ うに このなめらかさ、溶けゆく中にも旨みたっぷりで、これも申し分なし(T_T)(T_T)
Img_8766jpga ■ 穴子(塩わさびと甘いツメ・・・だけど、わたしは甘いツメではなく醤油)
ふわふわふわの穴子。今の時期は本当に穴子がいい状態なのだそうです。開けてみて、炊いてみて、脂なしのパサパサでダメでした、というハズレがこの時期は少ないということ。
Img_8778jpga ■ 店主の櫛田英樹さんもすてきだと思う(^o^)(^o^)/
マダムの絵里子さんもありがとうございました。
■ 一緒に食べて、ご馳走してくださった方に感謝<(_ _)><(_ _)>
生きて帰ってきます\(^o^)/\(^o^)/
************************************************************
「鮨 泰蔵」すしたいぞう 電話 075-746-5432
〒600-8015
京都市下京区木屋町通松原上ル
(美濃屋町174-1 プレゼンスビル1F)
12:00~14:00LO、18:00~21:30LO
水曜終日と、月曜、木曜の昼休み
カウンター8席、個室4席 全席禁煙
昼5000円、夜9800円、12800円(税別)
2014年3月4日開店
************************************************************
(2015-06-20)

2015年6月 20日, dans 京都 寿司 |