◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ パリ 6月24日 午前 サンミッシェル、オデオンあちこち | トップページ | ■ パリ 6月25日 デジュネ 「Arpège アルページュ」 »

2015年6月25日 (木)

■ パリ 6月25日 午後 イネス、GEP~6区


■ 「アルページュ」でデジュネの後、ヴァレンヌ通、バック通、グルネル通と歩きました。7区はなんかいい感じ。瀟洒で粋です。ひたすら高級住宅街である16区とはまた違い、おとなりの学究的な感じの6区とも違う。といっても、6区も学究的なだけの街ではすでにないみたいだけど。
Img_9636 ■ ヴァレンヌとバック通が交差するあたりの花屋さん,L'art en fleurs.
Img_9639 Img_9642 ■ フロマジュリーを見たらすぐに反応します。グルネル通に面して、ここ、有名ですね。Barthelemy、バルテルミー。
Img_9643 Img_9645 ■ そして「イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ」。これは同行者が見に行くというので、一緒に行ってみたら、
Img_9646jpga ■ イネス本人がいました。かつて暮らした頃に何度か見かけながら、話すのは初めてです。せっかくだから挨拶。1カット撮らせてもらったけれど、顔が影になるから、ちょっと身体の角度変えてもらって・・・
Img_9647jpga ■ 「わたしはかつてELLE日本版の編集者で、フランス版ELLEのあなたの記事を、ほんとーにたくさん翻訳したのです」とちゃんと言っておいた。それは、フランスを象徴する「マリアンヌ」を引き受けて、カール・ラガーフェルドが怒っちゃったとか、その後イネスが自分のお店を立ち上げたとか、その頃の話。エルだけじゃなくて、エルデコラシオンも・・・北欧の、ギュスタヴィアンスタイルのブルーが美しい結婚当初のインテリアのページなんか、今も目に焼きついてます。ご主人のルイジ・ドゥルソさんは心臓の病気で亡くなられたと後から調べて知りました。しかしイネスさん本人は、まーやっぱりすらりとかっちょいいわ。
Img_9648■ その後、「椅子通」を通って、
Img_9649 ■ セーヴル・バビロンに出ました\(^o^)/\(^o^)/ ここで同行の方と別れて、おのがじし自分の道を行くことに。(^o^)(^o^)
Img_9651 ■ わたしはこちら、GEPです。ボンマルシェの食品館、LA GRANDE EPICERIE DE PARIS  ラ・グランド・エピスリー・ドゥ・パリです。今年1月の記録にいくらか詳しい投稿がありますのでよかったら見てね。なぜかマッカなページなんだけど。
■ ここでみっちり1時間くらい食料品を見ました。そして、主にクラブエリー用の買い物を中心に、だいぶ買い込みました。
■ その後、好きなセーヴル通を歩き、美しいエルメスや、ラ・メゾン・デュ・ショコラを入らず外から眺め見て、その後少し折れて、名前が好きなヴュー・コロンビエ座の前を歩き、お約束のロンシャンも見て、レンヌ通に至ります。

Img_9657 ■ レンヌ通と言えば、昔の雰囲気ではなくなったー!と怒りながらも、なぜか毎回必ず前を歩き少し覗き込む、食器やさん「ラ・ヴェッセルリー」。わたしはリモージュのシンプルな白食器が大好きなんだけど、(食器は基本的に赤ではないのです)、今回も買うには至らず。
Img_9661 ■ まだお腹はいっぱいだったけれど、せっかく近くまで来たので「ピエール・エミール」に寄ってみます。足をいい加減休めたかったし、店頭には「ベルティヨンのアイスクリームあります」って貼紙してあったから。キッシュは持ち帰りにして、ベルティヨンのショコラのアイスクリームを食べて行こうとしたら・・・
Img_9699 ■ だいたい1階席(日本の2階席)に上がっても、(階段を上がる時点で挨拶をして、上に上がります、上でいただきますと言ってあるのに)わりと長らく放置されちゃったし(その間足を休められたしノートや写真の整理ができてよかったから別にかまわないけど)、プロヴァンサルのタルトを持ち帰りにしてみましたが、ちょっと期待ほどではなかった・・・というのが本当のところでした。多分、友人がほめていた頃と様子が変わったんじゃないかしらん? 聞いていたクオリティとは違うもの・・・ご主人不在だったから、たまたまこの日だけ、そうだったのかもしれないけど。
■ そうだ、サンルイ島の「ベルティヨン」に行こう\(^o^)/\(^o^)/
と一瞬気持ちは燃え立つも、しかしメトロや歩きの移動にこれ持って歩くか?というほどの荷物を持っており・・・・・・オデオンの駅前で手を打つことに。

Img_9269■ 昨日午前に買わずに眺めたこのお店に、ショコラのグラスがあったことを思い出したからです。Img_9678 ■ これで満足・・・ショコラのグラスがあれば・・・
Img_9681 ■ 満足したはずが、ショコラショーもあれば注文するではないの。 ・・・ダブル効果で血糖値も上がり、ぐいぐいと元気を回復しました。わたしにおいてはショコラさえあれば、身体と精神の安定が保てます・・・
Img_9682 Img_9684 ■ これも昨日見るだけで買えなかった「エリック・カイザー」。クロワッサンを購入、翌朝用。
Img_9689 ■ 帰宅して荷物を置いて、家の近くのモノプリならぬモノップへ・・・こんなんありましたよ・・・日本弁当だって。スシ、といえばまずサーモンですね、フランス人の皆様にとって。サーモンにぎり、サーモン巻き、サーモンときゅうり・・・

Img_9690 ■ 「バター不足って何のこと?」 という感じで、エシレもこうやってスーパーで普通に売られています。
Img_9691 Img_9694 ■ 初めて買ってみたモノプリのキャロットラペ・・・ 便利だけど、もう買わないと思う・・・(^o^)(^o^)
Img_9695 ■ これはエリック・カイザーで最後の1個残っていたクロワッサン。翌朝用に買いました。(^o^)(^o^)/
************************************************************
(2015-06-25)

2015年6月 25日, dans 2015年6月パリ話 |