◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ フロマージュと日本酒の会@「ウタリペ」 | トップページ | ■ NHK文化センター金曜講座@「祇園おかだ」 »

2015年5月31日 (日)

■ NHK文化センター木曜講座@「京 静華」


■ 全国100万人の読者の皆さま、遅れましたが講座報告のエリーでございます。5月の講座やコラボイヴェントのコースがまだ4コース未アップで、何が何でもアップいたします。カメラを持たずにいらした方にも約束しているしww
■ 5月のNHK文化センター、第1木曜講座(5月7日)は「京 静華」さんへ。季節の素材満載、美麗で、ぴたーーっと味が決まったコースを楽しみました。

0a ■ こんなお品書きをいただきました。額装したいと思います<(_ _)><(_ _)>
Img_6068jpga ●小鮎の唐揚げ、スパイスパウダー、
真ん中は「琵琶湖」、ブルーキュラソーで色づけした甘酢です。パリパリに揚げられた鮎、たまらなく香ばしい・・・パウダー部分も塩味的確でスパイシー、掬ってはなめる、掬ってはなめる・・・かろうじてお皿はなめなかったです、犬になる手前で踏みとどまりました。<(_ _)><(_ _)>
Img_6074jpga ●グラス入りでパフェ風、中華の造りと前菜。びっしり詰められています。
鯛、ナッツ、胡桃、ぶぶあられ、紫蘇、みょうが、大根、くらげ、ピータン。充実・・・<(_ _)><(_ _)>
Img_6078jpga ●鶏肉と春野菜炒め
Img_6080jpga ●中にはみっちりとヘーゼルナッツ、うすいえんどう豆、そら豆など。山椒や唐辛子の香りも効いています。鶏肉の旨みに豆の春らしい香味で幸せになります。
Img_6081jpga ●蒸しスープです。
Img_6083jpga ●中は、湯葉、きぬがさ茸、きくらげなど5種類のきのこ。木の命をもらうイメージで。上湯スープ。身体に染み渡るとはこれです。いかにも滋養に満ちた感じ。
Img_6086jpga ●万願寺唐辛子に、香ばしく焼いた車海老。酸味のソース。海老と万願寺の間にはすり身。
Img_6090jpga ●鹿児島の牛フィレ肉炒め、うに。これも旨み×旨みで、ずるいおいしさでした。(T_T)(T_T)アスパラガスが風味と食感を添えて、爽やか~なお皿になっていたと思います。
Img_6095jpga ●塚原の筍、貝柱、蟹身。筍、もう名残の頃でした。中華風の旨みが組み合わされて、印象の強いお皿でした。
Img_6097jpga ●ピクルスが供され、(おかわりも瓶で用意されます、)
Img_6104jpga ●桜海老の炒飯、旨みたっぷり、たまらない(T_T)
Img_6106jpga ●はまぐり湯麺もひと口、味見させていただきました。スープおいし、麺柔らかめでするすると食べやすい・・・感涙です(T_T)(T_T)
Img_6109jpga ●いつもの杏仁豆腐、おかわりもたっぷりあります。口当たりよく、するりさらりと流れていく水のような杏仁豆腐。これわたしあらゆる杏仁豆腐の中で最高なのではないかしらと思っています。唯一無二的においしい。
Img_6119jpga ●いつものフルーツティと、バラのジュレやクッキーなどお茶菓子で食後しばしおしゃべりを楽しみました。連休明けで、心持ちもいつもと違うところに、何もかもが、ほんとーーにおいしかった、忘れ難いお昼になりました。魂に響く美味というレヴェルでした。(T_T)(T_T)
■ 店主の宮本静夫さん、マダムの惠子さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。
そして、参加してくださった皆さま、ありがとうございました。<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
「京、静華」 電話 075-752-8521
京都市左京区岡崎円勝寺町36-3(仁王門通沿い)
17:30~20:00LO
月曜、第1,3火曜休み
テーブル6席、個室は円卓10席くらい 全席禁煙
要予約
2008年4月20日開店
************************************************************
(2015-05-31)

2015年5月 31日, dans ●NHK講座, 京都 中華 |