◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「京都 岩崎」の母の日の料理 | トップページ | ■ 「ラ・パール・デュー」でフロマージュ堪能\(^o^)/ »

2015年5月11日 (月)

■ 「パティスリー S」の新しいヴェリーヌ2種


■ 全国100万人の読者の皆さま、ほんとーーにおいしいお菓子しか要らんと思うエリーでございます。甘いものは大好きでも、食後のデセールやら甘味が、中途半端だったらいっそ全く要らないと思います。今日は抜きん出たフランス菓子店、「パティスリー S」の話です。
Pâtisserie S, Kyoto. 2 nouvelles verrines.Chinois et Baba aux agrumes dorés.
Patisseries ■ このヴェリーヌ=グラス入りのデセールは「パティスリー S」のもので、先日のモンテリマールに感じ入ったのでもう一度食べに出かけて(残念ながらそれはなかったけれど)購入してきたもの。
Img_6357jpga ●手前は「シノワ」といって、なんと杏仁豆腐なのよ。真ん中の白い部分が杏仁ムースで、アブリコ(アプリコット)のムースも仕込まれているのです。ジャスマン(ジャスミン)のジュレ。底にルバーブの酸味と甘みが控えていて、シノワズリ(中国趣味)の、フランスデセールになっているわけです。甘みと酸味、ちゅるちゅるととろとろの食感のバランスが見事でした。\(^o^)/\(^o^)/ 
●もうひとつは「黄金柑のババ」といって、ババだから、すなわち「焼き菓子にアルコールしみこませ菓子」なんだけど、これがラムなどではなくて白ワインをしみこませた、軽やかかつ爽やかなババ。上に白ワインでコンポートした黄金柑に、ヴェルヴェーヌのジュレで、清新な風が吹いているようでした。ひとつ600円~630円。それだけの価値が十分ある、またいただきたいと思ったお菓子でした。
Img_6331jpga ■ そしてこちらはご存じフラパン。コニャック風味が効いたバナナのムースです。
粋な味です。 初出はこれだな。
パティスリー S
**********************************************************
(2015-05-11)

2015年5月 11日, dans 京都 スイーツ |