◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 最近のあちこち/JEUGIAフォーラム御池講座など | トップページ | ■ リニューアルなった「日本料理 とくを」で夜コース »

2015年3月16日 (月)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「にくの匠 三芳」


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。朝日カルチャーセンター講座(毎月第2木曜)、今月は「にくの匠 三芳」さんにお願いしました。昨年末の「週刊文春」の取材前に改めて「三芳」さんのコースをいただいておいしさとコース構成の巧みさに仰天、これはぜひとも朝日カルチャーセンター講座もお願いしなければ!! ・・・というわけで、夜しか営業していらっしゃらないところをひれ伏してお願いし、昼講座が実現したのでした<(_ _)><(_ _)><(_ _)> 
年末の掲載誌紹介時の記事はこれ。
■ 以下、今回のメニューです。
まとまった人数でお願いしたことで、部位ごと違う味を比較するといったことも可能になったのでした。ほんと感謝しました<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
●ふきのとうとおにくのお出し
●向付け2種 その1 近江牛のタン 昆布締め 刻み塩昆布と
●向付け2種 その2 近江牛サーロイン 造り 温製 黄身醤油と
●筍とおにくのお椀 蛤のお出し
徳島の筍
●牛しぐれ煮と春野菜の蒸し寿司
蕗、高野豆腐、にんじん
●おにくと独活の焼き合わせ
ふきのとう味噌で
●タンと白アスパラの冷菜 キャヴィア添え
だしをくぐらせたタン、ジュレはロースハムの骨から取っただしジュレ、白アスパラガスはフランス産、トマトはアメーラ。
●サーロインのしゃぶしゃぶ
●神戸牛ステーキ味比べ
84か月の牛 腕、くり、ロース、もも、いちぼ
●旬菜味噌汁、おにくの昆布巻き
●ご飯とお漬物
●お抹茶のシャーベット白州の薫り
************************************************************

★表記はお店からいただいたメニューにほぼ従っています。Img_3184jpga ●ふきのとうとおにくのお出し
Img_3196jpga ●向付け2種 その1 近江牛のタン 昆布締め 刻み塩昆布と
Img_3197jpga ●向付け2種 その2 近江牛サーロイン 造り 温製 黄身醤油と
Img_3206jpga ●筍とおにくのお椀 蛤のお出し
徳島の筍、肉はみすじ。
Img_3209jpga ●牛しぐれ煮と春野菜の蒸し寿司
Img_3210jpga ●割ると中はほわほわの熱々。
蕗、高野豆腐、にんじん
Img_3212jpga ●おにくと独活の焼き合わせ ふきのとう味噌で
近江牛のサガリ
Img_3216jpga ●タンと白アスパラの冷菜 キャヴィア添え
だしをくぐらせたタン、ジュレはロースハムの骨から取っただしジュレ、白アスパラガスはフランス産、トマトはアメーラ。スターレットキャヴィア。
Img_3222jpga ●サーロインのしゃぶしゃぶ
Img_3228jpgb ●神戸牛ステーキ味比べ(これで3名分)
84か月の牛の、腕、くり、ロース、もも、いちぼ
Img_3226jpga ●ステーキに添えられたもの
Img_3236jpga●ご飯とお漬物、旬菜味噌汁、おにくの昆布巻き
Img_3237jpga ●お抹茶のシャーベット 白州の薫り
■ いやもう、肉天国のコースでした。「こんだけ肉食べたの初めて」という声も出たほどでした。84か月生育させた牛の肉というのも珍しく(わたしは初めて)、それを部位ごと、少しずつ食感や舌ざわりが違うことをじっくり較べられた、貴重な食体験でした。
店主の伊藤力(つとむ)さん、スタッフの皆さまに御礼申し上げます。参加者の方々にも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>
にくの匠 三芳
************************************************************
(2015-03-16)

2015年3月 16日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 肉 |