◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その2 | トップページ | ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その4 »

2015年2月11日 (水)

■ 2015 リヨン(パリ)レポート その3


■ 全国100万人の読者の皆さま、先日フランスで買い込んで来たショコラを点滴のように摂取しながら、ひっしで写真の整理をするエリーでございます。フランスレポートを続けます。その3です。
************************************************************
★このシリーズでは、先日訪れたリヨン Lyon をはじめとするローヌ・アルプ地方 Rhone-Alpes 美味巡り、そして2年に1度行われるリヨンはシラ Sirha の、国際外食産業見本市や料理コンクール、ボキューズ・ドールの話をしていきます。
フランスへの移動はAIRFRANCE を利用しました。
コーディネートは日本のフランス観光開発機構、 ATOUT FRANCE です。
また、今回のリヨン(パリ)レポートは、本サイト内で、
2015年リヨン/パリ  (2015 Lyon/Paris)
というカテゴリー名でまとめます。ひと続きでお読みいただけます。
しばらく続きますが、どうぞお付き合いください。
★追記:
こちら日本語版です→リヨン観光局
こちら英語版です→ローヌ・アルプ地方観光局
************************************************************
【2015年1月23日、パリCDG空港~リヨン市内へ】
■ 飛行機を降りて預けた荷物も難なくピックアップ、そのままSNCF(フランス国有鉄道、Société Nationale des Chemins de fer Français,)でリヨンへ移動です。電光掲示板に従って移動すればよくて、仮にフランス語がわからなくても英語表記がされてあり、全然難しいことはありません。

Img_8975jpga ■ 現地時間の23日16時過ぎに着陸~入国(日本時間で24日の0時過ぎ)。17時にはSNCF 空港駅に到着してしまい、リヨン行き予約列車の19:28まで2時間半もあるよ~ というわけで、乗る列車の時間を早めようと窓口に行き交渉するも変更はダメでした。(E-Billet valable uniquement sur ce trainと確かに明記されていました。) なのでおとなしく待合室で待ちます。ここに瀟洒なラウンジなどはなくて、ただもうベンチがあるだけのスペースで荷物を守りながら待ちます。
この時間に、
●レンタルしてきた wifi ルーターをつないでみます。orange connected と出るのに実際にはネットにつながらず四苦八苦。なのに触り倒しているうちになぜかひとつだけ奇跡的にフェイスブックのメッセージがMessengerで届いて、ものすごくうれしくてこれは神だと思った!一気に救われました。
●携帯電話の設定。こちらもフランスの通信会社 orange仕様です。オランジュじたいの通信は、電話回線はすぐにつながりました。電話を試したいことと、念のためにということで、リヨン駅でピックアップしてくださる予定の運転手さんに電話してみます。
「日本のジャーナリスト、エリですが、ブルーノさんですね? こちら予定時刻通りに到着しており、空港駅にいます。リヨン駅にも遅れなく到着の予定ですが、そちらは変更なしでしょうか?」 ・・・これが電話してよかったのよ。「変更ありだよ、僕行かなくなったのよ」だと(-_-;)(-_-;) 代わりに来てくださる方の名前と待ち合わせ場所を確認、ほんと電話してよかった。日本からフランス仕様の電話をレンタルしておいて、よかったー!

Img_8980jpga ■ こんな風に掲示板を眺めます。デジタルものをひとしきり触った後は19時まで資料を読んだりして過ごし、19:28までもう少し。リヨン パールデュー の表示はすでに出ています。
Img_8979jpga ■ けれど、15分前まで待たなければ、何番ホームから列車に乗れるのかがわかりません。見逃さないように気をつけていないといけないのです。
Img_8981jpga ■ TGV、乗れば非常に快適でした。1ere classe、つまり日本の新幹線ならグリーン車ですが、2席-1席のレイアウトなので日本のグリーン車より広くて、本当にゆったりしていました。
この列車の予約は日本からネットで簡単に、それも日本語でできるのです。
レイルヨーロッパ RAILEUROPE
空港直結、乗ってしまえばリヨンまで直通で2時間。フランスの他の地域への移動にも、これは本当に便利だと思います。
■ さてリヨン パールデュー駅に定刻通り21:30前に到着。駅構内のfnac前で待ち合わせの運転手さんにもすんなり会えて、ホテルまで送っていただきました。距離的には京都駅から四条河原町くらいの感じですぐでした。22:00にホテルにチェックイン。日本時間で24日朝6時なので、約22時間の移動でした。
■ リヨン、Place St-Paul 広場の、昔の学校風情を模した簡素なホテル、
College Hotel コレージュホテル
http://www.college-hotel.com/
というところに入り、せっかくなのですぐに外出します。気温1℃とか寒いけれど、軽くでも夕食を食べなくちゃもったいない。遅くまで(朝まで)営業しているブションを抜かりなく調べてきてあります♪ 
Img_8984jpga ■ ソーヌ川を渡ります。水面に光が反射して、きれいな街だーと思います。
Img_8990jpga ■ 目指すはレストラン街のメルシエール通。地図を見ると数分の距離でした。道は地図の通りになっており(笑)、ほんと気持ちいいです。ひとりで歩く歩く。
Img_8991jpga ■ メルシエール通は、パリで言ったらレアールの上のモントルグイユ通みたいな感じの通りです。(パティスリの「ストレール」がある通り。)歩いて楽しい通り。
Img_8992jpga_2 ■ 目指したのはこちら、その名も「LE MERCIERE ル・メルシエール」、24時まで営業のブション、=リヨンの大衆食堂です。夜遅でおいしいお店を教えてくださいと、京都・寺町二条の「BOUCHON ブション」の店主、松井知之さんに伺っておいたのです。グラティネだけでも注文できるお店を、と。
Img_8997jpga ■ 「店の中に通路がある」という意味もわかりました。
Img_9009jpga ●自動的に出てきた前菜。これでパンをたっぷりいただくと、もう十分満腹になってしまう。
Img_9013jpga ●グリーンサラダといったらボウルでどかんと。(高さ10cmくらいで底までたっぷり。)
Img_9015jpga ●グラティネです。リヨンで食べるグラティネはどうか?
Img_9016jpga ●たまごを絡めもって、熱々といただきました。
Img_9022jpga ●デセール何がありますか? 品書きだけでも見せて、と言って見たら、
Img_9024jpga ●やっぱり頼んでしまった、イル・フロッタント。
Img_9001jpga ■ 食べ応えのあった「ル・メルシエール」でした。
以上に赤ワイン1杯確か7ユーロとか、発泡水バドワを飲んで、24.2ユーロ。カードで払いましたが、140円で計算して3388円。とんでもなく高くもないけれど安いということもないなーという印象でした。ユーロと円の関係があるから一概に言えませんが。
Img_8987jpga_2 ■ 再びソーヌ川にかかる橋を渡ってホテルに帰る頃には24時くらい。フルヴィエールの丘の上の、ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バジリカ聖堂がライトアップされて、リヨンの街を守っているという風情でした。きれいな街ですー! 治安的にもおっとりして、パリよりずっと安心な感じが、少し歩いただけでわかりました。
こうして、長い長い1月23日(24+時差分の8時間で、32時間)が終わったのでした。
************************************************************
(2015-02-11)

 

2015年2月 11日, dans 2015年リヨン/パリ |