◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その3 | トップページ | ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その5 »

2015年2月11日 (水)

■ 2015 リヨン(パリ)レポート その4


■ 全国100万人の読者の皆さま、フランスの水を飲んでひたすら作業をするエリーでございます。フランスの水とはすなわちPerrier かVolvic。身体の中からフランスに~ フランスレポートを続けます。その4です。
************************************************************
★このシリーズでは、先日訪れたリヨン Lyon をはじめとするローヌ・アルプ地方 Rhone-Alpes 美味巡り、そして2年に1度行われるリヨンはシラ Sirha の、国際外食産業見本市や料理コンクール、ボキューズ・ドールの話をしていきます。
フランスへの移動はAIRFRANCE を利用しました。
コーディネートは日本のフランス観光開発機構、 ATOUT FRANCE です。
また、今回のリヨン(パリ)レポートは、本サイト内で、
2015年リヨン/パリ  (2015 Lyon/Paris)
というカテゴリー名でまとめます。ひと続きでお読みいただけます。
しばらく続きますが、どうぞお付き合いください。
★追記:
こちら日本語版です→リヨン観光局
こちら英語版です→ローヌ・アルプ地方観光局
************************************************************
【2015年1月24 日、リヨン】
■ 2日目24日、リヨンで目覚めてホテルのビュフェスタイルの朝食をいただいた後、街歩きに出かけました。今回のグルメツアーの全員が揃う午後まで、自由時間なのです。何より好きな街歩きだー\(^o^)/\(^o^)/

Img_9131jpga ■ まずは、何が何でも行きたかったBERNACHON ベルナションへ。ちょっと距離はあるけれど、地図の通りに歩けば簡単に行けました。ソーヌ川を渡り、市庁舎やオペラ座など眺めながら、ローヌ川も渡る、と。フランクラン・ルーズヴェルト通をまっすぐ行けば右手にあります。
Img_9122jpga ■ サロン・ド・テの入り口。
Img_9133jpga ■ 朝の8:30~19:00、日曜は~17:00。月曜休みですね。
Img_9128jpga ■ 店頭に並べられたホールのお菓子。
Img_9126jpga ■ 左側のショコラのふわふわがかかったものはPresidentといってとても有名ですね。
Img_9127jpga ■ お値段31.1ユーロ。
Img_9134 Img_9141jpga ■ ショコラの香り漂う店内もすごくいい雰囲気でした。パティスリもこんなにずらりと美しく並べられていて、端から買って食べたいと思いますがいやそうはいかないのだ。リヨン最終日、パリに帰る前に来られたらと思って諦めて、小さなヴィエノワズリを買いました。ホテルの朝食を食べないで、すきっ腹状態で、タクシーに乗ってでもまずここに来るべきだったとかなり後悔。
Img_9204 Img_9500 Img_9496 ■ ミニサイズのエクレールオショコラと、ミニサイズのパンオショコラ、サレ(塩味)でアンショワ(アンチョヴィ)。今のわたしの胃にはこれでいっぱいでしょう。がばーっと買って食べるには改めて来なければいけません。
サクサクのフイユタージュも中身もおいしかったー 中に入っているショコラもほんと香味鮮やかでした。
************************************************************
■ 町の中心部へ、最後はソーヌを渡ってホテルに戻れるように、ジグザグに歩いていきます。少しでもいろいろな通りを歩きたいので、しばしば曲がっては、その角の標識を撮っておきます。後で地図を見れば、自分の歩いた道は一目瞭然となります。あー 街歩きはなんて楽しいのか~♪
Img_9173 Img_9165Img_9179 Img_9189Img_9103
■ モリエールにコルネイユといった文人、あるいはジャン・ムーランのような有名な政治家に、昔のリヨン市長の名前など偉人の名前がつけられています。
************************************************************
■ 歩きながらあちこちで、「山ほどパンを買いたい!」という衝動に駆られていけませんでした。どうやっても食べる隙なく食事の予定が詰まっていますから、無理なのです・・・どうしても買いたいならもう1日余計に自分で滞在するかパリに帰る前に買い込むか。いやパリに行けばあるんだまたたくさんのブランジュリが。
Img_9100 ●日本でもよく知られている2軒、まず「エリック・カイザー」。
Img_9191 ●「PAUL」。
Img_9112 ●なんかおいしそうでした。「ベルナション」と同じ通りにありました。
Img_9195 ●こちらもなんだかおいしそう!! 朝早い営業です・・・4:45~19:25だって。
Img_9170jpga ●これは佇まいが美しかったです。
************************************************************
■ スーパーに寄ったり、花屋を覗いたり、手芸洋品店の色とりどりを眺めたりしながらホテルに戻りました。街はそんなに大きくなくて、高低がはっきりとあります。
Img_9200 ●こんな感じ。昨晩ライトアップ状態で眺めた聖堂です。
Img_9078 ●ソーヌ川のほとり。すぐ向こうが高台になっていることがわかります。
Img_9061 ●ホテルの近く。この階段、毎日上り下りは大変だけど、足腰鍛えることにはなるでしょう・・・
Img_9185●こんな道を歩きました。
Img_9072 ●だまし絵があちこちに描かれていました。
Img_9202 ●到着の日とプログラム1日めの夜に泊まったホテルはこんな。部屋がコンパクト&簡素なんで、若い人も泊まりやすいユースホステルみたいなもんか?と思ったんだけど、値段表見たらそんなんではなかったです。ごめん。<(_ _)><(_ _)>
Img_9044 ●1階のレセプションフロア。「昔の学校」がテーマなんだそうです。
●リヨンの街は、パリに較べておっとりゆったりしています。治安もいいのだと思います。バッグを、抱えているにもかかわらず強奪されるなんてこともないだろう。2時間少し、みっちり歩いて随分気が済みました。この日の午後からグループでの行動が始まります。わたし大丈夫なんかー?(*_*)(*_*)と思いつつ、とりあえず雪も舞ってきたのでホテルの部屋にいったん戻って息を整え、厚着をし直します。日本の貼り付けカイロ、本当に役に立ちました。
************************************************************
(2015-02-11)

2015年2月 11日, dans 2015年リヨン/パリ |