◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その4 | トップページ | ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その6 »

2015年2月12日 (木)

■ 2015 リヨン(パリ)レポート その5


■ 全国100万人の読者の皆さま、今日もフランスレポートを続けるエリーでございます。その5です。
************************************************************
★このシリーズでは、先日訪れたリヨン Lyon をはじめとするローヌ・アルプ地方 Rhone-Alpes 美味巡り、そして2年に1度行われるリヨンはシラ Sirha の、国際外食産業見本市や料理コンクール、ボキューズ・ドールの話をしていきます。
フランスへの移動はAIRFRANCE を利用しました。
コーディネートは日本のフランス観光開発機構、 ATOUT FRANCE です。
また、今回のリヨン(パリ)レポートは、本サイト内で、
2015年リヨン/パリ  (2015 Lyon/Paris)
というカテゴリー名でまとめます。ひと続きでお読みいただけます。
しばらく続きますが、どうぞお付き合いください。
★追記:
こちら日本語版です→リヨン観光局
こちら英語版です→ローヌ・アルプ地方観光局
************************************************************
【2015年1月24 日、リヨン、午後】
■ 1月24日の午後、今回のローヌ・アルプ地方美味巡り(タイトルは「French Gourmet Trip」のメンバー12名が各国から揃い、お互い挨拶をし、観光局の人から簡単な説明を受けました。パワーポイントでのプレゼンがあるはずだったけれど、機械の調子が悪いとかで、プレゼンは取りやめ。フランスだから驚きません。でも生の話を聞き、お菓子を食べながらみんなとおしゃべりして、全てはゆるーく始まりました。ホテルから出ます。まずはリヨン旧市街案内から。外は雪、気温0℃です。
■ まずはフルヴィエールの丘の上に建つ、Basilique Notre-Dame de Fourviere ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バジリカ聖堂へ。(とにかく雪とみぞれでカメラを上には向けられない状態です。壮大な全体像は上のウエブサイトをご覧ください。
Img_9224jpga ■ ここからはすばらしい眺望・・・のはずなのだけど、雪/みぞれといった天候で、この日はそんなによい眺めは望めませんでした。それでもうっすらパールデュー地区まで望めますね。手前に見えるのはソーヌ川、サン・ジャン大聖堂など。
Img_9226jpga ■ 観覧車があるのはベルクール広場です。見えにくいですが~。
Img_9246jpga ■ さて、聖堂の中の見学です。威風堂々たる建築、これは美しいわ・・・(*_*)(*_*) バジリカ式というのが珍しくて貴重なのだと強調されました。(パリのノートルダム大聖堂はゴシック式。)
Img_9239jpga■ モザイクも見飽きぬ美しさでした。
Img_9243jpga ■ ステンドグラスも見事。
これは確かに、リヨンが誇れるすばらしい遺産です。
この聖堂は、1998年、リヨン歴史地区の一部として、UNESCOの世界遺産に登録されたということです。
Img_9256jpga ■ 丘の上とリヨン旧市街は、ケーブルカーでつながっています。行きはジャンボタクシーで移動、下りでこれに乗りました。ほんの数分です。
************************************************************
Img_9281jpga ■ さて、旧市街ガイドツアーです。Traboule トラブールという、リヨン独特の建物があり、それを巡ります。
Img_9274jpga ■ 建物の中に入り、廊下を伝って中庭へ。塔や階段があり、そこを通過して向こう側の道に出られるというものです。他のグループのガイドツアーとも一緒になったりします。これがリヨンの旧市街巡りの目玉のひとつなのですね。
Img_9284jpga Img_9285jpga ■ こんな感じです。どの建物も、住人がいるのです。いるけれど、観光客が見学に通り抜けることを許しているのです。
Img_9289jpga ■ だからこんな表示がされています。「住人がいるから、このトラブール通過時は静かに」と。
Img_9294jpga■ 廊下を抜けると、
Img_9295jpga ■ こんな階段があったりもします。上ると、本当に住民の住まいにたどりついてしまう。これ治安がいいからできることなんじゃないかと思います。
Img_9298jpga Img_9300jpga ■ 以上は違うトラブールです。塔2種類。
通りから通りへ、秘密の抜け道をたどれるわけで、雨にも濡れないから、全把握したらかなりうまいこと「トラブール抜け」で移動できそうです。
Img_9315jpgaa ■ 最後にMusees Gadagne ガダーニュ博物館を駆け足で見学。こちらも建物が美しく、中はリヨン歴史博物館とマリオネット博物館です。売店の書店が見やすかったので、時間があれば料理の本をじっくり見たいと思いました。
2時間弱のガイドツアーでした。この後いったんホテルに戻り、もうひとつのプログラムへ。それから深夜までのディネへ。次の記事に続きます。
220pxrhnealpes_region_locator_map_2 ■ そもそもリヨンとは、フランスの中でこんな位置です。
************************************************************
(2015-02-12)

2015年2月 12日, dans 2015年リヨン/パリ |