◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その8 | トップページ | ■ 2015 リヨン(パリ)レポート その10 »

2015年2月15日 (日)

■ 2015 リヨン(パリ)レポート その9


■ 全国100万人の読者の皆さま、今日もフランスレポートを続けるエリーでございます。その9です。
************************************************************
★このシリーズでは、先日訪れたリヨン Lyon をはじめとするローヌ・アルプ地方 Rhone-Alpes 美味巡り、そして2年に1度行われるリヨンはシラ Sirha の、国際外食産業見本市や料理コンクール、ボキューズ・ドールの話をしていきます。
フランスへの移動はAIRFRANCE を利用しました。
コーディネートは日本のフランス観光開発機構、 ATOUT FRANCE です。
また、今回のリヨン(パリ)レポートは、本サイト内で、
2015年リヨン/パリ  (2015 Lyon/Paris)
というカテゴリー名でまとめます。ひと続きでお読みいただけます。
しばらく続きますが、どうぞお付き合いください。
★追記:
こちら日本語版です→リヨン観光局
こちら英語版です→ローヌ・アルプ地方観光局
************************************************************
【2015年1月25 日 Valaurie でデジュネ】
Img_9572 ■ 1月25日、トリュフ市→トリュフ博物館の後は、また車で移動です。
窓の外はこんな風景。連れて来てもらわねば、わたし自分からはまず絶対に、500%来ることのない場所です。ただもう広大な大地に、ぶどう畑とか何かの畑が見渡す限りという感じで続いています。10分走っても20分走っても景色が変わりません。フランスでも都市部なら普段の生活の延長という感じだけど、この風景が半日も続くと、もう宇宙に来たくらいに遠くに来てしまった感じにとらわれました。外を眺めながら、わたしは日本に向けてやたらにメッセージを送りました。宇宙ほど遠いはずが、wifi のおかげで瞬時にいつも通りにチャットができたこと、すごかったです。

Img_9573 ■ 防風林もあちこちで見ました。ミストラルが、ここまでのすさまじい風とは。風速時速50kmなんていうの、普通らしい。
Img_9582 Img_9583 ■ そして到着です、Le Moulin de Valaurie ル ムーラン ドゥ ヴァロリー というホテル&レストラン。
Img_9586_2 ■ 瀟洒なダイニングで、優雅な雰囲気を楽しみました。
Img_9597 ■ アペリティフをいただきます。この後、白ワインも赤ワインも自動的にどんどん注がれました。
Img_9600 ■ ここから料理です。パリパリの窓枠みたいな演出に、黒トリュフだー! と思ったのけどこれは違いました。
Img_9603 ■ Merlan (鱈のような白身魚)のすり身をまとめたもの。ソースはシブレットバターソース。
Img_9607 ■ 鶏肉ソリレスのコンフィ、トピナンブール(菊芋)のピュレ、味噌ソースとクレソン。
Img_9610 ■ ソリレスがひと皿にこれだけ盛り込まれるというのも人生で初めてのことです。2個くらいを恐れ多く、ありがたく味わうものでしょう普段は。これはいっぺんに3.5羽分ですー!
Img_9617 ■ デセールはケージに入っているということらしく、

Img_9621 ■ 中はマロンです。この後、カフェか紅茶かアンフュージョンとお茶菓子をいただきました。
■ 地元観光局のおすすめのホテル&レストランということです。料理というより広々した施設全体の雰囲気や、エレガントな風情を楽しむところでした。
Le Moulin de Valaurie ル ムーラン ドゥ ヴァロリー
************************************************************
(2015-02-15)

2015年2月 15日, dans 2015年リヨン/パリ |