◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 年賀状のこと/ロケハン/明日の「よ~いドン!」 | トップページ | ■ 掲載誌のお知らせ:「料理通信」 2015年2月号 »

2015年1月 5日 (月)

■ おすすめ3@「よ~いドン!」1月5日は熱々甘味3つ!


■ 全国100万人の読者の皆さま、TVのエリーでございます。関西テレビ本日の「よ~いドン!」 オススメ3 の報告です。
0 ■ 今回は、真冬にこそ食べたい熱々の甘味を3つ。以下2つは、本サイトでも既出です。冬季限定品で、
1 ■ 「大極殿本舗 甘味処 栖園」さんの福かぶり。構成要素はおはぎと同じですが、それができたての、アシエットデセールになったという感じ。(^o^)(^o^) 熱々です。
こちらご覧ください

2 ■ 「永樂屋」さんの栗ぜんざい。この栗度の高さがすごい。これも熱々です。
こちらご覧ください
3 ■ そしてこれは本サイトで初出、「茶菓 円山」さんの、茶菓色々、甘味三品です。
初めてなのでちょっと詳しくいきます・・・
左上が豆おこし、黒豆、玄米、胡麻、えごま、大徳寺納豆で作られた、和製のヌガーといったものです。香りよし!! 右上が福豆で、白花豆、紫花豆、うぐいす豆。手前が黒豆奉書巻、受注後作られる、できたて熱々のお菓子です。
4 ■ 断面はこんな。クレープ状の生地に包まれた、品のいい甘さの黒豆です。黒豆ペーストがまた濃厚な香味で、これは名作だわ・・・ものすごくおいしいと思います。
5 ■ お茶は煎茶、玄米茶、ほうじ茶、紅茶、そして抹茶から選べます。こうしてプレゼンしてくださるのでわかりやすい。
6 ■ わたしが選んだのは煎茶です。深蒸煎茶、茶菓 円山スペシャルとのことでした。目が覚めるような色と香りと深い味で、甘味3品とよく合いました。
7 ■ さらに楽しいのが、こうして急須やお茶碗を選ばせてもらえることです。(満席の時などは無理かもしれませんけれど。)江見智彦さん、甘味作りもサーヴィスも両方されます。気の利いた、それでいて優しいもてなしをしてくださいます・・・20代にして、マダムキラーね。すごい人ですー(^o^)(^o^)
8 ■ 「茶菓 円山」さんは2014年10月27日オープンなさいました。
前の記事

「茶菓 円山」 さか まるやま
電話 075-551-3707
〒605-0071
京都市東山区円山公園内
11:00~19:00
火曜休み
http://sakamaruyama.com
2014年10月27日開店
************************************************************
10860842_753744918036434_12 追記:
あわわww わたしこんな風に映っていたの?実は自分の顔をよう見ないんで番組を見たことがなく、サイトに顔写真をアップすることもないし、そもそも顔写真は撮られないようにしているのです。だいたい歯の治療中だし口開けないようにしてるんだが、開いてるやん(*_*)(*_*) じゃあよくTV出るなあ?ということだけど、お話しするのは好きだから、TVでも講演でも何でもお誘いがあれば大喜びで行きます。秘密だけど大阪出身だから、あつかましいの(-_-;)(-_-;) それからもうひとつ言いたいことは、この時箱から出したての、フランス・H社のスカーフをしていたのだけど、じぇんじぇん映ってないじゃない? えー、出演料の5倍以上のスカーフなんですが。(ってわたし下品か? 笑笑)
これは齋田芳弘さん@「永樂屋」さんがフェイスブックに上げてくださった写真です。
<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
■ 今日も本の話・・・
51axniwissl
■これおもしろいです\(^o^)/\(^o^)/ 発売時に買ったまま忘れてた(*_*)(*_*)・・・本整理で発掘しました。いま読んでます!
パリのお馬鹿な大喰らい フランソワ・シモン 伊藤文 訳
************************************************************
(2015-01-05)

2015年1月 5日, dans ● ラジオ・TV出演京都 和甘味 |