◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「 SOU・SOU 在釜」 2015年1月 | トップページ | ■ また見た四つ葉/友と夕食/試食試食/ヴァンショー »

2015年1月 9日 (金)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「杢兵衛」


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。2015年1月の朝日カルチャーセンター講座のお昼を、祇園の「杢兵衛(もくべえ)さんにお願いしました。今までNHK文化センター講座でお願いした2回が、それはもうすごく好評だったので、朝日カルチャーセンター講座年明けいちばんをこちらにお願いしたのでした<(_ _)><(_ _)>
Img_7987 Img_7990 ●先付 黄蕪風呂吹き 柚子味噌 柚子釜
黄色いかぶら+柚子の香味豊かな味噌。ひと皿めから心を奪われました。
A ●八寸 茶振り海鼠(なまこ)、大根卸し、いくら/鴨松風、金柑コンフィ、梅麩、蕗、黒豆松葉刺し お正月仕様の八寸。松があしらわれており、和歌を開けばその意味がわかりました。粋なことでした。
B ●添えられた和歌はこれでした。店主の寺田慎太郎さんの手になるものです。本当に美しいと思います。<(_ _)><(_ _)>
ときわなる松の緑も春来れば今一入の色まさりけり
C ●御椀 堀川牛蒡入り胡麻豆腐、背子蟹、堀川牛蒡、菜種 篠の大蕪摺り流し仕立て 下仁田葱 
具材がものすごくたっぷり、これだけで泣けてしまうほど旨かったです。(T_T)T_T)           
Img_8016 ●造りその1 平目、はりいか 大葉、唐草大根、より人参、山葵、土佐醤油
平目にはえんがわが添えられていました。包丁目もきれいでした。
Img_8019 ●造りその2 寒鰤 辛子醤油 
この季節何度いただいてもおいしい鰤。
D ●炊合 富田林の海老芋土佐煮、油揚げ、梅人参、京菊菜 摺り柚子
海老芋ほくほく、お揚げじゅわじゅわと風味を添えて、なんとも全体調和のいい炊合わせでした。菊菜と春菊は違うのだ、という話も伺いました。
Img_8024 Img_8026 ●小鉢 熟成但馬牛のローストビーフ 大根卸し、鴨頭(こうとう)葱、ポン酢掛け
「中勢以」さんの熟成肉と伺っただけでテンション激上がりになりました。・・・味わひのむさぼり(C)聖徳太子の憲法17条・・・(出たー!)
Img_8030 Img_8037 ●油物 蓮根饅頭雲子鋳込み、甘鯛おかき揚げ 蟹餡掛け もぐさ生姜
れんこん饅頭だけでも十分おいしいのに雲子が出てきてうま過ぎ天国、さらにもうひとつは甘鯛で、その上から松葉蟹あんでどうよと美味責め状態\(^o^)/\(^o^)/
Img_8039 Img_8043 ●御飯 蟹、牡蠣、ひじきの炊き込み御飯 ちぎり海苔
炊き上がった状態のプレゼンから始まりました。磯の香りのご飯でした。
Img_8046 ●漬物 大根、柴漬、昆布   
●後汁 白味噌仕立て 淀大根、干し芋茎(ずいき) 水溶き辛子
白味噌の止め椀は、さらっと仕上げてありました。美味続きの後にするりと入るようにという心遣いでした。
Img_8048 Img_8056 ●デザート 金時人参と酒粕のブランマンジェ、柚子のゼリー、苺、黒豆
これ「富翁」の酒粕使用ということでしたが、本当に香りも口当たりもよく、これ名作です。
Img_8059 Img_8062 ●菓子 慈姑(くわい)最中 薄茶
くわいは、くわいチップにする以外はあまり使われないそうですが、くわいを蒸して裏ごししてあんにして使う、と。大納言小豆のあんと風味が混ざり合って、いい調和でした。
■ どの料理も細部まで創意工夫がされていました。組み合わせのすべてに、納得できる理論がありました。すべてが、的確においしかった!! また伺います<(_ _)><(_ _)>
店主の寺田慎太郎さん、スタッフの方々に御礼申し上げます。参加してくださった皆さまにも御礼申し上げます。いつもいい雰囲気で楽しんでくださることを感謝しています<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
杢兵衛もくべえ
電話 075-525-0115
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-120
12:00~13:30LO、17:30~20:30LO
日曜休み
カウンター8席、2階座敷5室
1928年大阪天神橋で開業、1964年花見小路に移転
************************************************************
■ 今日も本の・・・

宮尾登美子さん追悼で「」を読み直したいと思ったのだけど、Kindle版出ていない!!
Kindle化希望ボタンを押して待ちます。で、直木賞を受けられたこれを読もうか・・・
取りあえず冒頭試し読みをダウンロード・・・
61nkunpcxl_aa278_pikin4bottomright3
宮尾登美子 一絃の琴 講談社文庫
************************************************************
(2015-01-09)

2015年1月 9日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 和食15前半 |