◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「三味洪庵」のすてきな昼御膳 | トップページ | ■ 「祇園にしむら」 2014年12月のコース »

2014年12月25日 (木)

■ 掲載誌のお知らせ:「週刊文春」 2015年1月1・8日号


■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌ご報告のエリーでございます。

1_2■ 本日発売の「週刊文春」 2015年1月1・8日 新年特大号、後ろのグラビアページ「新春恒例 必食の名店 2015」をご覧ください。
4_2 ■ 「食味探検隊」で高得点だったお店を、正式に取材をお願いして写真も撮らせていただき掲載するというページです。昨年と同様、東京7軒に京都1軒という構成ですが、その中の京都の1軒、「にくの匠 三芳」さん(最高得点で、96点!)の取材をさせていただきました。感謝です。写真は写真の匠、ハリー中西せんせ。<(_ _)><(_ _)>
どうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ。
************************************************************
■ ちなみに、「食味探検隊」の覆面的な隊員の皆さんと、このグラビアページ取材班、メンバーは別です。(以前そのように誤解されたことがあったので、一応明らかに。)
■ 今回、取材に当たって久しぶりに(ごめんなさい、)「にくの匠 三芳」さんに出かけてコースをいただいたのですが、これが目ざましくよかったのです。「食味探検隊」の方が96点をつけた意味がよーーーくわかりました。
以下、11月に店名を明かさずに(掲載前だったので)サイトに載せたものを貼り付けます。このお店こそ、「三芳」さんだったのです♪
(以下、11月の記事から抜粋で貼り付け)
************************************************************

4■ そしてまた違う日に、夜遅に肉!!! これは取材で2回転め遅時間に食べに出かけたもので、ある媒体に掲載されるまでは詳細言わないでおきます・・・でも以前わたし2009年の秋にこちらを取材させてもらっていて、その時ももちろんよかったけれど、5年たった今、明らかに進化していました。進化だし深化とも言えます。なぜこの肉を使うかを、店主さんはきちんと説明してくださいました。熟成肉流行だけど、これは全然熟成させていないの。フレッシュ感あふれるというか、水のような印象の肉というか、さらりあっさり、しかしふわあああと肉の旨みをあふれさせているという感じがしました。ブルゴーニュワインを飲んだ時のように酔いましたわたし、って言ったらわかるかしらん。もうもう、違うおいしさでした・・・
3■ しゃぶしゃぶがまた犯罪的に美味でした。溶けてゆくの・・・まだ溶けないでよと思いつつ、溶けゆく舌ざわりを楽しみました。あーすごい肉でした。
************************************************************
■ 「にくの匠 三芳」の店主さん、伊藤力さんは、ものすごく肉をよく研究していらっしゃいます。京都に肉天国のお店はたくさんありますが、その中でもずば抜けてすばらしいお店のひとつであると言いたいと思います。
************************************************************
「にくの匠 三芳」にくのたくみみよし
電話 075-561-2508
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-15
18:00~22:00LO
日曜休み(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休み)
カウンター6席、テーブル12席 
全席禁煙になってます!
要予約(年内は全て満席、年始は5日から)
2006年11月25日開店
************************************************************

(2014-12-25)

2014年12月 25日, dans ●掲載誌, 京都 肉 |