◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「祇園にしむら」 2014年10月のコース | トップページ | ■ 「RIGOLETTO リゴレット」祇園にオープン »

2014年11月 1日 (土)

■ 「永樂屋」の冬甘味


■ 全国100万人の読者の皆さま、甘味大好きなエリーでございます。今の季節はとりわけ栗を食べたくてしょうがないのですが、11月1日発売開始の栗まるごとの栗ぜんざい@四条河原町の「永樂屋」さんがものすごくよかったので、取り急ぎご紹介です。
1 ■ これです、栗ぜんざい1080円。本日11月1日からです。来年2月いっぱいのメニューです。\(^o^)/\(^o^)/たっぷりの栗あんに浸っている大きな白玉を持ち上げると・・・

2 ■ こんな感じ。この中に丸ごと1個の和栗が仕込まれているのです。これがほくほく、ほろほろと崩れて上品な甘さが広がり、たまらんおいしいです。
3 ■ 栗あんというか栗スープというか、程よく甘くて栗の風味濃厚で、これ本当においしいww またいただきに伺います<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
5 ■ 温かい白玉メニューでこれもいただいてみました。これは10月からすでにあったメニューとのことです。その名も「ほっと白玉 抹茶」、900円。
6 ■ ほんわか温かで柔らかい白玉のおいしさを引き立てるのは熱い抹茶蜜と粒あん、きな粉です。抹茶の甘味が好きな方にはこれものすごくおすすめです。ちょっとした虫養いにもなります。
4 ■ 塩昆布、お茶付きのお盆にのって、こんな風に供されます。
************************************************************
7 ■ そして飲み物にも季節物があったのです。11月1日~3月31日の、柚子生姜 葛湯 800円。吉野葛だそうです・・・柚子コンフィチュール入り、生姜別添え。生姜を入れて混ぜもっていただくわけです。ふああああといい香りです・・・(T_T)(T_T)
8_2 ■ 熱々、そしてとろとろとろで、身体が急激に温まりました。これもおいしかったー<(_ _)><(_ _)> また必ず伺います。まずはやっぱり、栗ぜんざいからかしらん♪
************************************************************
永樂屋」 電話 075-221-2318  
〒604‐8026
京都市中京区河原町通四条上ル東側
12:00~18:30LO・19:00閉店(1階の物販は10:00~20:00)
全52席、全席禁煙
水曜休み
************************************************************
■ 今日も本の話・・・♪
61bpw87nmkl
「永樂屋」さんのライブラリーにもあった本ですー!
決定版 和菓子教本―和菓子作りの基本から手順とワザまで徹底解説  
全国和菓子協会(監修)・・・詳細プロセス入りでわかりやすいですー! 
そうかこうやって作るんかと見とれるページ多数です。
************************************************************
(2014-11-01)

2014年11月 1日, dans 京都 和甘味 |