◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 65周年記念の「百味展」へ | トップページ | ■ 「白川たむら」 夜コース楽しい\(^o^)/ »

2014年10月30日 (木)

■ 「鮨 泰蔵」 夜のコース


■ 全国100万人の読者の皆さま、1週間ほど前に、「鮨 泰蔵」さんに出かけて大変ご機嫌になったエリーでございます。東京にいた頃はほんとよくお寿司やさんに出かけたものですが、京都に来てからはひたすら和食に気持ちが向かい、お寿司がその分減ったというか、最小限になりました。あ、ここで言うお寿司とは江戸前にぎりのこと。鯖寿司やいなり寿司や蒸し寿司は別の話よ。
■ でも「鮨 泰蔵」さんに行くと、あー、お寿司食べるのって楽しかったよなあ♪と思い出す感じ。居心地いいしすべて程よくていいのです。以下12800円の夜のおまかせです。

1 ●えのきとしめじと菊菜のお浸し、子持ち昆布入り
2 ●もずくと毛蟹
3 ●鯛、まぐろ、関あじ、赤貝、〆鯖白菜巻き
5 ●つまを、くるりと海苔で巻いてくださいます。
4●「族」というお酒、すごいインパクトの書体、色。タイトル文字のマッカに惹かれてこれにしましたー(^o^) 店主の櫛田英樹さんは男前だと思う♪
6 ●たらの白子
7 ●ほうれん草と柿の白和え
8 ●ぐじ焼き
9 ●ここからお寿司で、きす昆布〆
10 ●こはだ
11 ●はりいか すだち、岩塩
12 ●かます昆布〆、皮目炙り
13 ●まぐろの赤身のづけ
14 ●とろ、中にすき身も
15 ●煮はまぐり
16 ●車海老
17 ●高菜巻き 中にとろ、いくら
18 ●穴子 ここでわたしはお腹いっぱい状態で、これはパス<(_ _)><(_ _)>
19 ●玉子
20 ●お椀
21 ●黒糖のソルベ
■ この日は食べっぷり飲みっぷり見事なKさんと一緒で、すごくよくしゃべって楽しかったー\(^o^)/\(^o^)/ すべて申し分なくおいしかった、ものすごーくよかったので、「クラブエリー」でも一度お願いしようと思います。みんなで伺いますー♪
ちなみに初回記事はこれ
************************************************************

「鮨 泰蔵」 すしたいぞう 電話 075-746-5432
〒600-8015
京都市下京区木屋町通松原上ル
(美濃屋町174-1 プレゼンスビル1F)
12:00~14:00LO、18:00~21:30LO
水曜終日と、月曜、木曜の昼休み
カウンター8席、個室4席
全席禁煙
2014年3月4日開店
************************************************************
■ 今日も本の話・・・
Photo
2002年に出た本です。わたしはかつてこの本を暗記するくらい読んで勉強して、出ているお店ほぼ全部食べに行きました。今は中古しかないみたい。338円からだって。安っ。でもそんな安値で売買されるのはもったいないと思う。
紙の本で今も大事に持っていますが、Kindle化希望のボタン押しておきました<(_ _)><(_ _)>
「寿司問答」 嵐山光三郎

■ また違う話・・・

81pyd2csol_sl1500_
京都ホテルオークラの、京都産 かぼちゃのクリームスープだって♪ 
ハロウィンという習慣、わたしは日本になじんでくるものとは思えないんだけど(=わたしはすごく違和感があるんだけど)、だんだん普及してきたような感じもします・・・いやお菓子やさんやデパートの地下や仮装服業界なんかがせっせと普及させたんですね。
かぼちゃのお菓子をあちらこちらでよく見ますーーー!
でもこんなのをさらっとプレゼントしたら、目立つと思うよ♪
************************************************************
(2014-10-30)

2014年10月 30日, dans 京都 寿司 |