◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「ポーラ」で真っ赤なBA、そして整体のようなエステ | トップページ | ■ 「祇園もりわき」の夜のコース »

2014年10月23日 (木)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「水暉」のお寿司


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます<(_ _)> <(_ _)> 10月の朝日カルチャーセンター講座(第2木曜)のお昼を、ザ・リッツ・カールトン京都「水暉」さんの、お寿司コーナーにお願いしました。台風の後で、魚の確保が本当に大変な週でした。その中でもいいものを出してくださいました。
Img_3282 ●先付 石川県産もずく 三杯酢で
Img_3285●めひかり南蛮漬
Img_3286 ●焼き物 手長海老(あかざえび)
Img_3290 ●蒸し物 白子と銀杏の茶碗蒸し
Img_3295●しめじや菊菜などの和えものImg_3292●生姜のガリと、れんこんの甘酢漬け。とりわけれんこんが止まらぬおいしさでした。
Img_3298 ●握り寿司9貫 ひらめ
Img_3299●あじ
Img_3301 ●帆立
Img_3304 ●車海老
Img_3305 ●こはだ
Img_3307 ●まぐろ赤身
Img_3308 ●とろ
Img_3312 ●うに
Img_3314 ●のどぐろが出てきます・・・ 手元がとてもきれい、寿司部門の料理長・井上修一さんです。寿司マエストロですね♪ 先頃TEDに登壇もされました。
Img_3319 ●のどぐろを目の前で炙ってくださる。こちらは小酒井淳さん。
Img_3322_2 ●のどぐろ
Img_3306 ●玉子
Img_3325 ●巻物
Img_3310 ●椀物
Img_3332 ●デザート ピエール・エルメのアイスクリーム、抹茶と黒胡麻
■ 非常に個性的なお寿司です。シャリがユニークなの。お酢使いが他と違うのです。みずみずしい、という言葉がまず出てくる味です。ネタもぴたーっとシャリになじんで厚さ大きさ全てほどよく食べやすく、口に入れるなりほろりとくずれ溶けゆくという感じで、完璧な仕事とはこのことかと感じ入りました。とりわけうにとのどぐろが、ひと口の天国でした。全部ほんとーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
「水暉」の皆さんによくしていただきました。御礼申し上げます。参加者の方々にも御礼です。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
************************************************************
ザ・リッツ・カールトン京都 「水暉(みずき)」
電話 075-746-5555
京都市中京区鴨川二条大橋畔
(二条大橋西詰め北側)
昼夜営業 要予約
2014年2月7日開業
************************************************************
■ 今日も本の話・・・
Photo
こんなん買いましたー! 勉強です。
料理写真大全 玄光社ムック
見よう見まねのデタラメ写真ばかり撮ってないで、ちょっとは論理も勉強しようと・・・わたしライティングがわかってないのです。(*_*)(*_*)
************************************************************
■ 違う話:
わたしこれにすごく行きたい。メトロポリタン歌劇場の最新シーズンオペラが映画館で見られるの!!
METライブビューイング
表記的に、ライ「ヴ」でない、「ヴュー」イング でないというのがわたしとしてはものすごく抵抗あるんだけど、まーそれは置いておいて、京都でも新京極のMOVIXで「フィガロの結婚」が見られるんですよーーー\(^o^)/\(^o^)/
しかし・・・オペラ観劇に、映画とはいえ朝の10時からってのはおかしくないだろうか~~?
やっぱり夜のもんでしょう・・・明るいうちにやるとしても、午後だと思うんだが。。
でも、すごくすごく行きたい見たい。行こうかどうしようか? 
ロッシーニの理髪師も、ビゼーのカルメンも、ワーグナーのマイスタージンガーも、予告なんか見たら行きたい行きたいww
************************************************************
(2014-10-23)

2014年10月 23日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 寿司 |