◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ KBS京都放送 22:55~ 「京都隠れ家散歩」 | トップページ | ■ 肉ねぎうどん@「仁王門 うね乃」 »

2014年10月20日 (月)

■ NHK文化センター講座@「ラ・ガジェガ」


■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。NHK文化センター講座 第3金曜、今月は「ラ・ガジェガ」さんにお願いしました。ちなみに前回の第1木曜の記録
■ この日はスペインワイン輸入卸販売の「イムコ ヴァン マルシェ」の社長さんがいらっしゃいまして、バスクの微発泡のワイン、チャコリをご馳走になるところから始まりました。ちゃーっと高く瓶を持ち上げて注ぐとおいしいワイン・・・感謝<(_ _)>
1 ●イベリコ豚の生ハムと、
2 ●オリーヴでスタートしました。
3 ●あさりと白花豆のスープ
4 ●塩鱈のサラダ  フレッシュトマトのソース
5 ●帆立のガリシア風オーブン焼き
6 ●マッシュルームのコロッケ マッシュルームの香りが馥郁と。
7 ●秋鮭のナバラ風(生ハムで塩気と風味を添えてあります)
8
●最後にパエリア2種類。こうしてプレゼンをしていただきました。奥が料理長の福井あゆみさんです。
9 ●イベリコ豚のパエリア
10 ●季節野菜のパエリア これを16名でいただいたのです。
11●パエリア、取り分けられたもの。
12 ●デザートはアーモンドのタルタ(=タルト)に、ヴァニラのアイスクリーム添え。
13_2 ●カフェでごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>
ものすごーくおいしいと思いながらいただきました。最初の生ハムとパエリアにイベリコ豚が出てきましたが、後は魚介の連続で、魚のおいしさを堪能しました。調理法がいろいろなのも楽しかった。
スペイン料理は地方色が強いこと、パエリアはスペイン全土で食べられているわけではないことなど、店主のキヨさん=木下清孝さんが解説してくださいました。今回はバスク風ありガリシア風ありナバラ風ありの盛りだくさん折衷スタイルにしてくださったのです。感謝いたしました。参加者の皆さまもありがとうございました。<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
■ 今日も本の話・・・
Photo
地方色豊かなスペイン料理を知るためにこの本とてもいいと思うのだけど、紙の本をできるだけ増やしたくないんで、Kindle版をどうかお願いします<(_ _)>
スペイン 美・食の旅 菅原千代志 コロナブックス
そして前回もこれ出したけれど、今スペインの食の都といえばのサン・セバスチャン。
0_3
これも紙の本なんだけど~
人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか―― スペイン サン・セバスチャンの奇跡
************************************************************
(2014-10-20)

2014年10月 20日, dans 京都 スペイン料理 |