◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ NHK文化センター講座 岩崎武夫さんのだし講座 3回目 | トップページ | ■ 朝日カルチャーセンター講座@「白川たむら」 »

2014年9月 6日 (土)

■ 本日オープン、「% ARABICA 京都」


■ 全国100万人の読者の皆さま、新店お知らせエリーでございます。八坂の塔のほど近くに、本日新しいカフェがオープンしました。「アラビカ」という店名ですが、正確には「% ARABICA 京都」といいます。香港を拠点とする「Arabica Coffee Roaster & Farm」の日本初店舗とのこと。
Img_1946 ■ 5日に行われたオープニングにしばしお邪魔いたしました。東大路から八坂の塔をめざして行く上り坂の北側に、大きなガラス壁のお店です。
■ 世界60カ国を旅したオーナー、東海林克範さんが「世界に通用する日本発のコーヒーブランドを作りたい」という思いで京都にフラッグシップストアを開かれたそうです。
以下、プレスリリースからまんま引きますと、
************************************************************

●ハワイのコナにコーヒー農園を所有し、
●世界中のスペシャルティコーヒーを貿易し、
●世界最高峰のエスプレッソマシン「スレイヤー」の日本・香港代理店を務め、
●日本製焙煎機「トルネードキング」の海外輸出元も務める。
************************************************************
ということです。
Img_1963 ■ 店長はラテアートコンクールで世界チャンピオンにもなられたという山口淳一さん。京都出身です。
Img_1966 Img_1968 ■ ちょっとした手加減で、あっという間に模様を描かれました。へーすごいと見入るばかりです。
0 ■ なるほど違う模様です。ふわ~。(わたしはこの世界、今までほとんど知らずにきました。) 細かくなめらかな泡立ちで、舌触り優しいカフェラッテでした。
■ カフェじたいの味見もさせていただいて、酸味控えめで香りが圧倒的にいい「アラビカ」、おいしいなーと思いながら味わいました。
01 ■ メニューはこんなです。パンなども追々、置かれるそうです。
「% ARABICA (アラビカ)京都店」
京都市東山区星野町 87-5
(八坂通 東大路東入ル北側。八坂の塔を目指して上る急勾配の道です。)
7:00~18:00 不定休

10席ほどのカウンターあり
2014年9月6日開店

************************************************************
■ 今日の本は・・・
10_2
「泣いたの、バレた?」 酒井順子 講談社
毎年出る、週刊誌の連載を集めたもの。わたしはいつも本にまとまってから読んでます。まだ電子版は出ておらず、紙の本です。今年もおもしろかったー\(^o^)/\(^o^)/
特に、p205の「泣く女」、p215の「モテ男が遺すもの」がサイコー\(^o^)/\(^o^)/
そして「泣く女」は最後の「あとがき」にまで話が続いており、本書全体のタイトルとも響き合っているというわけです。
いつもながら、全編、上手に言うなあ、うまいこと書くなあ☆☆☆の連続でした。
************************************************************
(2014-09-06)

2014年9月 6日, dans 京都 カフェ |