◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「天ぷら割烹なかじん」鮎や地鶏の天ぷらと、はり麦\(^o^)/ | トップページ | ■ 9月1日開店、イノダコーヒのケーキ工房「ケテル」 »

2014年8月30日 (土)

■ 新しい割烹、「祇園もりわき」


■ 全国100万人の読者の皆さま、本日は新店お知らせのエリーでございます。祇園に8月28日オープンした割烹「祇園もりわき」さんのご紹介です。

1 ■ 祇園南側、祇園ホテル・・・って今は言わない、アパホテルの南側です。店頭にお花があふれていますからすぐにわかります。
3 ■ 中はこんな。さくら材のカウンターで6席。ご主人・森脇 努さんです。
4 ■ 奥側から見たらこんな。
5 ■ 奥にテーブル1卓、4席です。
森脇 努さんは京都ホテル「入舟」出身、「京柿」や「祇園おかだ」さんなどでみっちり修業を積まれて独立されました。
■ こんな場所なのに、お値段控えめなのが偉いと思います。
昼3500円(税別、サなし)、夜7000円、10000円(税サ別)。
まずはお昼の3500円のコースをいただきました。
カリテプリ=コストパフォーマンスがいいお店だと思いました。
量もほどよく、お腹いっぱいになり過ぎないのもいいと思いました。
だって京都にいらした方は必ず、あちこちの甘味屋さんやパティスリを巡ったりするものだから。
奥さまとふたりでのお仕事ですが、おふたりとも感じがよく、リラックスできることも言っておきたいと思います。
**********************************
■ さてお料理ですが、いただいた3500円(+税)のコースです。
11 ●まず玄米スープひと口で喉をうるおして、
12 ●鱧、ずいき 梅肉煮凝り、天草のうに
13 ●お椀はきす、白とうもろこし饅頭(といってもふるふるの豆腐の食感)、紫いんげん。
吸い地とてもおいしかったです。
14 ●めいち鯛の昆布締め
15 ●鰻の飯蒸し
16 ●賀茂茄子と小芋 菱蟹のあんかけ
17 ●二八の蕎麦 石臼で粉を碾くところから全て自家製の手打ち。蕎麦粉は今は北海道のものとのこと。
18_2 ●塩とつゆと両方でいただきます。蕎麦が定番の締めになるということです。
19 ●鯖寿司は、お腹のふくれ具合を聞いてくださってからの提供です。せっかくなので味わってみたくて、一緒に行った人と一かんを半分こにしてもらいました。
20 ●いちじくの赤ワイン煮のシャーベットと梨。

************************************************************
「祇園もりわき」
電話 075-525-1030
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-177
12:00~13:30LO・15:00閉店、18:00~20:00LO・22:00閉店
不定休
カウンター6席、テーブル1卓4席 全席禁煙
要予約
2014年8月28日開店
************************************************************
(2014-08-30)
************************************************************
■ 今日は「売ります」のコーナー
1_3
わたしのネクサス7(2012年の最初の型で、2012年10月購入)、どなたか要りませんか?
これです。
だいぶ使いましたが、それでも新品みたいにきれいです。外箱もきれいな状態であります。京都市内など、受け渡しを簡単にできる方希望です。メールくださいませ。フェイスブックのメッセージが簡単です。
https://www.facebook.com/eridosu.sekiyaeri
今かなりいそがし~状態なので、すぐお返事できないかもしれませんが、
必ず拝見します<(_ _)><(_ _)>
★追記  売れましたー!
************************************************************

2014年8月 30日, dans 京都 和食14後半 |