◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 藤森の「桃李園」の鶏粥 | トップページ | ■ 妙心寺 退蔵院 松山大耕さん 初の著書 »

2014年7月25日 (金)

■ 祇園祭の後祭 巡行見てきました


■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日24日、後祭の巡行を見てきたエリーでございます。先祭よりさらっとしていてよかったですー! 順番にいきます。

0_2 ■ 開始は9:30、御池の烏丸あたりスタートで、先祭とは逆回し。これは9時半過ぎの御池通、柳馬場あたりなのですが、まだ道の真ん中で写真を撮れました。(撮っている人多数。それも報道関係者などではなく、ふつうの人たち。)先頭の橋弁慶山、2番目の北観音山、次に八幡山・・・と、待機しているのが見えました。この後わたしが向かったのは涼しいところで、
1京都ホテルオークラ に移動してきました。これは一基めの橋弁慶山。後祭の、くじ取らずで必ず一番だそうです。
2 ■ そして2番目北観音山。
3 ■ ゴージャスできれいな北観音山、1353年創建だそうです。
4 ■ 何度かに分けての辻回し。四条方向に向かってああよかったーとほっとします。
5 ■ 後祭は全部で10基の巡行、さらに大きな鉾よりは小さな山の方が多いので、進行も早かった。最後尾の大船鉾が河原町御池に着いたのは10:48頃です。
6■ 約150年ぶりの再興おめでとうございます\(^o^)/\(^o^)/ 大きなものです。車輪が、男の人の背丈かそれより高いくらいなのです。
7 ■ 辻回しも大きな鉾と同様、3度にわたって回して南向きになりました。多くの人が拍手してました。河原町通を、後姿を見せて下がっていく、いつもと逆方向なのは何かヘンな感じだったけれど、まあこれが本来の形だそうだから、49年ぶりという記念の年の祇園祭をつぶさに見られたことに感謝です<(_ _)><(_ _)>
8 ■ さらに、初めて花傘巡行をきちんと見ました。鷺踊り。今まで、たまたま四条で行きあってのでちょっと眺めた、などでした。こんなかわいい雅な巡行だったとは。
■ そして夜は還幸祭でした。ほいっとほいっとの声を近くに聞きながら、ごめん、わたしは南下して食事に出かけて、24日は暮れました・・・<(_ _)><(_ _)>
■ 華麗な祇園祭を支えているすべての方々に敬意の気持ちと共に感謝したいといつも思います。美しいものを大事に保っていこうという姿勢に頭が下がります。
町ごとひと月お祭になってしまうのが本当にすごいです。
************************************************************
■ 今日の本コーナーは・・・
41o6nrt0e2l_aa278_pikin4bottomright
これから読みます・・・
新潮文庫 20世紀の100冊 関川夏央 新潮選書
夏休みの、「新潮文庫の100冊」 好きだったなあ~~ 
************************************************************
(2014-07-25)

2014年7月 25日, dans 京都 イヴェント |