◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 本日オープン、「蕎麦 ろうじな」よかったー\(^o^)/ | トップページ | ■ フランス続きでガレット@「ブレッツカフェ」 »

2014年6月28日 (土)

■ 「祇園にしむら」 2014年6月のコース


■ 全国100万人の読者の皆さま、コンスタントに食べに出かけているエリーでございます。いろいろ食べても必ずここへ来るよー♪ の「祇園にしむら」さんの、6月のコースです。
1 ●胡麻豆腐
2 ●鱧とにゅうめん、錦糸玉子のお椀
3 ●鯛と剣先いか
4 ●鯖寿司
5八寸は、
●じゅんさい/ほたてのもずく和え/枝豆、丸十/稚鮎天ぷら、とうもろこしかき揚げ、からすみ/ずいきのとろろ和え、海苔
6 八寸真俯瞰です。
7 ●すずきのけんちん蒸し 甘辛いたれ
中は、
8 にんじん、どんこ椎茸、ごぼう、きぬさや、炒り豆腐 卵とじ
9 ●焼き茄子ととうがんの焚き合せ 帆立、車海老、茗荷、マッシュルーム あんかけ ふり柚子
10 ●牛丼
11 ●赤出しと香の物
12 ●山形の佐藤錦
■ 今月もよかったー<(_ _)><(_ _)> 鱧のお椀がとりわけ好きでした。それから八寸の稚鮎の天ぷら。ご飯の前の、焼き茄子ととうがんの焚き合せもこの上なく優美な口当たり、深い味でした。安心安定の美味。ほんとーにおいしかったー。
20 ■ お軸の絵は堂本印象。祇園祭のお稚児さんを描いたもの。粋でした。
来月もまた伺いますー♪
祇園にしむら
************************************************************
■ 今日も本のコーナー♪ 
99
脳内フランス祭で、こんなん買っちゃったー\(^o^)/\(^o^)/
今後の人生、「できるだけ本は電子で」 と思っているのに紙の本。紙しかないんだもの。
大好きかっしー=鹿島茂先生の本、これはヴィジュアル本です。
美しいパリのパサージュの写真。歴史も勉強できます。見飽きないです。
あーたまらない(T_T)(T_T)
パリのパサージュ―過ぎ去った夢の痕跡 (コロナ・ブックス) [単行本]

■ 同時に読んでいるのがこちら。
100_2
畑中三応子さんの新刊で、
体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか」(ベスト新書) [新書]
この前までいいと言われていたものが、ある日突然悪い食べ物とされてバッシングされる。何を信じればいいのかー? というテーマ。おもしろいです。
同じ著者の、前の本もわたし熱中して読んだのよ。

101_2
ファッションフード、あります。―はやりの食べ物クロニクル1970-2010[単行本]
ほんとそうだったそうだったー! と懐かしい思いでいっぱいになります。
よくこれだけ調べられたなあと尊敬。<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2014-06-28)

2014年6月 28日, dans 京都 和食14前半, 京都 祇園にしむら |