◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 新刊 出ました! 初めての電子書籍です<(_ _)><(_ _)> | トップページ | ■ 筍のカリー@「ナヤ インディア ヌール」 »

2014年4月19日 (土)

■ 「ル キャトーズィエム」でフィレ肉とイチボ肉


1 ■ 週末これをいただきましたのその1。またしても出かけた「le14e 、ル キャトーズィエム」で、まずプレゼンされたのがこれでした。山形牛フィレ肉340gと、北海道十勝ハーブ牛のイチボ肉290g。

2 ■ 赤身つやつや、熟成している感じ。見るからにおいしそう。「絶対に赤身肉を~」とお願いしておいたのです。これらを3人でいただきました。
3 ■ わたしたちにプレゼンした肉を、パリの「LE SEVERO ル・セヴェロ」、修業先の店主、ウィリアムさんに見せる店主のシゲさん=茂野 眞さん。
4 ■ 「すごくいい肉ね、すばらしい」とウィリアムさん。
5 ■ 「ル・セヴェロ」スタッフのガエルさんとシゲさん。「シゲはフランス語を忘れていなくて偉い。肉もOK!」と褒めていたよ(^o^)(^o^)
6 ■ まずブラータからいただき、フィレ肉をわしわしといただき、これはイチボ肉の方。表面ガリガリ、塩気も効いて、噛むほどに肉の旨みがじゅわじゅわと広がり、旨過ぎ天国、圧倒的なおいしさだーー!
■ 肉の後はムースオショコラとカフェをいただいてご馳走さまでした。この店でいただいた肉の中でもこの日のイチボ肉のおいしさはまた格別だったと思います。
一緒にいただいた皆さんありがとうございました。<(_ _)><(_ _)>
Img_5196 ■ ちなみに昨年「ル・セヴェロ」を訪れた時の記事
そしてパリ14区のお店で、ウィリアムさん、ガエルさん、そしてシェフが昼の注文を出し終えて、(お客さんがまだいるのに)まかない食べ始めたところ~笑笑。(といっても、フランスでこの図は少しも珍しくないのです。)また行きますねー!
************************************************************
「le 14e (ル キャトーズィエム)」
電話 075-231-7009
〒602-0873
京都市上京区河原町通丸太町下ル西側(伊勢屋町393-3)
ボガンビル 2階
12:00~14:00、18:00~22:00LO・23:00閉店
(土日は16:00~23:00) 水曜、木曜休み
カウンター4席、テーブル6席 全席禁煙
2013年2月20日開店
************************************************************
(2014-04-19)
 

2014年4月 19日, dans 京都 肉 |