◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「SOU・SOU 在釜(ざいふ)」オープン | トップページ | ■ 「京都和久傳」 豆乳のお椀がすごかった »

2014年3月13日 (木)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「オステリア イル・カント・デル・マッジョ」


■ 朝日カルチャーセンター講座の3月は、「オステリア イル・カント・デル・マッジョ」さんにお願いしました。京都屈指の、本当にいいイタリア料理店です。
1 ●前菜
○ うさぎ、豚、鶏、牛の農園風テリーヌ 洋梨のモスタルダ添え
モスタルダとは果物や野菜の甘煮のこと。
○ ほうれん草のスフォルマート
中はほうれん草、菊芋、ベシャメルソース
○ サラダは、こぶ菜、水菜、わさび菜
2●ほうれん草のスフォルマートの断面はこんな。口に含むなり溢れ出す風味、チーズの濃厚な味、たまらん(T_T)(T_T)
3 ●ポタージュ
ひよこ豆とカーヴォロ・ネーロのポタージュ
カーヴォロ・ネーロとは、トスカーナ地方の野菜。結球しないキャベツ。
ポタージュには、アンチョヴィ、ローズマリー、ポルチーニ入り。
4 ●パスタ
1)タリオリーニと春野菜
ペコリーノトスカーナ、そら豆、三度豆、アスパラガス。
ハーブは、ローズマリー、セージ、タイム、イタリアンパセリ
5 2)洋梨のラヴィオリ ゴリゴンゾーラとクルミのソース
ラヴィオリの中には洋梨とリコッタチーズ。
6 ●メイン
1)鴨肉、鴨とセロリのロッキーニの煮込み
鴨肉と、ロッキーニ(鴨肉とセロリと卵とチーズのつくねを揚げたもの)の煮込み。
7後ろから。鴨肉に隠れてロッキーニ=おだんご2個。
9 2)ルッコラを添えたタリアータ
いつものビステッカです。焼いている時から強烈に香ってきました。
シンプル塩味/ルッコラ+バルサミコ味で、ひと切れずつ。上が塩味の方。
10 こちらがルッコラ+バルサミコ。
11●切ったところ。歯ざわり柔らかく、しかし旨さが口の中でじゅわああ~~~と広がりました。どうするこれ?と思うもうれつなおいしさ。この牛肉、熟成50日と伺いました。
8 ■ 焼く前の牛肉をプレゼンしてくださった店主の田村 崇さん。肉は熟成されて、ぎゅーっとと味が凝縮されたのでしょうか。濃い濃い赤色でした。
12 ●ドルチェ
イチゴとレチョート入りのザバイオーネのグラティナート
レチョートとは発泡性の甘いワイン。グラティナートとはグラティネ=グラタン=焼いてあるのです。
13 さらっとしていて、アルコールも強く感じさせてメロメロになる美味。すごく大人の味でした。
この後カフェをいただいて、終わりました。
■ 何もかもが、理想的に味が決まっていたと思います。前菜からメインの鴨料理まで、チーズをうまく使われていました。同時に野菜の色や香りも際立っていました。うおーっと、叫びたいほど旨かったです。(T_T)(T_T) 
シェフの田村 崇さん、マダムの彩さんありがとうございました。技のある、本当に大人の料理を楽しむことができました。お昼に開いていただいたことも感謝いたします。
そして参加してくださった皆さまにも御礼申し上げます。<(_ _)><(_ _)>
オステリア イル・カント・デル・マッジョ
電話 075-211-7768
京都市中京区堺町通蛸薬師下ル西側(菊屋町512-2)
18:00~22:00
木曜休み(祝日の場合は営業)
2011年4月27日開店
************************************************************
(2014-03-13) 

2014年3月 13日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 イタリアン2014~ |