◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「美碧」で冬らしいメニュー | トップページ | ■ COCON の中のレストラン 「K620 」へ »

2014年2月19日 (水)

■ ステファン・パンテルの独立店「Ryoriya Stephan Pantel」


1 ■ すてきな日本家屋です・・・お庭の向こうに一軒屋・・・
2 ■ あ、ガイジンがいたぞw
3 ■ 誰だこのガイジン、まるで日本人のように名刺を出します・・・
4 ■ 顔上げたら・・・うひひと笑っているのは、ステファンでしたーー!!!!!
Stephan Pantel ステファン・パンテル、以前「Kezako ケザコ」のシェフだったステファンの、独立店が22日(土曜)、とうとうオープンするのです。おめでとうおめでとう\(^o^)/\(^o^)/
5 ■ 開店準備中の店内を見せてもらいました。9席のカウンターに、
6 ■ 6席のテーブル(4席+2席にもなります)のお部屋は、ドアで仕切って個室にもなります。
7 ■ 表側に、4席のテーブルが2卓。土壁も美しく、家具も調度品も、すごく趣味がいいです。ほんとおめでとう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
8 ■ 器類も拝見・・・ 黄金に輝くもの多数あり。料理がきらーっと見えることでしょう♪
9 ■ 大半が特注品ということ・・・磁器で華麗なのもあれば焼き物もあり、お料理をいただくのが楽しみです。
10 ■ ステファンの日本語というか関西弁はあまりに上手。「まいど」とか「おおきに」とか、タイミングもぴたーっと決まって、ひたすらおもしろくて勢いにのまれます(^o^)(^o^) でもお店作りに関しては細部まで選び抜いたことがよくわかります。土壁が作る全体のトーンはシックで、しかしところどころ、ぽーんとアクセントになる色があって、いいリズムだと思いました。それと椅子の座り心地がとてつもなくよかった・・・あれは立ちあがれなくなります・・・「一品料理屋ステファン」をやってもはやるだろうなあ・・・でも緻密に構築された料理の連なりがこの人の売りだしなあ。
■ お料理はコースのみで、昼5000円(+税)、夜10000円(+税)。
わたしも予約しました~。ものすごく楽しみです。<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
「Ryoriya Stephan Pantel」 りょうりや ステファン パンテル
電話 075-204-4311
〒604-0974
京都市中京区柳馬場通丸太町下ル西側(★丸太町通より3軒下ル)
12:00~13:30LO・15:00閉店、18:00~20:30LO・22:00閉店
毎週水曜と、第2・第4火曜休み
全席禁煙
2014年2月22日開店
stephanpantel.com
************************************************************
(2014-02-19)

2014年2月 19日, dans 京都 フレンチ 2014~ |