◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 最近のあれこれ、あちこち | トップページ | ■ 「京 静華」で完璧に美味だったコース »

2014年1月24日 (金)

■ 2月にオープン、「ザ・リッツ・カールトン京都」の内覧会へ


1 ■ 24日午後は、「ザ・リッツ・カールトン京都」の記者発表会と内覧会に伺いました。とても楽しみにしていました。二条大橋畔、以前ホテルフジタがあった跡地に、新たに建ったホテルです。
■ 世界で86番目、日本で4軒目のリッツだということ。オープンは2月7日。すでに客室もレストランも予約受付開始しているということです。
**********************************
■ 内覧会では、宴会場、レストラン、ブライダルサロン、ロビーラウンジ、客室、スパと見学可能でした。わたしはやっぱり何より日本料理をまず見せていただきたく、記者発表後はどこより先に、日本料理の「水暉(みずき)」に伺いました。
2 ■ こんなです。華やかな雰囲気で、広々とパースペクティヴもあります。会席、寿司、天ぷら、鉄板焼きの4部門がありますが、特に仕切りはありません。(けれど個室はあります。)
3 ■ 輪島塗のカウンターが美しい寿司コーナー。江戸前をいただけるそうです。お寿司部門の料理長さんの技の一端を見せていただきました。意表を突く美しさ・・・実際にいただくのが楽しみです。(この日は試食はありませんでした。) そして、ホテルフジタ時代を知る人には懐かしい、この水の流れ。最大限生かした、石も足して美しく作り直したということでした。
4 ■ いい季節なら水辺に作られたテラスに出て食事もできるということ。気持ちいいだろうなあ。でもここ、蚊に刺されるますよ注意ですよ(^o^)(^o^)
■ オープン前のプレス向け試食会などはないということで、開業を待つしかありません。早く食事をいただきたくてしょうがないので、この場で予約をお願いしてきました。まずは会席料理から。でも一度で済まないです、お寿司も天ぷらも鉄板も行きたい・・・それぞれの料理長さんが個性鮮やかで、すごく楽しみだなあと思いました。知った顔もあったけれど、初めてお目にかかった方もたくさんいらして、いやもう、この優美な館内で、どんな美味を今後楽しめるのか、本当に期待大です。
**********************************
11 12 ■ ロビーラウンジはこんなです。ゆったり優美、町家建築の暗さと明るさを意識したということで、自然光も入りますが陰影礼賛的なインテリア。ライブラリーでもあり、ティーラウンジでもあります。お菓子はピエール・エルメさんのものがいただけるということで、これも楽しみですね。エルメさんのパティスリ販売コーナーもありました。
■ いやー、こんな美しい、細部まで意匠を凝らされたホテルができたというのがうれしいことです。はっきりと富裕層をターゲットにしています。世界中の裕福な方々、いいものがわかる方々、京都にいらしてください・・・わたしもいずれフランス人(やフランス語圏の方)をアテンドしてお料理さんへお連れしたりしたいものだと思います。
■ 「京都ブライトンホテル」にいたあけ~み=小山明美もこちらに移って来ていて、涙の再会!!(ウソ。(^o^)(^o^)) チーフコンシエルジュとして後輩の指導に当たっていました。ブライトンからもうひとり、よくできる部下が一緒に来ていますから、コンシエルジュ部門に関してはもう磐石の態勢ですね。
■ 今後しばらく強烈に話題になって、お席や客室を取るのも大変になるでしょう・・・行きたい人は予約早めにしてくださーい!
「ザ・リッツ・カールトン京都」
電話 075-746-5555
京都市中京区鴨川二条大橋畔
(二条大橋西詰め北側)
2014年2月7日開業

http://www.ritzcarlton-kyoto.jp/
************************************************************
(2014-01-24)

2014年1月 24日, dans 京都 ホテル |