◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 朝日カルチャーセンター講座@「洛陽荘」 | トップページ | ■ 「京あるき in 東京 2014」 »

2013年12月19日 (木)

■ 久しぶりに「れんらく船」に乗船!!!


「れんらく船」です。船の中で、正確には船内のように造られたインテリアの中で、びっくりするほどおいしい近江牛をいただくレストランです。(2010年5月の初出記事)。ご無沙汰していたし、来年また集まりでお世話になるしで、とにかく一度行かねばなりません。4人で集合、ひたすら牛肉をいただきました。
1 ■ 供された順(=食べたかった順)に、まずはスペシャリテの牛肉からあげ。これが、他にない味です。A5フィレ肉じたいの溢れ出すようなおいしさに、独自の食感の衣、塩気も効いていて、圧倒的に旨いー!!! ひとり3切れで合計12切れ。300gで16000円です。
2 ■ サーロインのたたき。240g、12000円。上から1枚ずつはがして食べて、ひとり3~4枚いただけました。
3 ■ フィレ肉炙り。これは150g。2皿取って300g、16000円。
これらの肉のお皿には大根おろし+醤油や、ホースラディッシュおろし+醤油が添えられました。
4 ■ じゃがいも+バターもいただきました。
■ 最後に抹茶アイスクリームとカフェをいただきました。あ、最初にサラダもあったですねー。あとは、「草食男子」と自分で言っているポーラパパにまかせますー(^o^)(^o^)
■ いやもう強烈においしかった、「これぞあじわいのむさぼりー! ( (c)聖徳太子)」と言いながら、牛肉のおいしさを堪能しました。三条木屋町にいながら、どこかとーくへ行ってきたような感じです。思い出しても牛肉のじゅわじゅわ旨かったこと・・・うっとり陶然としてしまいます。
熱狂的なファン、常連客がいるお店という感じです。
来年また伺うのが楽しみです。
************************************************************
「れんらく船」 電話 075-241-4358
京都市中京区三条通木屋町東入ル南側(中島町105)
タカセビル地下1階

17:00~21:00くらいLO・21:30には必ず閉店
(お出かけになる方は確かめてください<(_ _)>)

不定休
1970年3月開店
************************************************************
(2013-12-19)

2013年12月 19日, dans 京都 肉 |