◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 栗あんのお菓子@「嘉木」 | トップページ | ■ 入稿できた/栗入りのぜんざい@「甘楽 花子」 »

2013年10月30日 (水)

■ あり得なーい! 630円で鴨のコンフィ@「リプトン三条本店」


3 ■ フランス産鴨肉のコンフィ、うまうまっ、これがなんと630円!!!@「リプトン三条本店」です。興奮してしまいました。あり得ない。タパスシリーズという中のひとつなのですが。びっくりした\(゜o゜)/\(゜o゜)/
■ そもそも、洋食よ洋食の気持ちで、これを食べようと飛んで行ったわけです。鶏肉のローズマリー風味。すんごくおいしかったので。そうしたらタパスシリーズというのができていて、鴨のローストなんてあって・・・頼まずにいられようか?(いいやいられはしまい。)ローストといっているけれど実は鴨コン、しかしコンフィではわかりにくかろうと、ローストという名前にしているのですって。
0 ■ まずはペリエを飲みながら・・・
1 ■ いただいた順番にいきます。同じ630円シリーズで、城陽のいちじくとパルマの生ハム、フロマージュブラン!!
2 ■ 秋刀魚と秋茄子のオーヴン焼きも~♪
4 ■ そして冒頭の鴨コンフィ、正確には「フランス産鴨のロースト」。赤ワイン飲まずにいられようか?(いいやいられは・・・)
この赤ワインも、グラス600円ですがイタリアのそこそこ以上にいいものでした・・・
■ これはしばらくやっているフェア料理だそうですが、ほんとまぢでおいしかったです。
どうにもこうにも、お店は若年層向けティーハウスの雰囲気だけど、この本気の料理、大人が食べてじゅうぶんにおいしいもので、今回もともっち=料理長の友近陽介さんよくやるなあと思いました。店長のシマガエル=島野雄介さんも「すごいでしょ? ウヒヒ♪」 と笑っていたよ。もしシェフがいない日でもこの味で、一定でいけるようになっているんだって。
■ 次はソーセージとクスクスかなあ~ キッシュかなあ~ また伺います!
あ、これは終日メニューではなくて、17:30~ということでした。
************************************************************
(2013-10-30)

2013年10月 30日, dans 京都 洋食 |