◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 長岡天満宮で霧島つつじ/洛中あちこち/仰天の一角獣 | トップページ | ■ カレーでも、今だけの筍\(^o^)/ »

2013年4月28日 (日)

■ 長岡天満宮の「錦水亭」筍づくしとは?


1 ■ さて、長岡天満宮にある「錦水亭」(きんすいてい)の「たけのこづくしのコース」とは? 12000円(税サ別)で、水物以外すべて筍で構成されていました。この中でとりわけ感動したのは4品です。
●木の芽あえ/●のこ(たけのこ)造り/●登録商標 じきたけ/●焼竹 
もしコース中から何でも選んでまたいただけるとしたら間違いなくこれらです。
2 ■ とりわけとりわけ、圧倒的だったのはこの登録商標 じきたけ。じきたけとは時季だけにいただける炊いた筍のことで、これはまず大きさに目を剥きました。子供の顔くらい大きさがあるっていえばわかるかしらん。厚さもしっかりあります。大口を開けていただくという感じで。そしてこんなに大きなものなのに、歯がすんなり入っていく柔らかさなのです。心地いい噛みごたえにいたく感動・・・無我夢中という感じでかぶりついて食べ進みました。味がしっかりしみていて、けれど実にほどよくて、こんなにこんなに筍はおいしいものなのだと思いつついただきました。これのためにこのコースがあるのだという感じ。筍料理といえば、今後の人生ずっとこれを思い出すだろうと思います。
3 ■ HPに詳しい説明もあってよかったです。これを手元のタブレットで確認しながらコースをいただきました。なんて便利なこと♪ 
筍の季節のみのコースを、夢のような景観の中でいただき、非常にいい食体験をいたしました<(_ _)><(_ _)>
セッティングしてくださった長岡京のお姉さまに感謝<(_ _)>
一緒にいただいた皆さまにも感謝です<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2013-04-28)

2013年4月 28日, dans 京都 和食13前半 |