◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「竹屋町 三多」貸切で夜コース | トップページ | ■ 長岡天満宮の「錦水亭」筍づくしとは? »

2013年4月27日 (土)

■ 長岡天満宮で霧島つつじ/洛中あちこち/仰天の一角獣


Img_2290 ■ 花粉症がぶり返したのか風邪なんかもわからず、久しぶりにどうなったのか? というほど体調激悪だった2,3日を乗り越えて復活、予定通り長岡天満宮へ。マッカな霧島つつじが夢のようにきれいでした。

Img_2296■ 霧島つつじで埋め尽くされたマッカなトンネルを歩きました。両側がこんな風に霧島つつじの壁状態なのです。理想的な色の世界。日本中のあらゆるつつじは、この霧島つつじを見習うべしと思う。今後白やピンクのつつじは禁止したいww 
Img_2305 ■ 長岡京市のあるお姉さまの企画で、東京からいらしたお客さまも共に筍尽くしコース@「錦水亭」。実はわたしはこちらで筍コースをいただくのは初めてでした。(昔、四条烏丸の地下に支店があった頃に行ってみただけ。)藤も咲き始めて香り立っていました。
Img_2313 ■ 一軒一軒、離れのお座敷が連なっていて、こんな風なアプローチなのです。いたるところ霧島つつじで彩られて、燃え立つような色合いでした。
筍コースのご紹介は次の記事で<(_ _)>
10名以上の宴席でした。すごく楽しかった・・・皆さまに感謝<(_ _)> 本当につつじ満開のジャストタイミングでセッティングされてすばらしい食事でした。感謝たくさんです。
************************************************************
■ 週半ばに出かけたところ・・・3度目の訪問の「ラ ファミーユ モリナガ」さん、わたし激はまりにはまりました。食感、温度、食材の組み合わせ、塩加減、色、味、すべてがばしっと来る。味と料理は好きだけど器がどうしても趣味に合わんとか、そういうこともありません。コースの内容は改めて<(_ _)>
■ そして絶対安心、帰り着くところは・・・という感じで「祇園にしむら」さん。2階お座敷で3名で。コースの内容は改めて<(_ _)>
************************************************************
1 ■ あちこち巡る日々の中、本当によく遭遇する四つ葉タクシー、写真撮れたらラッキーです。このごろいちばんよく見るのが「1497」。ヨドバシカメラ前、烏丸通で。\(^o^)/\(^o^)/ (このところ、見つけても写真撮る間がないパターンが多かった。。)
************************************************************
Cluny ■ 仰天ショックだったのがこれです。6月に行くパリで、どこよりまず、ルーヴルより先にクリュニー中世美術館に行って、これに再会だー!と思っていたのに、パリに行くわたしより先に東京に来ていると知って仰天しました。「芸術新潮」見て、ぎあああと。国立新美術館で4月24日(水)~7月25日(月)だって。こんなことってあるのか。(-_-;)(-_-;)
■ ではこれ見るためには、東京へ行くかな。でも次、オーザカ(=大阪)に来るともありますね。その間フランスでは工事中ね。
(以下、クリュニー中世美術館のHPから引用)
************************************************************
Projet «Dame à la licorne»
Le musée prend soin de ses collections
La salle de la Dame à la Licorne fait peau neuve: à partir d’avril 2013 débutent au musée
de Cluny des travaux destinés à offrir un nouvel écrin à la célèbre tenture.
Second volet d’une importante opération de conservation-restauration entreprise en
2012, cette rénovation donne lieu, pendant sa durée, à une exposition «hors les murs» au
National Art Center de Tokyo, puis au National Museum of Art d’Osaka. Les tapisseries
seront visibles à la fin de l’année 2013 dans leur nouvelle présentation, conçue pour en
favoriser la préservation et l’appréciation.
************************************************************
(2013-04-27)

2013年4月 27日, dans 京都 花★あれこれ話 2013~ |