◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 門川市長に献本いたしました<(_ _)> | トップページ | ■ 春らしさもたっぷり、「御幸町つばき」のお料理  »

2013年3月20日 (水)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「ラ・リサータ」


4_3 ■ 3月の朝日カルチャーセンター講座を、ホテルグランヴィア京都のラ・リサータさんにお願いしました。通常営業もしながら奥のスペースでわたしたちのコースを、ぽんぽんといいタイミングで出してくださって感謝。とてもあたたかみのあるお料理でした。
************************************************************
1_5●付き出し ほたるいかとポロねぎ
バーニャカウダソースは生姜が香り、和食の付き出しみたいでした。
2_4●前菜 季節の魚のカルパッチョ
野菜の下に隠れている魚は・・・
3_2●高知の「おぼそ」という魚ですごく稀少なものです。かつおの種類なのですが、味が深い、口当たり非常になめらか、香りもよいです。入手が難しいらしく、この日のために前々から注文していてくれたそうです。
4_2 ●前菜2 但馬味鶏のソパコアダ
グラタンスープといった風情、四角くまとめた鶏肉がほろほろとくずれる。シナモンの香りも。
これは一度以前いただいて感動して、ぜひにと入れていただいたお皿です。
5_2●パスタ1 グラニャーノ産スパゲッティ 春の魚介と椎茸 にんにくのコンフィのソース和え
スパゲッティ発祥の地の乾麺。ちりめんじゃこ、みる貝、燻製かじきまぐろに風味のいい椎茸。ほのかのにんにくの香り
6_2●パスタ2 手延べパスタ ピーチ トマトとゴルゴンゾーラのコンディメント
手で1本1本伸ばして作ってくれたというパスタ。口当たりまろやか。もちもち。
7_3●メイン料理 ビュルゴー家のシャラン鴨胸肉の軽い燻製ロースト
黄蕪のブレア(ピュレ)と。燻製香がたまらない鴨肉ロースト。ふた切れ盛られて、すごくたっぷりでした。
8_2●締めのスープ 愛情たっぷりのミネストローネ
じゃがいも、さつまいも、金時豆、にんじん、キャベツ、トマト、かぼちゃ、セロリ・・・など10種類の野菜と水だけで作ったミネストローネ。(ブイヨンっ気はなし。)特にお願いしたものです。とろとろ状態。いたわられるように優しい味。これを毎日いただけたらなあと思う。
9_2●ほうじ茶の香るクレマコッタ
クレームブリュレのほうじ茶クリーム版といった感じ。すごくほうじ茶が香りました。
10_2●最後はハーブティをいただきました。添えられたはちみつまでおいしかった。。(^o^)(^o^)
■ 丁寧に作ってくださったことがよくわかって、なごめるイタリアンのコースでした。シェフののろっち、頼もしいです。
11_2 ■ そののろっち=野呂和美さんと、久しぶりに会ったたっちゃん=石田達也さんですー!たっちゃんは異動してからあまり会えなくなっちゃったのですが、この日会いに来てくれてうれしかったです。(昔こんなカラミ写真も撮りましたねー うぷぷ♪)
ホテルグランヴィア京都ラ・リサータ
************************************************************
(2013-03-20)

2013年3月 20日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 イタリアン2013~ |