◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「ピッツェリア マリータ」で軽やかなピッツァ | トップページ | ■ 「鍵善良房」の「ZEN CAFE」 »

2013年2月14日 (木)

■ 完璧においしかった、「Reine des pres(レーヌ デ プレ)」


00■ 最近大感動、というほどよかったフランス料理の「Reine des pres(レーヌ デ プレ)」です。シェフは中原文隆さん・・・かつて京都ブライトンホテルに「ヴィ・ザ・ヴィ」というフランス料理の名店があった頃、そこでみっちり修業を積まれた方です。一時、大丸裏、錦小路に「カノン&ジーク」というお店をしていらした時もありました。(本サイト内にも記事があるはず。)今回新しくオープンされたのが昨年の11月26日。すごく気になりつつ、伺うのが大変遅くなりました。<(_ _)><(_ _)>
■ とりあえず鴨肉のメイン皿です。この野菜たっぷりぶりもすごかった。ひとつひとつが味が深くて明確で、ごぼうもお芋も赤かぶも、目ざましくおいしかった。そして鴨のしっとりやわらかで、完璧だったこと。うるうるしました。(T_T)(T_T)
■ 他、魚のお皿(鯛)やら、オマール海老のお皿も、こんな口あたりあるか?というような、精緻な火の入り方で、ただもう食感とおいしさに集中していただきました。
■ 夜が11000円、昼は5500円。夜に、ワイン1杯とペリエもいただき、13200円でした。すごいお値打ち\(゜o゜)/\(゜o゜)/ 大丸裏の時は、なんだか箱とお料理がいまひとつ合っていなかったのですが、今回、お店の大きさもほどよく(テーブル10席)、いやもう、席が取れるうちにわたしまた伺います。これほど完璧のぺき子ちゃん状態でおいしかったのはすごいことで、思い出してもうっとり。中原さん思う存分できるようになったんだろうなと思いました。それから、サーヴィスも元ブライトン「ひもろぎ」にいた方がいらして、とても自然で温かいもてなしをしてくださいました。よかったー\(^o^)/\(^o^)/
**********************************
「Reine des pres(レーヌ デ プレ)」
電話 075-223-2337
〒602-0872
京都市上京区中町通(河原町より2筋東のタテの通り)丸太町下ル西側
(駒之町537-1)
11:30~13:30LO、18:00~20:00LO 水曜休み
テーブル10席 全席禁煙
2012年11月26日開店
**********************************

(2013-02-14)

2013年2月 14日, dans 京都 フレンチ 2013~ |