◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 春の始まり@「祇園にしむら」 | トップページ | ■ リニューアルされた「レストランまどい」 »

2013年2月20日 (水)

■ キンドルがすごくいいです!


(以下、いつもの食べものの話ではなく、電子書籍リーダー、キンドル kindleの話です。長いです。興味ない人は飛ばしてくださいませ。)
1_3■ わたしアマゾンの人ではないのだけど、先日購入に至ったこれ、キンドルのpaperwhite の3G仕様がすごくいいので、買うに至るまで、買ってから思ったことを、以下にまとめておきます。わたしにとっての初電子書籍、電子書籍元年の記念に。そもそも、ほんの1週間ほど前に、わが畏友であるイノマル=井上敬子(@inomalu)、文藝春秋の書籍編集者のツイートで、キンドルfor i Padを使ってみてよかったと書いてあったのが発端。それやーと思ったので、すぐにアンドロイド用アプリ(わたしはネクサス7を愛用)を入れてみて試して・・・結局すぐにキンドル専用機が欲しくなりました。
■ いろいろの思いは下に、twitterで述べたてたことを、ツイログの記録からまとめておいた通りなのですが、買ってみたら、
軽い、目も疲れない、本が買いやすい、検索もしやすい、いつものアマゾン画面で選べて劇的に楽!
といいこと尽くめだったのです。
白黒で、カラーでないのが初めは驚きましたが、文章を読む専用機と思えば全く問題なく、それより充電電池が長くもつことがすばらしいと思います。
わたしもできるだけ軽く持てるように、カヴァーの類はつけず、保護シールのみ貼って使うことにしました。
■ あまりキンドル好き好きといったら、書店さんには申し訳ないことで、(書店さんにもお世話になっていますから<(_ _)><(_ _)>)書店で買うこともやっぱりやめないようにと思うのですが、しかし・・・222gのキンドルは、本を持ち歩いているというよりは、書店ごと手のひらの上にあるという感じで、驚異的に便利です・・・
■ もちろんコンテンツ的にはまだまだこれから、と思うのですが、キンドル版がなければ、自分で本1冊スキャンするなりスキャン代行業者さんにお願いして電子版を作ればいいんで・・・これもわたしにとっては大きな変化の年になると思います。書棚をどどーっと片付けようという気になったからです。もちろん半分もできないと思うけれど(本の形のまま持っていたいものも多いから)、もう限界的に本や雑誌があふれていて。そして、2日ほど前から、雑誌も今後は電子版で買うことを考えようと思い始めました。
■ ただし、これ、マガストア は、ネクサス7は対応してないの。(-_-;)(-_-;) i Padや、i Padミニなら大丈夫だそうで、ではi Padも買わないといけないのかわたし??
((((;゚Д゚))))))) ((((;゚Д゚))))))) もうこれ以上増やすのはやめましょう。。。充電ものが多くて、コンセント足りません(*_*)(*_*)
■ まあ、あれこれ言いながら、デジタルガジェットと共にある人生というのがいいのだわ♪♪ 
(以下、キンドルについて初めて触れた2月13日から、買ってなじむまでの記録です。)
************************************************************
■ 2013年2月13日(水)
キンドル for Android が思ったよりずっと使いやすくて本の選択肢も他より多くて、いいなーと思っていくつかネクサス7 にダウンロード。ところがやっぱりキンドル専用機が欲しくなってきたわ・・・(-_-;)(-_-;)

■ 2013年2月14日(木)
昨日からキンドル専用機が欲しくなってしまっていかんです。いやいや、ネクサス7とキンドル両方持ち歩くのもナンセンスだろう。。
電子書籍の世界では、「家の本棚のどこかにあるのはわかっているのだけど、物理的にたどりつけない」というようなことがなくなりますね・・・
あるいは、見えているのだけど、あまりに本や雑誌の山が大きすぎて夜中に崩せないよーとか、そういうことがなくなる・・・
本を「自炊する」という言い方、わたしは全くなじめないし好きではないのですが、しかし端からデジタル化すれば本箱すっきりするだろう。しかし、それをやるヒマがないから、そのため専属という感じで人を雇わないといけないと思う。
それで仮に全部デジタリゼできたとして、でも紙の抜け殻を(背を切り落としていたとしても)、かんたーんに、ざばーっと捨てられるものだろうか? (いいや簡単には捨てられまい。)
じゃあ意味がないよねー(^o^)(^o^) いや、デジタルで検索ができて手元の端末で読めるという意味では、助かると思います。むうう。
などと考えながらもアマゾンで紙の本をまだポチってる・・・

■ 2013年2月15日(金)
ネクサス7上のキンドルがヘンと嘆く以上に、キンドル専用機のペーパーホワイト3Gがやっぱり要るんじゃないかなあ♪ と盛り上がってんの。アホだなあ(-_-;)(-_-;)
これよこれ♪ ものはこれ。すっきりしているし、あー欲しくなってきたなあ。困ったなあ。Kindle Paperwhite 3G → http://t.co/SXY0GY2l
これ買ったらまた充電するものが増えるなあ。しかし、8週間もつと書いてあるしなあ。8週間て、すごいと言えるのではないだろうか?(そうだすごいと言える。)
ここに詳細リポートがありましたー! → http://t.co/pw4039he
もう一度見ます、これです・・・もう買うしかない気持ちになってきたー → http://t.co/SXY0GY2l

■ 2013年2月16日(土)
キンドルについての結論:これ買うしかないわ・・・http://t.co/yWZB9vu6
なんでかというと、ネクサス7に、kindle for Androidをインストールして使ってみたのだけど、誤動作する上に、無料試し読み版をダウンロード後、これ買いましょう、となっても、「今すぐ購入する」をポチしてもキンドルトップページに行くばかりで、そのまま購入できない作り。
さらに、ネクサスの上では、本が溜まっても分類ということが今の時点では全然できないみたい。ヴァージョンアップしていけばできるようになるでしょうけれど。

で、今後の人生、電子書籍というものを導入するなら、このままネクサスでは無理なのは明らかで、それならやっぱり専用機が要るだろう。
いったんネクサス上のキンドルをアンインストールして再インストール、これでまた使えるようになったけれど、しかし、無料お試し版=つまりこれから読みたいリストを作っていたものがすべてなくなってしまいました。むう~
無料アプリ、キンドルforアンドロイドみたいなのは、つまりは、キンドル専用機に誘導するための(買わないとやっぱりしょうがないと思わせるための)ものなのかもね~。
わたしは紙の本大好きというか、紙の本で育ててもらったわけだけど、やっぱり今後の人生、電子書籍なしというわけにはいかんだろうと思う。しかし、キンドルペーパーホワイト3Gにしても、しばらくしたら4G出てくるだろうし、そっちが早くて便利となるだろう~~ まあそういうもんよね~。
ポチりました・・・→ http://t.co/yWZB9vu6
これも一緒に・・・ → http://t.co/956vLt8q
キンドル専用機、やっぱり買ってしまった・・・不可抗力だー(-_-;)(-_-;)

■ 2013年2月17日(日)
kindle届いたああああ。ポチってから24時間しないで届いた。箱開けて早いこと初期設定したいけれど、片付けるべき原稿仕事をやってしまってから。そんな大変じゃないので早くやります。
キンドルの初期設定は、設定というほどもなくあっけなく終わり、(自分のログイン画面から買うと、アカウントすでに入ってくる!)すぐにダウンロード・・・むうう、わかっていたけれど白黒なんですよね。今までネクサスで見ていたから、あわわと思いました。
何でもそうだけど、一長一短です。文字を読むものと思ったら、目は疲れないし、すごくいいけれど、とにかく白黒なので、料理の写真のあるような本は見てもしょうがない。。。ではカラーのキンドルFire欲しいかも? と一瞬思い、しかしネクサスと2台持つ意味はあるかー? となるわけ。(^o^)(^o^) とにかく文庫や新書や、文芸ものを読む専用と思えば、軽いしいいです。
1台ですべてOKとなればいいが、そうはいかんですねー。キンドル専用機をベースにして、カラーものはネクサスで読むとか、そういうことになるかしらん。また次世代キンドルFireが出たらネクサスと入れ替え考えることにもなるだろうなと思います。一生こうやっていくんだろうなあ。
こうやって常にハイテクもんに振り回されて~、というか、振り回っているのよね~(^o^)(^o^) 
しかしキンドルFireの決定的に足りないところは、地図が使えないということかしらん? スペック見る限り、GPSなしなのです。(間違ってたらごめんなさい)
でも、新書や文庫がどんどん机のまわりにかさばっていくことを思えば、ここに収まっていてくれればすごくいいです。あるのに、見えてるのに本の山が高すぎてじゃまくさくて手に取れないとか、ナンセンスなことがなくなります。
なんかすごい時代に生まれてきたと思います。生まれた時は携帯電話もPCもなかったわけで、本は絶対に紙製だったわけで。こうしてスマフォにせよカメラにせよ、プリンタでもスキャナでもいちいち新製品どうしようと悩み騒げるのも楽しいことで、退屈しない人生です。\(^o^)/\(^o^)/
しかし・・・キンドル、実に本が買いやすくできていて、ばかすかと買ってしまいます。これはいかんww 
そして、読みたい本のすべてが電子書籍になっているかといえば、そうでもないです。まだまだ。だからこれからの楽しみが多いとも言えるし、さらに、欲しい本は自分でスキャンして電子書籍にしちゃえばいいとも言えます。
わたしはスキャナは持っているけれど、断裁機はない。買おうかとすごく思案したこともあるけれど、場所がない、置く場所が。断裁だけとか、断裁とスキャンを業者さんにお願いもできるし・・・ちょっと何冊かやってみます。クラウドに上げておいて、ネクサスから読めるようにするのら!!

■ 2013年2月18日(月)
純粋に、文字の本を読むためなら、キンドルpaper white、ものすごく読みやすいです。さっきからずっと読んでいたのだけど、その本のどこまで来ているかを%で示してくれるし、軽い(222g)ので実際の本を手に持っているより楽かも。
多分、ベッドで横になって読むにも読みやすいんじゃないかと思います。読書量増えると思う・・・
さきほどからキンドルで2冊読み終えました。単行本(エッセイ)1冊、新書を1冊。いやまあすごいわ。やっぱり実際に体験してみないと何でもわからんことで、これはよくできている・・・というのが結論です。
PCと連動させるのが使いやすいです。ざーっと選ぶ時はPCで見ると早いしカラーなのがいい。そして読む段で、本の種類によっては、カラーで見られるネクサスとかi Padとかと併用で。いずれにしても今どき、みんな複数の端末持っているわけだからうまいこと組み合わせて。
あーよかった、時々、勢い込んで新しいガジェットもん買って、一瞬でダメだーとなることがあるのですが、これはわたしの人生に入ってきてくれました。
(初期設定後、使ってものの10分でダメだと分かったもの・・・あくまでわたしに関しては、ですが、ポメラや、名刺読み取り専用ミニミニスキャナなど。。。)
************************************************************
2_2■ ↑厚みはこんなです。薄さはこんなです、と言った方がいいのかな。
kindle paperwhite 3G
************************************************************
(2013-02-20)

2013年2月 20日, dans ★カメラ・電気製品・メカ話 |