◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「ジュメル29」わかりやすくおいしい\(^o^)/ | トップページ | ■ テイクアウトもの その11: 錦で2軒 »

2012年8月19日 (日)

■ 「シトロン シュクレ」で懐かしい味/写真ひっし


1■ 「シトロン サレ」がお惣菜やさんをやめてビストロになってしまって、そこで売られていたお菓子類もなくなってしまった・・・? いやいや、「シトロン シュクレ」で、塩キャラメルのロールケーキは引き継がれているのです。先日いただきました。この塩キャラメルクリームがわたし好きなのです。あーよかった。塩キャラメルのプリンの方は今はお休みだけど、そちらも再開するかしらん? 楽しみに待ちます。
■ 写真奥にあるロールケーキは巻き込んであるクリームが違うでしょう? 
2■ レモンクリームのロールケーキ、新発売のものでした。さわやかで、酸味も鮮やかなクリーム入りです。これもおいし♪ でもわたしは圧倒的に塩キャラメルの方が好きで、だからまた伺いますー♪ クレープのメニューも増えてました。(だいぶ前にこれおいしかった♪)また楽しみに伺います。
■ そうだレモンのブランマンジェもいただいたのですが、すごくおいしかったです。シトロン=レモンというテーマで、ほんとコンセプト明確なのがいいと思います。とっこちゃん=店主の山本稔子さん、ほっそりかわいいのに、すごいです。
■ 新しいカメラCanon EOS 5D Mark III で撮影、というより練習をする日々なのだけど、上の写真では、お皿要らんかったかなとも思います。秋から大量の撮影をするのだけど、お皿問題どうしようか悩ましいです。雑誌なんかで撮る時は、ケント紙みたいなのを色指定されて、何枚も買って用意して、敷いて撮っていくのですが、どうしようかなあ。和菓子だと和紙敷いたりもよくしてたけど、わたしは「実際に食べる時のように」というのがいちばん大切と思っていて、ある時から雲龍ギンギンの和紙なんかを敷くことを疑問に思い始めました。だって、家でお菓子さあ食べようという時に、「さあテーブルに和紙敷きましょう」とはならんと思う。ろこつ撮影のためのセッティングというのは避けたい・・・自然に、いま本当に食べるように撮りたいと思います。
■ けれど、このロールケーキの写真においては、お皿じゃまだわww リムの立ち上がりがじゃま。ぺたんとしてたらよかったかな。アクリル板とか、その手のものを用意するか? あーやっぱり撮影用っぽいなー(^o^)(^o^)
■ いわゆる「テーブルフォト」みたいな本も、書店にあるだけわたし全部見てるけど、あの手のは飾り過ぎ~。なぜあんなにテーブル回りの小物で飾るのかなあと思っているのです。いやいや、食べものそのものより、テーブル関係の雑貨好きね、多分。そう思ったらわかる。雑貨愛というのよ。それはそれだ。
■ しかしわたし自身は、食べもの自体の質感とかおいしそうな様子を見せなくちゃと激しく思います。飾りは要らん。だから買う参考書がないw 
■ さらに、ライティングの本もさんざん見ているけれど、本になっているのは商業広告用のすんごい大層なライティングで、「ぎょえ~\(゜o゜)/\(゜o゜)/」と思うばかり。3灯4灯たてること自体が無理~(^o^)(^o^) わたしチャリに積めるだけの機材で撮ってるんだしー!
■ だからやっぱり、仕事の現場で見て見て見つめてきたカメラマンせんせのライティングを思い出して「どうしてはったかな?」とひっしでやってみるしかなく、まだまだ試行錯誤の日々です。もう、写真が上手になれるなら、わたし何でもやるよの気持ち。愛宕山のぼるとか。関係ないか。(-_-;)(-_-;) いや、ただただ毎日撮っていくしか結局ないと思います。ひたすらがんばります<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2012-08-19)

2012年8月 19日, dans 京都 スイーツ |