◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 和食の新店 2軒 | トップページ | ■ ステーキフレンチ、「ブルズアイ オン プリュス」 »

2012年6月21日 (木)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「山玄茶」


■ 6月の朝日カルチャーセンター講座を山玄茶さんにお願いしました。お皿の上はすでに夏でした。すごくいいコースでした。
************************************************************
●先付 長芋羹、雲丹、山葵
●煮物椀 鱧身蒸、冬瓜、黄ニラ、つる菜、白髪葱
●造り あこう、車海老洗い、しまあじ (写真)
●飯蒸し 穴子笹巻寿司
●焼物 鮎生姜醤油焼き
●八寸 鱧子玉子〆/ほうれん草、えのき茸、上人揚げ麩の胡麻和え/鱧落し、くらげ、胡瓜の酢の物/焼茄子生ハム巻/庄内麩チーズ博多/さざえ黄身酢掛け/一寸豆旨煮 (写真)
●強肴 鯛素揚げ春キャベツ巻き 白味噌餡 粟麩、万願寺唐辛子 (写真)
●箸休め フルーツトマト、雲丹、じゅんさい
●鉢物 甘鯛蓮蒸し 湯葉餡掛け 山葵、梅肉
●飯 近江米白飯 うすたれの味噌汁椀 
●水物 パッションフルーツゼリー マスカット
●菓子 水無月、水羊羹 (写真)
************************************************************

■ 全部すばらしかった中でも、とりわけ印象に残ったお皿です。
1_2■ 造り あこう、車海老洗い、しまあじ (写真) お造りに添えられているのが左からちり酢、藻塩。そして右端が、肝醤油に見えるけれど、これはマスカルポーネ醤油なのです。これがやめられない的なおいしさでした。
2_2■ 八寸。食材もお手間もたっぷりの八寸です。
3■ これは鯛素揚げ春キャベツ巻き 白味噌餡。鯛のロールキャベツといった風情で、白味噌のとろりんとしたのがたまらなく、下に生麩が敷いてありました。この白味噌を、
4■ バターたっぷりのパンですくいとっていただくわけです。メロメロになりました。お昼はとりわけこんな風に遊びがいっぱいで楽しいことです。そして、ご飯に続きます。
5■ わおー! 白ご飯、これがほんとーーーにおいしい土鍋炊きたてご飯です。ご主人の増田伸彦さん、にこやかにご飯プレゼンをしてくださいます。ものすごくいい香り。ここからまたひと盛り上がりするわけです。そのままでいただく、塩つけていただく、お漬物でいただく、しらすをかけていただく。そして希望者にはうなぎを炊いたものと卵をからませて、カルボナーラご飯をしてくださいます。すっきり終わりたい人にはお茶漬け。ご飯がおいしいってこんなに幸せかと思います。際限なく食べていたいと思わせます。
6■ 果物と水無月をいただいた後、最後に水ようかんです。これが本当になめらかでやわらかで、甘さわずかの軽やかなものです。するりといただけて余韻上品。これ大好きです。
■ 増田さんとスタッフの皆さま、参加してくださって受講生の皆さまにも御礼申し上げます。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
山玄茶
************************************************************
(2012-06-21)

2012年6月 21日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 和食12前半 |