◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ うれしかったフルーツ\0/\0/ | トップページ | ■ 新PCに慣れるのにひっし(*_*)(*_*) »

2012年5月12日 (土)

■ 「ジォカトーリ」は、相変わらずおいしかった♪


1■ いつも間違いなくおいしいイタリアン、「ジォカトーリ」に、先日久しぶりに伺いました。必ずいただくのがこれ、ほとんど野菜の前菜盛り合わせです。この手前の焼き物、ポレンタと思うでしょう? それがちがうのだ。ひよこ豆から作られたパニッサというものです。そして、いたどりとか、いたどりで作ったコンフィチュールとか、なんかおもしろいものも盛り込まれています。新玉ねぎのフラン(右側に白く見えているもの)もおいしかったなあ。奥に見えるのは、柔らかい芽キャベツをベシャメルソースで和えたもの。肉っ気も少し入っていて、「ほとんど野菜の」というお皿名の意味がわかるというわけです。店主の桑原さんはすごく才気と遊び心ががある人だと思います。自分の店につけたキャッチが、「イタリアワインとお菓子 ちょこっと料理の店」というの。いつもわたし書いてるけど。本気で料理しているのに、ちょこっと料理ってほんと笑わせます。

2■ パスタはからすみのソースをからめたもの。からすみをパウダー状にしてはらはらかけたものはよくありますが、完全に乳化ソースになっているものは初めていただいたかもしれません。とろりんとソースがまつわりついたパスタ、口の中でからすみの香味がひろがって塩気もほどよく、ものすごくおいしかったです。

3■ ドルチェ食べないで帰れようか?(いいや帰れはしまい。)パンナコッタです。ただ白いだけではなくて、これはカラメルソースの味もしっかり楽しめます。卵黄を使わない白いプリンだって。なめらかながら、ふるふる過ぎず、ある程度の硬さがありました。うっとり熱中しました。おいしかったなあ。

■ どのお皿も食べやすいのだけど、非常に個性のはっきりした料理だと思います。何をしたいか何を食べさせたいかが明確で、頭いいなあと思います。マイペースで、あえて街なかからはずれてやっているのもこのシェフらしいことです。

4_2■ 食後、みりんでつけた梅酒をいただきつつ、秋に予定されているイタリア旅行の話を伺いました。ひと月くらい暮らされるって。すごく楽しそうで、聞いただけで気持ちが弾みました。帰ってきたらまた新しいお料理を食べさせてくださるでしょう。楽しみですね♪

ジォカトーリ

************************************************************

2012-05-12

 

2012年5月 12日, dans 京都 イタリアン2012~ |