◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ NHK文化センター講座@「二條ふじ田」 | トップページ | ■ 撮影終わりました<(_ _)> »

2012年2月19日 (日)

■ たてこもりの週末。スキャン/ショコラ/ラスク


■ 外はすごくさぶそう。twitterのTLで流れて来る画像を見ても、近隣が雪国みたい。でもわたしはたてこもりの週末、ずーっと仕事をしているとはいえ、ぬくぬくして、食べ物もあふれるほどあって、これかなり幸せと言えるんではないだろうか?
(そうだかなり幸せと言える♪)
************************************************************
■ 取材先に出かける時、わたしは自分でフォーマット化しているデータ 一覧シート(A4の紙1枚)を作って行って、以前からの変更がないか、あるいは新しく取材するお店なら、いろいろ基本事項の確認をさせてもらうのです。そして聞いたコンセプト的な話やらエピソードなんかは、別途、取材ノートに書いていた・・・これを、今回からデータシートの裏面とか別紙(同じA4サイズの紙)に書くようにして、一括スキャン、デジタルデータとして保存! そうすると、劇的に検索が楽になりました。古いお店で以前伺った話など、過去の取材ノートを探せば必ず出ては来るのだけど、取材人生も長くなった今、探すのも大変・・・今後、スキャンのしやすさを第一に考えて記録してゆきます。ほんと便利ないい時代だー♪
ちなみにわたしが使っているスキャナはこれです。富士通の
************************************************************
■ 今出ている「週刊文春」の巻末で、懐かしいお菓子、ロングセラーのお菓子の特集ページがあってものすごく楽しいです。かつてあったなあという感じ。いや、今もあるのものばかりです。ほとんどのお菓子をよく見知りながらも、ほとんど食べてないかも。なのに懐かしい、と思うのは、やっぱり友達が持ってたり、売り場で見てたからだろうなあ。
■ わたし自身は、ただただ、チョコレート菓子のみ所望して、チョコレートしか食べないできた人生です。ベビーチョコとかチョコボールとか森永ハイクラウンチョコレートとかペロティとか。ここに載っている中で、唯一ポッキーは食べたなあ。それからもうないけれど、フィンガーチョコレートというのも好きだったなあ。小枝も好きだったなあ。
■ たいてい何でも、ひと箱を一気に、熱中して食べました。子供ながら、チョコレートのおいしさに陶酔していました。お出かけしたら喫茶店でチョコレートパフェを食べさせてもらった。誕生日にはチョコレートケーキを買ってもらった。ちょっと大きくなったらカカオフィズを飲ませてもらった。\0/\0/ チョコレートさえあれば機嫌がよくて幸福感に包まれました・・・これ、今も全く同じです。まるきり成長がないともいうし、よく言えば、早くからショコラの魅力に目覚めていたとも言えます。でも好みがひどく偏っていることには違いありません。(-_-;)(-_-;)
■ ホワイトチョコレートというのは邪道だと思っていて、わたしは全く好きではありません。ショコラ色してないくせに、ショコラと名乗るなー。(まあもちろんカカオの豆からできているから、そう言っちゃかわいそうなのだけど。)
■ ずーっと長年そう思っていたら、ソニア・リキエルさんが同じこと言っていて(だいぶ前フランス版ELLEの中で読んだ)、「我が意を得たり」と思ったわ♪
************************************************************
1_2■ この週末のおやつはしかし、ひとつ前の記事の「二條若狭屋」さんのお饅頭と、この 「ORENOPAN オレノパン」のラスクだったりするのよ。(もちろん冷蔵庫にはたっぷりショコラの在庫もあります。)
2■ バターと砂糖のシンプルなラスクおいしいわ♪ これは祇園の「ORENOPAN オレノパン」の、祇園ラスクというものです。スタッフの皆さんも感じがよくて大好きです♪
************************************************************
(2012-02-19)

2012年2月 19日, dans ★あれこれ話 2012~ |