◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 年越しそばにおすすめ、鴨せいろ | トップページ | ■ NHK文化センター講座@「イル パッパラルド」 »

2011年12月31日 (土)

■ 12月の「La Biographie」


■ アップを急ぎます。12月半ばに訪れたフランス料理「La Biographie ラ・ビオグラフィ」です。9月のオープンから5回目の訪問です。
************************************************************
●ラディッシュに黒オリーヴを刻んでかけて、土から出したイメージのアミューズ。
●堀川ごぼうのロワイヤル 中に椎茸のクレームも。
●いつものパッサールたまご ただし卵じたいはいつものではなく、鹿児島の白い卵。
●香住のずわい蟹 赤かぶで巻いたもの、キャヴィア。
●ガルビュール・ベアルヌ・・・定番野菜のお皿に、スープ付。
●金目鯛の蒸し焼き かぶのソース、かぶの葉のソース。
●北海道の牛肉の100分グリヤード きんかん、菊芋。
●フロマージュ:ポンレヴェック、ブリアサヴァラン、状態よし。
●洋梨のグラティネ、(わたしはショコラもの)
●カフェや日本茶など食後の飲み物
************************************************************
1_2■ 蟹の身を赤かぶで巻いてあります。これは鮮烈なおいしさでした。
2_2■ 赤ワインいただきました。ここではもちろんブルゴーニュです。
3_2■ 野菜を30種類ばかりも合わせた独自の定番ガルビュール・ベアルヌです。
4_2■ ソースに隠れた中身はこんな。
5_2■ 野菜のスープが今回から復活してよかったです。
■ 肉のグリヤードは、多分初めて牛肉? ヴィ・ザ・ヴィ時代に牛肉を、わたしは食べたことないような気がする・・・あるかな。食事のコースではなく、料理教室の時に食べたかな? 変化をつけて今回は牛肉ということだったと思うけれど、いつでも鴨でわたしはOK・・・いや他のお客さまは他の肉も食べたいかな。
■ とにかく料理は大丈夫です。どんどんよくなっていると思います。繊細優美で、素材の持ち味を想像できるより以上に引き出していて、実に美味なことは確かです。中には強烈に旨かったものもあります。まあ後は、他のいろいろ全部をよくしていったらもっとよくなります。(当たり前だ。)まる4か月で、安定してきたのではないでしょうか。引き続きしっかりやってください。
************************************************************
(2011-12-31)

2011年12月 31日, dans 京都 フレンチ 2011~ |