◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ NHK文化センター講座@「二條ふじ田」 | トップページ | ■ 「月ヶ瀬」で秋のあんみつ »

2011年11月20日 (日)

■ 新しい前菜、冬のパスタ@「ビベロン」


1_2■ ぱーっと彩り美しくて目の覚める思いだった前菜のお皿@ビベロン。新しいメニュー、バーニャカウダとはこれでした。にんにくの香りやアンチョビの塩気が効いたソースに浸すのではなくて、ソースがかけられて供されるのです。
2_2■ 全体はこんな。かぶやられんこんやらセロリやらトレヴィスやらトマトやら、それぞれ食感も香りも心地よく、バーニャカウダソースの風味で止まらんおいしさとなって、初めからやみつきになったお皿でした。
4_23_2■ いつもの生しらすのクロスティーニと、モッツァレラ+トマトのカプレーゼ。毎回これらは必ずいただいています。
5_2■ 白金豚とほろほろ鳥の肝のテリーヌ。ワイン飲まずにいられるでしょうか?(いいやいられはしません。)
6_2■ このワイン、すごく不思議でした。渋みが強くて味は濃い。なのに、舌触りはフルーティというか、軽やかですーすー飲めた・・・。濃いが軽い、渋いがフルーティ。何だか禅問答のような赤ワインでした。こういうワイン、飲んだことなかったかもと思います。
7_2■ セイコ蟹パスタです。こんな風に登場して、殻をはずすと、
8_2■ こんなでした。季節そのもので、おいしかったです(T_T)
9_2■ メイン料理は牛肉リブロースのグリルステーキに、
10_2■ 別皿でサラダ山盛り。シンプルで最高。
11_2■ 鴨のコンフィ、前回あまりにおいしかったので。
12■ 別皿でキャロットラペとグラタンドフィノワ。
13■ ドルチェにはトルティーノ・ディ・チョコラータ=温いショコラのお菓子をカフェと共にいただきました。お料理は全部全部おいしかった、パンもシェフの手製ということで、料理に合ってよい調和、サーヴィスもオーナーの大塚祐也さんがいらした日で、より安心なもてなしで言うことなしでした。この日はしのちゃん=「ギャラリーグレース」の小寺志乃さんと一緒に食べて、まー、いつもながら笑わせてくれたことー♪ いつも聞く大好きな予定調和の話に加えて、今回は新情報もあり、しのちゃんありがとうであったよ。\0/\0/
************************************************************
ビベロン 電話 075-231-1539
京都市中京区御幸町通押小路上ル東側

(以下、10月からの最新のデータです。)
11:30~14:00LO・15:00閉店、17:30~21:30LO・23:00閉店
木曜休み カウンター5席、テーブル14席、個室1室(4席) 全席禁煙◎
昼 2000円~、夜 アラカルトの他、コース5000円~
2009年12月開店
************************************************************
(2011-11-20)

2011年11月 20日, dans 京都 イタリアン11後半 |