◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「La Biographie」 初日のディネで安心 | トップページ | ■ 風味鮮やかなお茶と、爽やかなカフェ »

2011年9月 4日 (日)

■ NHK文化センター講座@「イル パッパラルド」


■ NHK文化センター第一木曜講座、9月は東山七条の「イル パッパラルド」さんにお世話になりました。焼きたてピッツァをいただきましょう~という趣向でした。ピッツァだけ数種類とか初め言ってたんだけど、やっぱり前菜~サラダ~そしてピッツァみたいな流れを店主の北村憲始さんが考えてくださいました。感謝<(_ _)> 
1_4■ 前菜の盛り合わせ。食材いろいろ満載で楽しませてくださいました。
●丹後産鹿のスモーク カルパッチョ仕立て
●敦賀産小アオリイカといろいろ穀物のサラダのリピエーノ イカスミソース
●串本産カマスと黒豆のスフォルマート
●賀茂茄子と水牛リコッタチーズのファゴッティーノ
●瀬戸内家島産小太エビと天然ショウゲンジ茸のフリット
************************************************************
2_2■ サラダは、鳴沢村の無農薬野菜と果実 パルマ産生ハムのサラダ
3_2●生ハムの下にはサラダたっぷりたっぷりでした。お月さまのような形に切られた果物はネクタリンです。
4_2■ ガラスごしに。ピッツァを用意してくれる店主のけんじさん。いつもかっちょいいの♪ 焼いてくださる様子は、少し前のこの記事にヴィジュアルあります。こんなに筋肉ついたのは、筋トレしたとかじゃなく、ピッツァ窯用の薪を運び続けたらこうなったということでした。毎日毎日お世話をしてこその薪の窯、という話も伺いました。単に火が燃えるだけではなく、窯内部全体が均一に高温にならなければおいしくピッツァは焼けないものであると。
************************************************************
■ ピッツァに突入しました。あっという間に1枚また1枚と焼き上がりました。初めと最後は本当に基本のピッツァ、そして間2枚は変化形です。
5_2●トマト、モッツァレラ、バジリコのシンプルなピッツァ・マルゲリータ 王道のマルゲリータでスタートす。
6_2●富士山麓より天然アカヤマドリ茸のピッツァ ポルチーニそっくりの香味の茸でした。
7_2●きんぴらゴボウとおじゃこのピッツァ 京都ならではの和風ピッツァを考えてくださいました。
8_2●4種類のチーズのピッツァ クアトロフォルマッジ チーズ4種類が溶け合った、圧倒的美味なピッツァで締めくくりです。
************************************************************
9_2■ ドルチェに、ココナッツのビアンコマンジャーレ マンゴーソース。他に選択肢が2つありました。季節フルーツのマチェドニア カシスのソルベ添え/さつまいものタルト ヴァニラのジェラート添え チョコレートソース。
10_2■ カフェでご馳走さまでございました。<(_ _)><(_ _)>
■ けんじさん始め、スタッフ皆さんいい男、皆さんから「イケメーン!」の声が高い中で、サーヴィスも丁寧にしていただきました。焼きたて熱々、生地の食感絶妙で具材もおいしいピッツァを堪能できたと思います。
■ あ、わたし講座で言おうと思っていたこと:いまだに「ピザ」って発音・表記されることが大半ですが、いい加減、「ピッツァ」って発音・表記していきましょう。
■ 北村憲始さん、スタッフの皆さまありがとうございました。受講生の皆さまにも感謝。第一木曜講座はまる2年・4期を終えました。ひたすらありがたく、感謝です<(_ _)><(_ _)> また来月!
************************************************************
(2011-09-04)

2011年9月 4日, dans ●NHK講座京都 イタリアン11後半 |