◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「ハニービー」でカリカリ、ふわの「別盛り」 | トップページ | ■ フレンチ+ラーメン 「ふれんち ラぁ麺 ガスパール」 »

2011年8月23日 (火)

■ 「トラットリア・ニーノ」の跡の和食店、「おとなり」


1■ 「トラットリア・ニーノ」だったところが、8月4日、「おとなり」という名前の和食店になりました。先週半ばに伺いました。ミチエさんカズヤさんに、しのちゃん@「ギャラリーグレース」も加わり、大勢が楽しかった夕食でした。この通り、外観もがらりと新しくなり、出入り口も変わりました。1階のほとんどはカウンタースペース、奥に4人席テーブルがあります。マダムだった春奈ちゃんは女将となり、着物着てたらすごーい、なんて思っていたのだけど、普通にお洋服でどこか安心しました。笑笑
11■ アラカルトでお願いできる和食店です。こんな陶器のお重入りの「お福重」2500円というのがあり、10品以上の取肴が詰められています。2名がこれを選びました。
121314●こんな感じで3段に。下が湯葉のお豆腐うにのせで、とりあえずこれでゆったりお酒飲んだりできそうです。
15●わたしはいただきたい一品料理を3皿、絞り込みました。まずはお椀、鱧と焼き茄子1000円です。
16●そして鮎の唐揚げ1100円。(順番的にはこちらが先に出てきました。)カリっと歯ざわりよく香ばしかったです。
17●鮎の塩焼きを注文した人もいて、これもおいしそうでした。
18●引き続きわたしの注文で、賀茂茄子田楽 700円。
19●締めのご飯ものは湯葉生姜あんかけ 800円を選択。
20●とろりんとあんも湯葉もご飯も美味でした。
■ 他の皆さんは、蛸の柔らか煮や鱧の焼霜やら鯛そぼろご飯などを注文。
■ 料理長は、桔川晴年さん、「和久傳」で修業をしていらした方です。食事の後にそう伺って、確かにー!とうなずけました。「和久傳」組、活躍めざましいです。一品でいただける他、5000円、7500円とコースもあるようでした。今はまだオープンしたて状態で、もうしばらくしたらまた料理人の方も増やされるということでした。2階には掘りごたつ式お座敷スペースも前のままあるとのことで、お集まりにもよさそうです。
2 「おとなり」 電話 075-231-9569
京都市中京区河原町通三条2筋上ル東入ル南側
17:00~22:00(入店) 不定休
8席くらいのカウンター、4席のテーブル、
2階に6席ほりごたつ式座敷、8席のテーブル席(半個室)
2011年8月4日開店
************************************************************
(2011-08-23)

2011年8月 23日, dans 京都 和食11後半 |