◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「二条 椿」はこんなお店です | トップページ | ■ 「トラットリア・ニーノ」の跡の和食店、「おとなり」 »

2011年8月22日 (月)

■ 「ハニービー」でカリカリ、ふわの「別盛り」


1_2■ うはは、ある午後、ワッフルを食べているのよ♪ とろりんとメープルシロップをかけて、外はカリっと、中しっとり焼けた焼きたて熱々ワッフルです。食感を最大限楽しめる、やっぱり理想的な食べ方だと思いました。河原町通蛸薬師の「ハニービー」です。
2■ こういう状態で出してもらったのです。ワッフルと、バナナ、ブラウニー、生クリーム、アイスクリーム、そしてショコラのソースとメープルシロップをそれぞれに。こんなの見たことないと思います。だって商品にないんだもの。ごめん<(_ _)>
0■ これなら見覚えあるでしょう? わたしも何度もいただいている、(本にもこの写真出したと思います、)ブラウニーとメープルチョコバナナワッフル 580円です。これわたし大好きなのだけど、どうしても別盛りでいただきたかった・・・
■ ぐずぐずの渾然一体状態で食べるのもおいしいのだけど、激速でいただいても、アイスクリームをのせた部分は当然冷たくなるし、クリームの部分はふやけっぽくなってしまう。わたしはどうしてもワッフルのカリカリとかもちもちとか、そういう食感自体を十全に味わいたくて・・・別盛りのお願いをしたわけです。
■ 例えばご飯でも、丼ものはあえて自分から食べることはなく、やはり白いご飯の食感はそれ自体で大事に味わいたいということがあります。子供の時からそうで、何もかもぐずぐずにというのは好きではなかった・・・好みが明確でごめん<(_ _)> 鍋物の後の雑炊なんていうのは別なんだけど、基本なんでも「それ自体のおいしさを集中して味わいたい」ということがあります。それからランチなんかについてくるデセールの盛り合わせが大きらいというのも、「少しずつなんでもかんでも」というのがわたしの性に合わないの。 
■ 別盛りワッフル、またいただきに伺います。こちらのワッフルじたい、わたしすごく好きなのです。プレーンを買ってきておいて、朝起きるなりバターとはちみつ塗り塗りして食べたいなあなんて思ったりもします。いややっぱり、焼きたてを食べに行こう♪ 
■ ちなみにこれをご覧になった読者の方が「別盛り」を注文されても、もちろんやってくださるということでした。興味ある人は、食感の違いを試してみてくださいね。
************************************************************
電話 075-223-0391
河原町通蛸薬師上ル東側
11:00~22:00LO・22:30閉店
46席・全席禁煙◎
************************************************************
(2011-08-22)

2011年8月 22日, dans 京都 サロン・ド・テ |