◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ この1週間のあちこち | トップページ | ■ 肉よ肉ww となった時どうするか? »

2011年7月30日 (土)

■ リニューアルした京都ブライトンホテル「フェリエ」


1_2■ 昨日予告したように、京都ブライトンホテルのテラスレストラン フェリエ のリニューアルの話です。6月24日リニューアルオープンされまして、週の後半の夜に「フェリエディナー」(税サ込みで5544円)をいただきました。以前「ヴィ・ザ・ヴィ」だった場所がこんな風なビュフェコーナーとなりました。
■ コースは、温製の前菜、冷製の前菜などが数多く揃えられて好きに取れるビュフェ式、スープと自家製のパンは運ばれて、メイン料理(7種類から選択・ビュフェでなく注文後に調理)、デセール(5種類から選択、これもビュフェではない)。食後のカフェがついています。カフェと共にいただく小菓子がたくさん、その前のフロマージュも3種類ですがこれらはビュフェ台から取ってくるようになっています。
2_2■ こちらは選べるメイン料理より、 黒毛和牛(バラ肉)とソーセージの煮込み 根野菜のココット。今までなかったココット料理です。たっぷりで食べ応えありです。肉も野菜もおいしい。
3_3■ これも選べるメイン料理から、香草バターを包んだ近江牛モモ肉のカネロニ仕立て 黒胡椒ソース。以上2皿とも、とてもとても美味でした。味は間違いなしです。
4_2■ これが選べる冷たいアミューズで、ジュエリーケースみたいな作りです。引き出して取ります。
5_2■ をを! モネガスクか?と思ったトマトのアミューズ。モネガスクとは・・・1年前に「ヴィ・ザ・ヴィ」でいただいたこのコースにあります。わたしが本当に好きなお皿でした。
■ 他にも、前菜は肉やら野菜もの、種類は取りきれないほどたくさんありました。
6_2■ デセールに、フォンダンショコラ(冷製で、熱いソースをかける)と、目の前で作ってもらえるクレープシュゼットを選択。クレープシュゼットは、たっぷりとグランマルニエを使って作られて、うっとりと美味なものでした。
■ 何もかも本当においしかったです。ただわたしはやっぱり、「ヴィ・ザ・ヴィ」をなくしてビュフェにしたわけええええええ? という思いがあり、ホテルからきちんとしたメインダイニングなくしちゃっていいのでしょうか? と残念な気持ちです。(嘘が言えんのでごめんなさい<(_ _)>)京都で最高のレストランと通ったのに、お料理のすばらしさが京都ブライトンホテルの大きな魅力であったのにと思います。
■ いや、でも、この日いただいたものは何もかも非の打ちどころなく美味でした。ビュフェ形式が好きな方、子供連れの方には非常におすすめです。よく「子供連れでOKなところ教えて」とわたし聞かれて、そのたび困り果てていましたが、今後は「フェリエへ!」と即答できると思います。むしろ、子供に小さい頃からこのレヴェルの洋食を食べさせてあげたらすごくいいと思います。
■ この日、「ヴィ・ザ・ヴィ」時代にもよくしてくれた田中雅人さんがばっちりサーヴィスをしてくれて、ソムリエの姿もよく似合い、うれしそうに仕事をしていたのがとてもよかったです。ビュフェになってしまったけれど、食材も上質できちんとした料理だったこと、サーヴィスが細やかだったことを感謝いたしました。<(_ _)>
************************************************************
(2011-07-30)

2011年7月 30日, dans 京都 洋食京都 ホテル |