◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 25日発売日の書店で、イヴェント | トップページ | ■ 食べたくてしょうがなかったもの »

2011年5月27日 (金)

■ ほわほわ松花堂@吉兆さん/大阪で「のぞみ」発表会


1_2■ 去る24日、朝日カルチャーセンター 梅田教室さんが企画してくださった、わたしの出版記念講座です。「京都吉兆 グランヴィア店」さんでやらせていただきまして、本の発売の1日前、本当にギリギリ本の現物が当日届いて間に合ってよかったというものでした。担当編集者の神野慎一郎さんがお届けくださって(いろいろすみません<(_ _)>)、湯気が立っている状態で受講生の皆さまにお渡しすることができました。
■ そして、「京都吉兆 グランヴィア店」さんが用意してくださったのは、ご覧の通り、湯気のたつほわほわの松花堂でした。下に仕掛けがしてあり、蓋を取るなりふわああああと湯気が立ちのぼったのです。これには驚き、大喜びしました。
2_2■ 「お弁当付き」と告知しておりましたが、ただお弁当だけではなく、ちょっとしたコース仕立てにしてくださったのです。食前酒に純米大吟醸の「吉兆貞翁」/向附に胡麻豆腐/海老真丈の煮物椀(写真)
3■ そしてこの祝い飯。鯛ののったお赤飯をご用意いただき、本当にありがたく、感謝いたしました。
4_2■ このように土鍋の状態でプレゼンされまして、
5_2■ 杉井啓吾専務さまもサーヴィスに出てきてくださったのです。すごくありがたかったです。
6_2■ お赤飯の次に松花堂縁高が供され、こんな感じで、一斉に湯気湯気状態となりました。松花堂は造里八寸焼物代り(鱧のぬくぬく)/強肴ときちんと区切られており、湯気湯気は直前に仕込んでいただくのでしょう、お造りなどはちゃんと冷たくいただけて、すみずみまでの配慮を感じさせるお弁当でした。このお弁当は、事前の予約でお願いできるそうです。招待した方をびっくりさせるのにいいですね~。
■ 松花堂縁高の後、白ご飯と香の物、そして果物=甘いひと皿(ほうじ茶アイスクリーム、玉露アイスクリーム、抹茶ゼリー、パリパリに揚げた湯葉添え)が供されました。
■ 5分ほどの休憩をはさんで、わたしが40分ほどお話しさせていただき、その後質疑応答やらサインやらさせていただき、予定通り、14:30頃閉会になりました。段取りよく進みましたこと、「京都吉兆 グランヴィア店」の皆さまに御礼申し上げます。そして遠くは広島からもおいでくださった参加者の皆さま、本当にありがとうございました。
************************************************************
7_2 ■ 同日24日、夜は大阪・本町のつるやさん8階の会議室で「株式会社 のぞみ」さん主催のトレンド発表会。藤田功博さんがいつもながら段取りよい進行をなさいます。
8_3■ 最後にわたしも新刊の発表させていただきました。のぞみさんの発表会はすてきな企業やお店が集まって、おもしろいんですよ。こんないい場、いい機会を与えていただいてありがとうございました。
■ わたし声でかいし全然マイク要らんのです。(-_-;) それに話し出したらいくらでもしゃべるの(-_-;)(-_-;) すでに講演会いくつかお約束させていただいていますが、大喜びで、何でもいたしまーす\0/\0/
************************************************************
(2011-05-27)

2011年5月 27日, dans ■ 「最新 京都美味ガイド」(淡交社)について, ●朝日カルチャーセンター |