◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「ヴィ・ザ・ヴィ」でビュルゴー鴨のデジュネ | トップページ | ■ NHK文化センター講座@「京料理 修伯」 »

2010年10月25日 (月)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「日本料理 とくを」


朝日カルチャーセンターのわたしの講座=「京都美味探訪」(第2木曜お昼)、今月は14日、「日本料理 とくを」さんにお願いしました。カウンターを囲んでちょうど収まっていい感じ。わたしも皆さまのおかげで楽しめました。徳尾さんはいつもながら丁寧なお仕事をしてくださって、贅沢感もあり、とてもおいしくいただきました。こちらでいただく時は、安心だし、こころ躍るしで、ぜひともこの講座も開催を~と思っていたのです。以下15000円で組んでいただいた献立です。
1●先附 生いくら醤油漬/丹波黒豆の生湯葉うにのせ/鯛の中落ちで作った煮凝り。いつものスタイルの3種盛りの先附で始まります。
2●向附 明石の鯛、金沢の中とろ、山口の車海老。
3●焚合せ 鱧と松茸(長野)のしゃぶしゃぶ、壬生菜。お鍋から目の前で引き上げた、湯気湯気状態です。
4●焼物 琵琶湖の子持ち鮎塩焼き 干しこのこ、セロリの伽羅煮。焼きたてパリパリです。
5●凌ぎ 熊本産馬刺しの握り、添えられた醤油も熊本のまったりしたもの。うま(T_T)
6●吸物 すっぽん鍋。豆腐、焼餅、ねぎ、露生姜。非常に美味でした。
7●酢物 北海道・厚岸の真牡蠣 ぽん酢ジュレ。牡蠣、恐れずいただきます。
8●油物 山葵で食べる上州牛ヒレ肉のステーキ。肉があるとやはりうれしい♪
910●御飯 徳尾さんが炊きたてをプレゼン。●釜炊き松茸御飯でした。●止椀 なめこ赤出し/●香物 昆布大根、赤かぶ、壬生菜漬。★いつもご飯前にお箸を替えてくださるのです。これはすごくありがたいと思います。 
11●たっぷりたっぷり、とても香りのいい松茸ご飯でした。
12●水物 柿釜 栗のソース スペアミント。最後までおいしく決めてくださって、豊かな気持ちになりました。10人以上でも、一糸乱れぬという感じで、いつも通りにレヴェルの高いお料理でした。徳尾さんとスタッフの皆さまに感謝。そして楽しく盛り上げてくださった受講生のおひとりおひとりに感謝たくさんです。
<(_ _)><(_ _)>
************************************************************
(2010-10-25)

2010年10月 25日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 和食10後半 |