◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「おが和」さんオープンおめでとう | トップページ | ■ twitter 2週間/そのほか »

2010年9月11日 (土)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「老香港酒家京都」


朝日カルチャーセンターのわたしの講座=「京都美味探訪」、9月は初めての中華、「老香港酒家(オールドホンコン)京都」にお願いしました。みんなで円卓を囲むのはいいですね♪ 夏に逆戻りの暑い日だったお昼にいただいた、熱い熱い、けれどやみつき的においしかったスープとは?
1_4●香港式精選前菜盛り合わせ。くらげの頭部分はつるつるコリコリ。蒸し鶏にスパイシーなソース。焼き豚、外側がバリっとして旨し♪
2_4●ブッダジャンピングスープ。これは仏さまも香りに誘われて飛んできたというスープで、ものすごくいろいろの高級食材や漢方的な食材も使って48時間以上蒸して作るものです。わたしはこれをいただくの3回めなのですが、微妙に毎回味が違うように思います。天然の素材を使うのだから、多少違うのは当たり前かしらん。ふかひれ、干し貝柱、金華ハム、すっぽん・・・贅沢な素材からおだしが出て混ざり合い響き合い、強い旨み、圧倒的です。詳しくここにあります。一度目いただいた時。(二度目はこの夏の鴨川大増水の日・・・スープと、鴨川増水の強烈なイメージが記憶の中でセットになってます。)
3●松茸と牛肉の炒め物。これは10名分、取り分け前です。空芯菜、赤パプリカと。う~、牛肉厚めでたっぷりふんわり、これもおいしかったわ♪
4●オマール海老のガーリックソース蒸し。オマールまで出てきて仰天で、だって、スープをメインに組み立てたコース、予算から言ったら「スープと炒飯」でも足出るくらいだったのに・・・サーヴィスでマネージャーの陳 暁冬さん、本当によくしてくださいました。みんなしばし無言になって、むしゃむしゃいただきました。
5●鮮魚=あこうの甘酢あんかけ。これ10名分です。肉、海老ときて、まだひと皿出していただき感謝。酸味も鮮やか、甘みもほどよいあんがからんで、魚の身のしっとりしたおいしさを引き立てて、いや~、よろしうございました♪
6●小籠包2種類。いやもうかなりお腹いっぱい・・・と言いながら、中にスープたっぷり、黒酢で風味をつけながらいただきました。
7●飛び子と干し貝柱とレタス入り炒飯。飛び子に干し貝柱・・・プチプチして、香ばしくて、これはかなり幸せな炒飯でした。お腹いっぱいと言いつつ結構皆さんしっかり召し上がっていたと思います。いつも頼もしい。うれしい。ありがとう。
8●マンゴープリン。とても香りよくて濃厚でなめらかで、比類なくおいしいと言えるマンゴープリンでした。まじうまだったのです。以上15000円で組んでいただいたコース、非常な充実でした。
9●食後は陳さん登場で、中華料理で使われる、珍しい食材、高級食材を見せていただきました。お皿にのった、赤いリボンで結わえられた黒いかたまり・・・これは熊の手ですね。他にふかひれとか鹿の角とか高い人参とか冬虫夏草とか。中国すごい。
●円卓が楽しかったし、集ってくださった皆さんが、おいしそうに、楽しそうに食べてくださる方々ばかりで、本当に心から感謝いたしました。さらに講座のキャンセル待ち10人以上と聞いてそれも仰天・・・すごくうれしく、感謝感謝感謝。また来月。<(_ _)>
10_2「老香港酒家京都(オールドホンコン)」 
電話 075-341-1800
京都市下京区烏丸通四条下ル西側
水銀屋町620 COCON 烏丸地下1階
昼夜営業 年中無休
************************************************************
(2010-09-11)

2010年9月 11日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 中華 |